限定モデルのエナージェルフィログラフィをレビュー。ブラック基調&書き味バツグンで上質な仕上がり

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック ボールペン
スポンサーリンク

速乾と書き心地に定評のあるゲルインク最強とも呼び声の高いエナージェル。

今回紹介するのはエナージェルフィログラフィ限定モデル(ブラック)

通常モデルはシルバーが差し色になっているのだが、限定モデルは差し色にもブラックが基調とされているのが特徴。

なお、エナージェルフィログラフィ シリーズはボール径のラインナップは、0.5mm(極細ニードルチップ)のみの展開となっている。

しかしながら、エナージェルシリーズ対応のリフィルであればすべて変更可能となっているのでご安心あれ。

▼エナージェルシリーズ
0.4mm → ブルーブラック
0.5mm → ターコイズブルー クレナ
0.7mm → オレンジ
※リンク先は各記事を閲覧できます

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

エナージェルフィログラフィ限定モデルとは

エナージェルフィログラフィ限定モデルの特徴は下記。

  • 想いのこもったコンセプト
  • 回転繰り出し式
  • 細軸フォルムと重量感
  • ブラックが基調のデザイン

書くことを好きになってほしいコンセプト

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック

『書くことをもっと好きになってほしい。』

創造者のそんな想いから誕生しているエナージェルフィログラフィ

Philo(愛する)Graphy(書く)の意味を併せ持つシリーズとして誕生している。

国内では、このような想いがあまり書かれているボールペンは少ないように思うので、それくらい想いが込められているのだと感じている。

少し重めの回転繰り出し式

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
エナージェルフィログラフィは回転繰り出し式のゲルインクボールペン

少し重めに設定されているというこのボールペン。実際にやってみると重い。

どんな感じかでいうと、回転し始めはラクなんだけれど、ペンが出る直前くらいに負荷がかかり重くなる。

これはジェットストリームプライムの回転繰り出し式と比較すると大きく異なる。

細軸ストレートボディと重量感

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
エナージェルフィログラフィは本体軸が金属製となる

エナージェルフィログラフィは上部からクリップ、グリップ部すべてが金属製となっている。

マットコーティングになっているため、上品な色と質感がある。ざらざら感は無い塗装。

ブラックが基調の限定モデル

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
本体軸がブラックのため、限定モデル感が伝わりにくくて申し訳ない次第・・・。

限定モデルが通常モデルと異なるのは、ブラックが基調とされている点。

定価でいうと500円アップするのだけれど、見た目的に管理人はこちらが好みだったので、限定モデルを選んだ。普通にカッコイイ、と思っている。

通常モデルはエナージェルインフリーのようなシルバーがアクセントになり、クリップ部・クリップ裏のスジ・回転部分に差し色が入っている。

▼通常モデルはシルバーが目立つので好みは分かれると思う

エナージェルフィログラフィのスペック

エナージェルフィログラフィ限定モデル(0.5mm)-ぺんてるのスペックは下記。

ボールペン名称エナージェルフィログラフィ限定モデル
価格2,500円(税抜価格)
ボール径0.5mm
※通常モデルも0.5mmが展開
全長143.0mm
直径(グリップ中心部)10.0mm
重量25.0g
方式回転繰り出し式
インクエナージェルインク(ゲルインク)
メーカーぺんてる(pentel)

エナージェルフィログラフィ(0.5mm)の紹介

フォトギャラリー

エナージェルフィログラフィ限定モデル(0.5mm)のブラックを少し引きから紹介

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
エナージェルインフリーや通常とはまったく異なるデザインとフォルム。軸径が10mmなので、かなり細めのボールペンとなる。
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
サイドビュー
とにかくストレート、ペン先に向けて緩やかに曲線を帯びている
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
エナージェルフィログラフィのクリップは、インフリーなどと比べると一回り小さくて細い
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
ペントップを下にしたビュー
細くスラッとしたボディ
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
斜め(ダイアグナル)ビュー
限定モデルのブラックは全体的に統一感があるので気に入っている
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
エナージェルフィログラフィ・サイドビュー
クリップ部分に少し凹みがある。
ちなみにインフリーのクリップにも小さい凹みがある。
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
エナージェルフィログラフィ・ベーシックビュー
ジェットストリームプライムのブラック感と比較すると、若干濃いブラックになっている
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
真上からのビュー
このボールペンの美しさを感じられるビューポイント

