【レビュー】アクロ1000はマット塗装仕上げで指へのフィット感が良い細軸ボディ

アクロ1000 - ボールペン ボールペン
スポンサーリンク

細軸のスリムボディが特徴的なパイロットのアクロ1000。
同じシリーズでアクロ300というものがあって、その上位グレード。

カラーバリエーションも派手な色は展開していないので、仕事でもプライベートでも使い勝手を選ばないのはGood。

管理人の好みよりはちょっと細めなので今まで見送っていたんだけれど、ネイビーがいい感じだったので購入してみたのでレビュー。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

アクロ1000(0.5mm)の紹介

アクロ1000(0.5mm)の特徴は下記の3つ。

  • ストレートボディ
  • 低重心設計
  • マット塗装仕上げ

スリム&ストレートボディ

アクロ1000 - ボールペン

ストレートボディでありながら、約10mmという細さでスリム。

軸の継ぎ目からグリップ部分に向けて少しだけ軸が大きくなっているため、指への引っかかりが良く、滑りにくくなっている。

金属部品を用いた低重心設計

アクロ1000はグリップ部分に金属パーツが用いられており、重心がペン先へかかるため、ペン先のブレが軽減し、安定性を上げられている。

マット塗装仕上げ

アクロ1000 - ボールペン
グリップにあたる金属ボディ部分

グリップ部分の金属パーツのみがマット塗装仕上げ
本体軸の上部はプラスチック素材にマット塗装風の加工が施されている

アクロ1000自体すべてがマット塗装仕上げではないのでそのへんはよく理解しておいてほしい。

公式サイトには「金属ボディを・・・」と書いているので間違いではないが、ちょっとセコい。

アクロ1000(0.5mm)のスペック

アクロ1000(0.5mm)のスペックは下記。

ボールペン詳細

ボールペン名称アクロ1000
価格1,000円
ボール径0.5mm / 0.7mm
全長143.0mm
直径(グリップ中心部)9.8mm
重量約17.0g
方式ノック式
インク油性ボールペン
メーカーパイロット

カラーバリエーション

アクロ1000 - ボールペン
  • ブラック
  • メタリックレッド
  • ネイビー ※今回の紹介しているカラー
  • メタリックグレー
  • シャンパンゴールド
  • メタリックソフトブルー

▼今ならAmazonプライムに入っていれば、楽天よりもAmazonの方が安い

アクロ1000(0.5mm)のフォルム

アクロ1000(0.5mm)の見た目・デザインを紹介

アクロ1000(0.5mm)-フォトギャラリー

アクロ1000 - ボールペン
スラッと伸びたストレートボディ
アクロ1000 - ボールペン
ペン先に向けてやや軸径が大きくなっている
アクロ1000 - ボールペン
シルバーリング部分上部に「Acro」のロゴがあしらわれている
アクロ1000 - ボールペン
裏には「PILOT JAPAN」のロゴ
アクロ1000 - ボールペン
クリップ部分にも「JAPAN」のロゴ入り
アクロ1000 - ボールペン
ストレートラインは美しいフォルム
アクロ1000 - ボールペン
サイドビュー
アクロ1000 - ボールペン
斜めからのビュー
やはりこの角度は好き
アクロ1000 - ボールペン
ペントップビュー
アクロ1000 - ボールペン
アクロ1000 - ボールペン
ペン先を出した状態 0.5mmなのでやや鋭角

回転動画

【マット塗装仕上げ】アクロ1000・細軸ボディ 回転動画|レフログ

アクロ1000(0.5mm)のリフィル

アクロ1000 - ボールペン
品名油性ボールペン替芯(BRFV)
品番BRFV-10EF-(B・R・L)
種類油性ボールペン替芯 アクロインキ
価格100円
全長115.0mm
最大径4.0mm

標準仕様では黒のみ。替芯として赤、青がラインナップされているので、他の色に帰ることができる。

アクロインキはパイロット独自の粘度が従来の1/5に抑えられているパイロット新開発の低粘度油性インク。

さらに独自の潤滑剤が配合されておりペン先のボールペン摩擦抵抗を低減することでペン先のボールの回転がスムーズになり、なめらかな書き味とかすれのない濃い筆跡を実現している。もちろん油性インキなので耐水性もある。

▼ちなみに同アクロインキを採用しているコクーンは0.7mm

アクロ1000(0.5mm)の書き味&描線

アクロ1000 - ボールペン

定評のあるアクロインキを採用しているため、0.5mmでもまったくカスレないのはGood。細く美しい描線を書くことができる。

筆圧が強いと中央部分がインクをはじいてしまうが、それでも相当に書きやすく、0.5mmながらもカリカリ感をほぼ感じさせず、ボールペンの走りもジェットストリーム並みに良い。

簡単に言うと「すごく書きやすい」

「作品の無料化が進み、
 エンタメ業界は、完全な実力社会になる。」
 by 西野亮廣

革命のファンファーレ

左利きが実際に使ってみてのレビュー

アクロ1000 - ボールペン

良いところ

  • スリム&ストレートボディ
  • マット塗装のフィット感
  • 滑らないグリップ

良くないところ

  • ALLマット塗装ではない
  • ノック音が軽い

ここまで多々良いことを書いているが、もちろんBadポイントもある。
それは本体すべてがマット塗装仕上げになっていないこと。

紹介部分でも書いているように、グリップ部分は金属製、本体上部はプラスチックになっている。マット塗装仕上げはグリップのみ。それぞれ若干手触りも異なる。

アクロ1000 - ボールペン

それくらい・・・と言われるかもしれないが、ここまでの仕上がりだからこその残念ポイントになる。

しかしながら素材面だけの話であって、それ以外は問題ない。アクロインキ・低重心・グリップ部のマット塗装仕上げとこの価格帯でいうと、なかなか良い。

仕事でもプライベートでも両刀使いでき、オールマイティで使う人を選ばないボールペンになっていると思う。

アクロ1000は単色ボールペンだが、同じデザインでアクロドライブ2+1という多色ボールペンも販売されているので、多色好き・仕事向きにさせるならこちらも選択肢に入れてみると面白いのでは。

タイトルとURLをコピーしました