コクーン(パイロット)レビュー。左利きでぬるぬるを味わえる洗練されたペン

コクーン(パイロット)-左利きボールペン ボールペン
スポンサーリンク

文房具店でひときわ目について気になってしまう、ちょっとだけお高いボールペン。今回はそんな中にある比較的ローコストのコクーン(cocoon)/パイロットをレビューする。
今回ももちろん左利きで実際に書いた文字や使い具合を紹介。とんがっていないボールペンは左利きにもとんがらないで!という思いを込めて期待したい。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

コクーンはとんがらないボールペン

コクーン(cocoon)の特徴は下記。

  • 税抜価格 1,500円という手が届かないでもない価格
  • どこまでもシンプル、 どこまでも丸い
  • いつも持っていたくなる心地良さ
  • 低粘度高発色のアクロインキ
  • 回転繰り出し方式
  • シンプルに細軸0.7mmの1タイプ
  • 31gのずっしり感

ブレン(bLen)は実売価格 165円(税別価格 150円)という価格が魅力。
ゼブラの独自技術”筆記制動の制御”でスラスラ書ける。
デザインには相当凝っており、あまり見ないがシンプルなデザイン。
ペン先までグリップラバーがあるのが特徴で、指に対する引っかかりは強いように感じる。

コクーンのスペック

コクーン(cocoon)/パイロットのスペックは下記。

ボールペン名称コクーン(cocoon・BCO-150R)
価格1,500円(税抜価格)
ボール径細字0.7mmボール
全長140.0mm
直径(グリップ中心部)13.2mm
重量31.0g
方式回転繰り出し式
軸さや黄銅・塗装
インクアクロインク(油性)
メーカーパイロット(PILOT)

コクーンのデザイン

コクーン(パイロット)-左利きボールペン
ペン先を収納した状態
先端から回転部分にかけて全体的に丸みがあるのが特徴
どこにもとんがった部分がないのでカワイイ
コクーン(パイロット)-左利きボールペン
ペン先を出した状態
コクーン(パイロット)-左利きボールペン
ペン先はツルッとした素材。グリップ部分は金属っぽいけど、少しザラついた感じの素材になっているので、指が滑りにくいようには設計されているので、筆圧の強い管理人でもズレにくい。
コクーン(パイロット)-左利きボールペン
クリップ向かって左側の全景
コクーン(パイロット)-左利きボールペン
上からのフォルム
曲線美がうなる角度だと思う
コクーン(パイロット)-左利きボールペン
ボールペン上部とフォルム
コクーン(パイロット)-左利きボールペン
コクーンの中心部分
中心部分だけザラつきがなく、ヌルっとしたようなコーティングになっている
そのため回転繰り出しをする際に回しやすく、シーンを考えられている
コクーン(パイロット)-左利きボールペン
分解すると、上下パーツとリフィルの3つに分かれる
リフィルは相変わらず変わった形
コクーン(パイロット)-左利きボールペン
上部(左)中身が金色、下部(右)は銀色になっている
回転繰り出し式はこういう感じになってるのね
コクーン(パイロット)-左利きボールペン
パーツ上部のクリップ(向かって右側)には「PILOT(パイロット)」の刻印があしらわれている
コクーン(パイロット)-左利きボールペン
パーツ上部のクリップ(向かって右側)には「JAPAN」の刻印があしらわれている

コクーンのリフィル

コクーン(パイロット)-左利きボールペン
品名BRFN-10F
品番BRFN-10F-(B・R・L)
価格100円(税別価格)
全長87.0mm
最大径6.0mm
インクアクロインキ(油性)

ブレン(bLen)同様、リフィルがとても大きい。しかしながらインク量は繰り出し回転式なのもあって、そこまで多い感じの印象ではない。
リフィルの価格は100円(税別)なので、ボールペン価格が1,500円なのを考えると妥当か少し安いように思う。管理人の愛用しているジェットストリームプライムのリフィルは200円(税別)なので、比較すると半額。安い。

コクーンの書き味

アクロインキの性能(?)もあって、左利きの管理人が書いてもかすれや途中で付かなくなるということはなかった。
発色もキレイだと思う。ペン先が細字0.7mmといっているだけあって、0.7mmながらも普通の0.5mm並みの細さを感じる。
後述するが、若干ボールペン先端よりも、上部の方が重いため、ボールペンを立てて書くスタイルの人は、ペンがふらつくかのような印象があると思われる。

コクーン(パイロット)-左利きボールペン

実際に文字を書いてみて感じたのは上記に書いたとおり。
0.7mmながらも0.5mmで書いているかのような文字の細さを感じさせてくれる。
左利きだとブレン(bLen)やジェットストリームプライムでも、最初の打ち込み(打ち込み)がかすれるのだが、このアクロインキを搭載しているコクーンではそれがほぼ無いというのは驚き。
書いている最中も、ノート感やカリカリ感がまったくなく、終始ヌルヌル書けるので、シャーペン感があまり好きではない人にはもってこいだと思う。

コクーンの特徴

低粘度高発色のアクロインキ

アクロインキは粘度が従来の1/5に抑えられているパイロット新開発の低粘度油性インク。さらに独自の潤滑剤が配合されておりペン先のボールペン摩擦抵抗を低減することでペン先のボールの回転がスムーズになり、なめらかな書き味とかすれのない濃い筆跡を実現している。もちろん油性インキなので耐水性もある

コクーン(パイロット)-左利きボールペン

男性の大人(手小さめ)が持った場合のイメージ。
ペン中央少し上部分が親指と人差し指の間の部分に当たる。

低重心設計

コクーン(パイロット)-左利きボールペン

重みが釣り合うのは中央よりもやや後ろ。
先端は結構軽く、上部のやや上に重みを1番感じるような気がする。
この具合は好みが分かれると思う。

左利きが実際に使ってみてのレビュー

良いところ

  • アクロインキが左利きにマッチ
  • 曲線美のデザインが良い
  • ノック式じゃないボールペン好きにはオススメ
  • カラーバリエーション8色
  • 重厚感がほしい場合はGood

良くないところ

  • 書き方によっては重心がフラつく
  • 回転繰り出し式が面倒になる場合がある
  • (全体が丸いので)よく転がる

コクーンと左利きの相性

左利きとの相性はとても良いように感じる。
これはコクーンの重量などもあるかもしれないが、アクロインキがマッチしていると言ったほうがいいのかもしれない。

左利きで書きやすさを求めている!

という人にはオススメの1本になると思う。
もう少し価格を抑えたい場合は、最近発売されているアクロ1000や、既存モデルのクーペというのが少し安い価格帯(1,000円)で出ているみたいだけど、それだともう少し手は出しやすいかもしれない。

しかしながら、このコクーンはアクロインキでありながら、このデザイン美、曲線美がウリだと思うので、この価格帯、このデザインで1,500円は正直安いと思う。

ただ、ちょっと怖いのは回転繰り出し式なので、筆圧が強い人だといつか逆戻りしてしまうんじゃないかという不安はある。ただ管理人が1年以上使っていてそういうことは無いので、やや不安ながらも安心はしてほしい。どうしても気になるようならアクロ1000などのノック式を選択するのが無難だと思う。

左利きで、どれを選んでもカスレや書き出しが気になる人は一度このアクロインキ搭載ボールペンを試してみてほしい。

1番安い価格帯のアクロインキ搭載ボールペンは150円(税別)と超リーズナブル。

タイトルとURLをコピーしました