入手困難 クルトガダイブ第2弾レビュー 自己修復コーティングがなくなっている

クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー シャーペン
スポンサーリンク

2022年9月に再販情報がツイッター界隈でにぎわっていたんだけれど、10月末~11月初旬には再販ではなく、第2弾の発売決定されたクルトガダイブ。

▼再販・第2弾情報をまとめた記事

クルトガダイブ第1弾がとても人気だったことがあり、第2弾もそれ並みかそれ以上の人気を博し、さまざまな文具店で発売されているけど、購入方法が今回は抽選式になっていたりする。

レフログはフリマサイトなどでどうしても購入をしたくなかったため、レフログ妻に頼み込んで運良くカスケードブルー(銀青)のクルトガダイブをゲットすることができた。本当に感謝。

クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー / CC BLUE

さっそくレビューしてきたいんだけど、クルトガダイブ自体の性能とかはほぼ変わっていないため、第1弾と第2弾の違いとデザインの紹介と、早々にクルトガダイブ第3弾の情報が舞い込んできたので紹介していく。

レフログです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが700人突破。みなさまに感謝です。

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)とは?

uni(三菱鉛筆)から突如登場した5500円という高価なクルトガの最上位シャープペンシル。

第1弾が2022年2月に登場したんだけれど、あまりの人気に一気に店頭から消え去ったシャープペンシルでもある。

そんな大人気のシャープペンシルの第2弾が同年11月に登場した。

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE) uni・三菱鉛筆

クルトガダイブ・uni公式サイト
https://www.mpuni.co.jp/special/kurutogadive/

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE) の特長は下記。

  • 自動芯繰り出し
  • キャップ式
  • 変わった形 などなど

詳しくは第1弾(初代)のクルトガダイブの紹介記事を見てほしい。

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)第2弾のスペック

クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー / CC BLUE

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE) 第2弾のスペックは下記。

シャープペンシル名称クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)
型番・品番M5-5000 1P.CCB
芯径0.5mm
全長(収納時)147.0mm
全長(キャップレス時)142.0mm
直径(グリップ中心部)11.0mm
重量(キャップレス時)14.2g ※実測
重量(キャップレス時)19.2g ※実測
方式オートマチック&ノック式
メーカーuni(三菱鉛筆)

▼クルトガダイブ

▼クルトガ ノーマル

▼クルトガ アドバンスアップグレードモデル

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)の第1弾と第2弾の違い

第2弾は自己修復コーティングがない

まず今回1番異なる点を紹介。
ちなみになぜかこのことに触れている購入者が少なすぎるし、そういう話題が特に出ていないので、気にしてない人が多い?のかなと思っている。

しかしながら、自己修復コーティングというロマンが詰まった塗装に惹かれる人もいるとは思うので、フリマサイトなどで購入を検討していて、同価格帯だったら一考してみてはと思う。

写真左)クルトガダイブ第1弾 グランブルー
写真右)クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー

写真を見てもらうと分かる通り、第2弾(写真右列)のクルトガダイブは塗装の表面がガタガタ凹みがあることが確認できる。

それに対して第1弾(写真右列)のクルトガダイブはツルツルでヌメりがあるように見受けられる。

ただ、最終的には好みになるため、良し悪しではなく1段と2違いとして理解しておいてほしい。

※注意事項
自己修復とはいっても『すり傷がつきにくい。』という表現をメーカーもしており、大きく傷が入ったり、深い傷が完全に復活したりして直るわけではないのであしからず。

第2弾は0.2gだけ重い

これはたまたま発見した違いになる。

クルトガダイブ第1弾 14.0g
クルトガダイブ第2弾 14.2g(+0.2g)

ここで気になる点としては、キャップの重量は同じであるということ。

クルトガダイブのボディ本体で、0.2g の違いが生じている。最初は塗装によるもの?かとも思ったけど、もしかしたら違うのかもしれない。でもそれだったらどこが?となるので、あまり深くは考えないようにする。

