クルトガダイブ再販?! 限定第2弾が登場?!

クルトガダイブ再販情報 シャーペン
スポンサーリンク

★注意★
本情報はツイッターの情報を元にしているため誤りである可能性もあります。信憑性を保証するものではございませんので、予めご了承ください。

突如発売され、uniの公式ホームページにも案内がなく、特別ページでひっそりと君臨していたあのクルトガダイブ。

この情報に歓喜している人がいるのではないかと思うが、ついに再販されることが決まった?ようである。

レフログです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが500人突破。みなさまに感謝です。

クルトガダイブ再販(第2弾)情報

今回情報をキャッチしたのはツイッター。詳しい出処は分からないが、uni(三菱鉛筆)が各店舗の発注用に作った宣伝資料がリークされた模様。

クルトガダイブとは?

uni(三菱鉛筆)から登場した5500円という高価なクルトガの最上位シャープペンシル。

当初高くてとても買う人いないんじゃね?となっていたが、フタを開けたら驚きの人気でまたたく間にお店から姿を消したのであった。

そのため、クルトガダイブという情報が世間に知れ渡るときには売り切れてしまうという状況が起こったため、再販を望む人が多くいるのであった。

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE) uni・三菱鉛筆

クルトガダイブ・uni公式サイト
https://www.mpuni.co.jp/special/kurutogadive/

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE) の特長は下記。

  • 自動芯繰り出し
  • キャップ式
  • 変わった形

芯繰り出しがオートマチック

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)uni・三菱鉛筆
クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE) uni・三菱鉛筆

文字を書くのが途切れないのは、オートマチック(自動芯繰り出し)が採用されているから。クルトガエンジンの回転を前後動に変換することで行われている。

クルトガエンジンが搭載されているため、書くたびに芯が少しずつ回転するため「いつも尖った状態をキープ」することができる。

クルトガ初のキャップを採用

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)uni・三菱鉛筆
クルトガ初のキャップ式

『ノックは要らない』というフレーズから、キャップを外すと芯が自動で出てくる仕組みになっている。どういうことかというと・・・

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE) uni・三菱鉛筆
芯をすべて閉まってから・・・
クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE) uni・三菱鉛筆
キャップをして外すと・・・
クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE) uni・三菱鉛筆
シャープペンシルの芯が出てくる。という仕様になっている。
クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE) uni・三菱鉛筆
クルトガダイブのキャップの重さは約5gくらい
キャップを外すと約14gなのでオートマチックシャープでいうとやや軽めとなる。
※写真をタップすると拡大できます

変わった形状のデザイン

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)uni・三菱鉛筆
キャップを外すと約142mmほどの長さになるクルトガダイブ

アドバンスアップグレードのようにボディ後ろ軸からグリップに向けて放射状に広がるデザイン。これはクルトガのアドバンス アップグレードモデルと同じようなデザインになる。

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)uni・三菱鉛筆
クルトガエンジンの搭載を確認できる本体グリップやや上にある窓

そこに相まってキャップ式が採用されているため、どうしてもずんぐりむっくりに。

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)uni・三菱鉛筆
キャップを装着したときはこんな感じ。レフログはキャップを軸に付けたくない人なので、この状態で使うことはまず無い。

はい。果たしてこれがカッコいいといえるものか。好き嫌いは好みなので人の意見を否定することはできないんだけど、レフログ的にはダサい。というのが感想。

詳しくはレビュー記事を見てもらえればと思う。

クルトガダイブ第2弾の情報

まだカタログとは言えない状態であるけど、以下の情報が分かっている。

カラー

カスケードブルー(CCブルー)

型番

M5-5000 1P ※深い青verと一緒

メーカー発売予定日

2022年11月4日(金)

価格

5,000円(税抜)

クルトガダイブ再販 情報

資料には(再販)とは明記されていないんだけど、深い青ver(ムーンナイトブルー)というものもあるため、おそらくこちらの再販もされるのではと思う。

レフログ的には量販モデルが出ると思っていたけど、今回も限定版という形で発売。

レフログ個人的には転売価格が少しでも落ち着けばと思う次第。これから徐々にメーカーからも情報が出てくると思うので、入手したい人は「クルトガダイブ」をチェックしておいてほしい。

タイトルとURLをコピーしました