ブラック登場【ドクターグリップ4+1】極細タイプをレビュー

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット ボールペン
スポンサーリンク

ドクターグリップ4+1は4色ボールペンとシャープペンシルを兼ね揃えたドクターグリップの多機能ペン。

激細タイプや極細、細字など豊富なラインアップされているんだけど、今回紹介するのは極細タイプの新色。

レフログです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが500人突破。みなさまに感謝です。

ドクターグリップ4+1(パイロット)とは

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ドクターグリップ4+1 油性ボールペン0.5mm極細 + シャープ0.5mm(パイロット)

ドクターグリップ4+1(パイロット)の特徴は下記。

  • 極細 多機能ペン
  • 疲れにくい
  • 濃くなめらかに書ける

極細(0.5mm)で使いやすい多機能ペン

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ドクターグリップ4+1 油性ボールペン0.5mm極細 + シャープ0.5mm

すべてが0.5mmという芯径で揃えられているドクターグリップ4+1。大定番となる芯径なので、多くの人が使いやすい設定になっている。

ペンの色が4色あることで色分けしたりシチュエーション別に使い分けることができるので、ノートや紙上を彩ることができる。

人間工学に基づいた疲れにくいグリップ

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
初代ドクターグリップのようなグニグニ感はない

ドクターグリップというくらいなので、グリップ部に最大の特長がある。

首・肩・腕への負担を軽減するドクターグリップ。ずっと書きつづけていると、手が疲れる、しびれる、肩がこる。

そんな悩みと別れるために生まれている。人間工学に基づき、無理なく握れる軸径が採用されていることで疲れないらしい。

書き出しから濃くなめらかに書ける

ドクターグリップ4+1(パイロット)
油性インクのようなヌメッとした筆記感が抑えられているアクロインキ

低粘度のアクロインキを搭載しているドクターグリップ4+1。なめらかな書き心地と、書き出し時にカスレにくいのが特長。

左利きでまったくカスレないというところまではいかないけれど、かなり書きやすいインクだと思う。

ちなみに濃さはジェットストリームインクよりも上のようにレフログは感じる。

ドクターグリップ4+1(パイロット)のスペック

ドクターグリップ4+1(パイロット)のスペックは下記。

ボールペン詳細

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ボールペン名称ドクターグリップ4+1
品番BKHDF1SEF
価格1,100円(税込)
ボール径0.5mm(極細)黒・赤・青・緑
シャープ芯0.5mm
全長148.0mm
直径(グリップ中心部)約13.0mm
重量26.3g(※実測)
方式スライドレバー式
インクアクロインキ
メーカーパイロット

カラーバリエーション

  • ブラック ※今回紹介しているカラー
  • アッシュメタルブラウン
  • アッシュメタルオリーブ
  • アッシュメタルボルドー
  • アッシュメタルネイビー

※上記は0.5mmの新色カラー

ドクターグリップ4+1(パイロット)フォトギャラリー&デザイン

ドクターグリップ4+1(パイロット)の見た目・デザインを紹介

スタンダードフォルム

まずはドクターグリップ4+1(パイロット)ブラックマットのひきの写真から紹介。

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ドクターグリップ4+1 油性ボールペン0.5mm極細 + シャープ0.5mm
ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ドクターグリップならではの形状
ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ドクターグリップ4+1のサイドビュー
ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ドクターグリップ4+1は全体的に丸みを帯びたデザインなので、手のひらのフィット感がGood

アップショット

ここからはドクターグリップ4+1(パイロット)のアップ写真を紹介していく。

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ドクターグリップ4+1(パイロット)を定番カットから
ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
めちゃくちゃ見にくいんだけど、クリップの根本に相当薄く「JAPAN」の刻印が入っている
ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ドクターグリップはスライドレバー式によって芯が出てくるタイプ
ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ボディ中央にはつや消しとつや有りでロゴがあしらわれている

その他

フリクション4 Woodのグリップと交換ができるようになっている模様。ボルドーと交換すると微妙だけど、他のカラーなら合うのかもしれない。

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
Woodタイプの方が高級感はいくつも上

あとは、似てると言われればそうなんだけど、ちょっと前に発売されたドクターグリップ30周年モデルのブラックマットに類似している。

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット

今回紹介しているドクターグリップ4+1のメタルグリップ部はシルバーリングなんだけど、ペンのトップからペン先まですべてマット加工っぽいブラックなのはかっこいい。

ドクターグリップ4+1(パイロット)のリフィル

リフィルの仕様

品名油性ボールペン替芯(BVRF-8MF)
品番BVRF-8EF-B・R・L・G(黒・赤・青・緑)
種類アクロインキ(油性ボールペン替芯)
価格88円(税抜価格 80円)
全長98.5mm
最大径3.1mm

アクロボールに使用しているアクロインキは、粘度を一般的な油性ボールペンの1/5にすることで、水性に近いサラサラなインキになり、ボールがスムーズに回る。

▼ちなみに同アクロインキを採用しているコクーンは0.7mmなので描線は倍以上

リフィルの交換方法

ドクターグリップ4+1のリフィル(芯)交換はとてもカンタン。グリップをねじって外してペンを抜き差しするだけでOK。

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ちなみにグリップ先端も回せば外れる模様

ドクターグリップ4+1(パイロット)の書き味&描線

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ドクターグリップ4+1の極細(0.5mm)タイプと激細(0.3mm)タイプの描線比較をしてみた

ドクターグリップ4+1には低粘度の油性インキ「アクロインキ」が採用されているため、なめらかで濃く書けるのがGood。

左利き特有の押し書きでもなかなかカスレにくいので、おすすめのインクとなる。

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
上)0.5mm(極細)
下)0.3mm(激細)

ちなみにアクロインキは油性なのでやや細めになる。0.5mmでも水性やゲルインキの0.3mmくらいな印象。

レフログ的には0.5mmでも十分細いんだけど、さらに細いのが好きな人は0.3mmを選択すると良い。

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット

上に書いた線で感じたことだけど、青や赤は細さの比較がしにくいなぁ、と思った。

ただ、シャーペンはまったく異なることが分かると思う。

左利きが実際に使ってみてのレビュー

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット

良いところ

  • 万能タイプの多機能ペン
  • 人間工学に基づいた疲れ知らずペン
  • ブラック仕様 ※レビューペン
ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ドクターグリップ4+1 油性ボールペン0.5mm極細 + シャープ0.5mm

今回紹介したブラックのみペン先がブラックという特殊仕様。ブラック好きにはおすすめしたい。

良くないところ

  • スライドレバーがやや滑る
  • 4色の必要性
ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
ドクターグリップ4+1はスライドレバー式

スライドレバーに丸みがあるんだけど、しっかりと上にあげないとロックがかからないので注意が必要。

まとめ

ドクターグリップ4+1 ブラックマット(Dr.GRIP)パイロット
上)ドクターグリップ 30周年記念モデル ブラックマット
下)ドクターグリップ4+1 新色ブラック

今回の新色はアッシュカラーが採用されており、やや黒がかった感じになっている。

ちなみにアッシュというと、ねずみ色や鉛色などのカラードグレイを意味する模様。そのためやや黒っぽくなっている。

ちょっと上品な感じが演出されており、今までのポップなカラーが(悪い意味で)気になっていた人は、この落ち着いたアッシュカラーであれば検討できるのではないだろうか。

タイトルとURLをコピーしました