ここからはエナージェルフィログラフィ限定モデル(0.5mm)のブラックをアップ写真で紹介。

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
エナージェルフィログラフィ・ペン先収納時
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
エナージェルフィログラフィ・ペン先を出した時
細い本体軸からさらに細いニードルチップが顔を出す
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
回転部分
クリップ側にはエナージェルのロゴ入り
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
エナージェルロゴの裏側には、Pentel(ぺんてる)のロゴが入っている
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
ここからはエナージェルフィログラフィのクリップ部を紹介
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
エナージェルフィログラフィのクリップ付け根部分
かなり遊びが少ないため、力を入れて広げるのはおすすめできない。
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
やや斜めになっているペントップ
角(カド)感がほとんどないフォルム
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
エナージェルフィログラフィ・クリップ下部
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
ブラック軸はさまざまな陰影を楽しむことができるのもポイントの1つ
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
クリップ裏側のサイドビュー
ぺんてるのロゴとペントップに2本のラインがある
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
中央から両サイドに細くなる2本のスリットデザイン
凹凸を指先で感じることはほぼない
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
クリップと2本のスリットが分かりやすいカット

パーツ別の重量

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
グリップ部は約12g
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
ペン上部は約10g
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
リフィルは約3g

リフィル交換の方法

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
本体上下を持って、反時計回りに回す

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
ネジが外れたら軽くなるので上下に引く
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
上下に引き続けると銀筒の中からリフィルが登場
エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
本体上部を外して、リフィルを引き抜くことで交換が可能

リフィル(替芯)

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック
エナージェルフィログラフィはエナージェルシリーズのさまざまなリフィルへ交換することができるのも大きな特徴
自分がもっとも使いやすいリフィルへ変更することができるのが嬉しい
品名エナージェル 替芯
品番BLN2505A(ブラック)
価格80円(税別価格)
全長111.0mm
最大径6.0mm
重量2.7g

【まとめ】左利きが実際に使ってみて

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック

良いところ

  • 細軸ストレートボディはカッコイイ
  • カスレない
  • 限定モデルならではの質感

良くないところ

  • 細軸が苦手の人は注意
  • 重心がやや上にある

エナージェルフィログラフィ限定モデルはブラックが基調とされているため、通常モデルよりも上質な味わいに仕上がっている。

エナージェル独自のインクによって、カスレ知らずなので、エナージェルインクを使ったことがない人にはおすすめ。

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック

ちなみに直径10mmという細軸ボディのため、ドクターグリップなどの大きめのものを使っている人は苦手かもしれないので注意は必要。

あとはこれもこのボールペン特有だと思われるが、ボールペンの重心がやや上にあるため、最初は慣れるまでに時間がかかるかもしれない。

0.5mmの書き味&描線

エナージェル インフリー
エナージェルのボール径 比較文字
エナージェルフィログラフィは標準で0.5mmのリフィルが入っている

Goodポイントで書いているけど、エナージェルインクはまったくカスレないのが特徴。左利きでもカスレない。正直ビビる。

書き味や描線については、エナージェルシリーズの記事を参考にしてほしい。

各ボール径の違いも分かると思う。好みの細さでの利用をおすすめする。

まとめ

エナージェルフィログラフィ限定モデル・ブラック

エナージェルフィログラフィの限定モデルは、通常モデルのフィログラフィと比べると少し値段は上がるが、それ以上のパフォーマンスは出してくれると思う。

なかでもアクセントパーツがシルバーからブラックになってくれることで、上質で上品な雰囲気をかもし出してくれるところが気に入っている。

あとは何と言ってもエナージェルインクである。ということが大きく、左効きでもカスレず使うことができる。

あえて言うならば、これが油性インクであれば本当に言うことはないだろうと思う。

なかなかサンプルで置いていることは少ないと思うけど、もしあったらその質感と書き味は試してみてほしい。

タイトルとURLをコピーしました