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)第2弾のデザイン

今回レフログはカスケードブルーをゲットすることに成功したので、フォト紹介をしていく。

フォトギャラリー

クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー / CC BLUE
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
パッケージに貼ってあるカスケードブルーのシール。
CCブルー / CC BLUE と表示されている。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
真上からのビュー
キャップを付けるとどうしてもずんぐりむっくりになってしまう。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
今回のクルトガダイブ第2弾 カスケードブルーはキャップを着けて撮影。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
サイドビュー
デザイン自体は好き嫌いが出ると思っているクルトガダイブ。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
理由は簡単で、形状が独特過ぎるため。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
ちなみにキャップをノック部に装着した状態だと、芯を出したくてノックしても、ノックができないので注意。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
カスケードブルーは角度や光の当たり具合で銀色っぽく映るけど、キレイな色だと思う。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
黒と銀青、銀(キャップのリングと芯調整リング)という色の組み合わせは良いと思う。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
クルトガダイブは3面が平らになっているので転がりが途中で止まってくれるのは嬉しいところ。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
クルトガダイブはキャップ式なんだけど、磁石が付いているので吸着してくれる感触がいい。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
芯を全部しまっていても、キャップを取ると芯が自動で出てくるため、すぐに書くことができるのがクルトガダイブ。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
クルトガダイブ第2弾のキャップ
そこまで強度はない感じくらい軽い。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
クルトガダイブの形状・デザインは好みが出ると思う。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
キャップもボディ同様に3面がカットされて平らになっている。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
本体中央にはクルトガエンジンの窓が入っている。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
シャー芯は予備が1本入っているので、最初から装填されている1本と合わせて2本あることになる。ちなみに芯径は0.5mm。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
ノック部のキャップには穴が開いている。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
これをカッコイイと思えるかどうかは人次第。レフログはあまりカッコイイとは思っていない。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
グリップ部は少しだけ凹凸がある感じ。取り立ててフィットするとかそういうのは感じない。逆にちょっと滑るかなと思う。
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー
クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー / CC BLUE

動画紹介

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)第2弾のまとめ

クルトガダイブ第2弾 カスケードブルー

クルトガダイブ第1弾の際にも言っていることなんだけど、機構はめちゃくちゃすごくて素晴らしいものだということは理解できるんだけど、これを2~3万とかで買うのはいかがなものかと感じている。

第1弾の記事でも書いているけれど、やっぱり”ダサさ”を感じてしまう。それがこんなにも価格が高騰してしまっているのはやはり生産数の問題からだろう。

いま現時点では需要と供給があっていないのである。そんなシャープペンシルを創りだしたuniこと三菱鉛筆はすごいのだけれど。ただ、これはメーカーも予想外ではなかったのではなかろうか。

ツイッターでは第3弾、通常版の情報も

注)以下はツイッターからのもの情報のため、事実・信憑性を保証するものではないため、あらかじめご了承ください。

なんと第2弾発売後、早々ではあるんだけど、第3弾の情報も入ってきた。次はオレンジとグリーン、そして継続(通常版?)としてアビスブルーがという情報がツイッターで出ている。

さらにはブラックが出る?などの情報もキャッチ。真相は果たして?!という感じではあるけど、これが本当なら嬉しいし、噂止まりだったら残念。というくらいでいてほしいけど、2~3万で買うのはもう少し待ってみてからでもいいのでは?と思う。

最終購入するかどうかは各個人に委ねられるので何ともいえないけど、レフログ的に定価以上の価値はないので、一度冷静になって考えてみてほしい。

レフログは田舎のため第2弾のもう一方の色はゲットできそうにないので、ブラック版を待ち焦がれることにする。それだけでもテンションが上がってしまっている。

そして通常版が出てくれることにより、多くの文具好きな人がクルトガダイブに触れられる。そんな日が来てくれることを強く願っている。

▼クルトガダイブ

▼クルトガ ノーマル

▼クルトガ アドバンスアップグレードモデル

タイトルとURLをコピーしました