限定軸色マットブルー【アドバンス アップグレードモデル】子どもが絶賛しているシャーペンをレビュー

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー ガジェット
スポンサーリンク

この前紹介した「オレンズネロ 0.5mm」に続いてシャーペンを購入したのでレビュー。

今回はuni(三菱鉛筆)のアドバンス アップグレードモデルというシャーペン。価格は1,000円なので、オレンズネロの3,000円と比較すると随分安く感じてしまうのは麻痺している証拠である。十分1,000円でも高価だと思う。

購入した理由はひとつだけで、小学生の子どもが試し書きで気に入ったこと。色が良かったことと書きやすかったらしい。

アドバンス アップグレードモデルとは?

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー

uni(三菱鉛筆)公式サイトより引用
https://www.mpuni.co.jp/products/mechanical_pencils/sharp_pen/advance/advance2001.html

アドバンス アップグレードモデル 0.5mm(三菱鉛筆)の特長は下記。

  • Wスピードエンジン内蔵
  • 細軸本体&太軸グリップ
  • パンチング加工グリップ

1画で18度回転するWスピードエンジン内蔵

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー

uni(三菱鉛筆)公式サイトより引用
https://www.mpuni.co.jp/products/mechanical_pencils/sharp_pen/advance/advance2001.html

これがこのシャーペンの真骨頂だといっていいものだと思っている「Wスピードエンジン」。

何かというと、1画書くごとに18度回転してくれるもの。これによって均等にカドが取れるため、文字がはっきりかけて、字幅などが(均等になるから)キレイに見えるのだとか。ちなみに芯が回転している感じは一切ない。

細軸本体と太軸グリップの組み合わせ

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
アドバンス アップグレードモデル 0.5mm(三菱鉛筆)のボディは細軸から太軸形状

細軸本体から一気にグリップ部で大きくなるアドバンス アップグレードモデル。手に持ったときによりフィットし、後軸を極力スリムにすることで、スマートな印象を与えてくれる。

ただ、形状は好みが出てくるよなぁ。とは思ってしまう。
レフログはストレートボディが好みである。

滑りにくさを実現しているパンチング加工

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
アドバンス アップグレードモデルのグリップ部は丸い穴があいたパンチング加工が施されている

見た目は結構目立つんだけれど、意外と彫りが薄いため嫌な感じがしないところに驚きを感じている。

均等に入ったパンチング加工が精密感をアップ。うっすら中が見えるか、見えないかと感じさせる雰囲気がにくい感じである。

今回紹介しているのは限定軸色のため、先端はすべてブラックで本体軸はマットカラーになっている。ノーマルバージョンはメタリックな先端もラインナップされている。

アドバンス アップグレードモデル 0.5mm(三菱鉛筆)のスペック

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー

アドバンス アップグレードモデル 0.5mm(三菱鉛筆)のスペックは下記。

ペン名称アドバンス アップグレードモデル
品番M5-1030 1P
価格1,000円(税抜)
カラーバリエーションマットピンク、マットイエロー、マットグリーン、マットブルー(すべて限定)
シャー芯径0.5mm
全長約141.0mm
直径(グリップ付近)約14.0mm ※後軸 約11.0mm
重量約15.9g
方式ノック式
メーカー三菱鉛筆

アドバンス アップグレードモデル 0.5mmのフォトギャラリー&デザイン

アドバンス アップグレードモデル 0.5mm(三菱鉛筆)の見た目・デザインを紹介。

パッケージ・デザイン

まずはパッケージから。と言いたいところだけど、残念ながらパッケージには入っていない。以下のような感じの什器(じゅうき)に飾られて販売されている。

アドバンス アップグレードモデル 0.5mm(三菱鉛筆)の限定軸色バージョンのディスプレイ

フォルム・デザイン

続いて、アドバンス アップグレードモデル 0.5mm(三菱鉛筆)のデザイン。

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
アドバンス アップグレードモデル 0.5mm(三菱鉛筆)サイドビュー
普段ボールペンの使用率が高いので珍しい形状だなと思ってしまう
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
アドバンス アップグレードモデル 0.5mm(三菱鉛筆)斜めカット
限定軸色バージョンなので、マットブラックと本体色のバランスがGood
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
アドバンス アップグレードモデル 0.5mm(三菱鉛筆)をやや上から見た時
先端とパンチング加工が印象的
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
逆サイドアングルver
上軸部も変わってる印象
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
程よい流線型の形がシャーペンの持ちやすさをアップさせている印象
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
ノック部にも小さい穴がある
中にうっすら見える白いのは消しゴム
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
ペン先の形状も独特だと思う

アップカット

アドバンス アップグレードモデル 0.5mm(三菱鉛筆)のアップカット。

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
アドバンス アップグレードモデル 0.5mm(三菱鉛筆)のペン先アップ
7段の丸いパンチング加工とマットブラックがアクセントになっている
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
ペン先は円形が幾重にも重なったデザイン
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
ちょっと分かりにくいけど、クリップには『ADVANCE』のロゴが刻印されている
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
レフログ個人的に好きな部分
クリップ下に「JAPAN」の刻印入り メイド・イン・ジャパを感じられる瞬間
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
クリップの反対側には「uni」のロゴが印字されてある
その下に「KURU TOGA」の文字も印字されている
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
ノックするとさらにシルバーパーツが現れてくる
これで書く準備が整う

シャーペンデザイン比較

ここからはアドバンス アップグレードモデル(0.5mm)とオレンズネロ(0.5mm)のデザイン比較。

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
こうやってならべると全然異なるデザインなのが分かる
オレンズネロは直線的。対してアドバンス アップロードモデルは丸みがある。
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
アドバンス アップロードモデルは約11mm、オレンズネロが約9mmほどのグリップサイズ
まったく異なるデザインで見ればみるほど面白い
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
ボディだけでなくクリップにも特長が現れている
オレンズネロは直線的、アドバンス アップロードモデルは丸みが見えてくる
アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
たまにはシャーペンを触ってみるのもいいなと思わされた2種

アドバンス アップグレードモデルのまとめ

アドバンス アップグレードモデルを使ってみての感想。

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー
オレンズネロ(ぺんてる)0.5mm

この前紹介したオレンズネロはレフログ的なシャーペンの価格としては高すぎたんだけど、今回のアドバンス アップグレードモデルは1,000円なので、正直使いやすいと思ったのが1番である。

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー

オレンズネロは3,000円することを考えると、使っていて手元が狂わないかなども考えて書かなきゃいけなかったので、恐々としていたが、このアドバンス アップグレードモデルにはそれがなく。スラスラ書けるのがGood。

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー

ちなみにデザインはレフログの好みではないのは間違いない。しかしながら、悔しいけど『書きやすい』と思ってしまったレフログであった。

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー

今回子どもにはブルーを購入したんだけど、別の軸色で自分のもあってもいいかなと密かに思っている。

ちなみに限定軸色ではなくてノーマルバージョンのガンメタかシルバーかなと考えているところ。1,000円なら手軽だしまだ購入もしやすいのが良いところ。

アドバンス アップグレードモデル限定軸色マットブルー

にしても、シャーペンの利用頻度が激低なレフログなので、プライベート専用になることは明らかである。それを考慮するとこれくらいのシャーペンがちょうどいいように感じる。

そして子どもが鉛筆からシャーペンに切り替えるときの候補として、頭の片隅においてもらってもいいのではと思える1本。

▼限定軸色バージョン

▼ノーマルバージョン

タイトルとURLをコピーしました