塗り絵にも使えるラメペンレビュー「ハイブリッドデュアルメタリック」は1本で2度楽しめる

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる ボールペン
スポンサーリンク

ラメペンというのが少し前に流行ってたと思うんだけれど、それはレフログがまだ高校くらいじゃなかったかなと。

妻でさえも知っていた「ハイブリッド」というボールペンの仲間に新色が登場。その名も「ハイブリッドデュアルメタリック」

なんでも染料とラメ顔料を用いて、白い紙と黒い紙に書いた時に色が違ってみえるという、1本で2度楽しめるラメボールペン。

今回は限定発売された、淡い煌めきが楽しめる「くすみパステル調」の7色セットをレビュー。

ちなみにバラ売りもしているので7色セットじゃなくても購入できるのでご安心を。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

ハイブリッドデュアルメタリックとは?

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
ハイブリッドデュアルメタリック(Hybrid Dual Metallic)7色セットのパッケージ表

ハイブリッドデュアルメタリックとは、ぺんてるから2016年にグリーティングカード向けとして欧米で発売され、2017年以降、国内でも毎年限定発売しているラメ顔料ボールペン。

見る角度によってインクの色が変わり、黒い紙と白い紙で書いた時に別の色に見える、変わったラメペンである。

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
パッケージ裏には色の紹介と、各ラメ・顔料が書かれてある

ハイブリッドデュアルメタリック(ぺんてる)の特長は下記の3つ。

  • 昔懐かしいタイプ
  • ラメラメ
  • ブラックノートで驚き

昔懐かしいロングタイプペン

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
ハイブリッドデュアルメタリック(Hybrid Dual Metallic)7色セット

昔懐かしい、少し眺めで細長いタイプのボールペン。昔あったなぁ、こんなの、と妻と話してて購入に至った次第である。今まで特段マークしていたわけではないけれど、実際に使ってみて懐かしさを感じることができた。

ゴリゴリのラメペン

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
ハイブリッドデュアルメタリックは本体軸までギラギラ

本当昔あったよな。というラメペン。改めて見てみて学生時代の記憶が思い出される。

しかしながら最新の技術を用いられていることや、ブラックノートにも書けることなど、進化している感がハンパない。

ブラックノートで色が変化する

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる

ラメラメがすごい、ハイブリッドデュアルメタリックのムーンシルバー(K110-DMZ)

1本で2つの顔を見せる、というメーカーフレーズがまさに感じられる瞬間。思った以上に白いノートと黒いノートで色が違うことに驚く。面白すぎるでしょ。って思ってしまう瞬間である。

筆ペン版のブラッシュも存在する

デュアルメタリックブラッシュ・ぺんてる・筆ペン

毛筆タイプなので描線の強弱を出せるのが強み。幅広い用途に使えるが、どちらかというと”書く”よりも”描く”ことが得意そう。

ハイブリッドデュアルメタリック(ぺんてる)のスペック

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる

ハイブリッドデュアルメタリック(ぺんてる)のスペックは下記。

ボールペン名称ハイブリッドデュアルメタリック
価格150円
ボール径1.0mm
全長151.0mm
直径(グリップ中心部)10.0mm
重量9g
方式キャップ式
インク水性ラメインク
メーカーぺんてる

ハイブリッドデュアルメタリック(ぺんてる)のデザイン

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる

ハイブリッドデュアルメタリック(ぺんてる)の見た目・デザインを紹介。

フォトギャラリー

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
ニュアンスカラーとは、絶妙であいまいなカラーを指すらしい。
ビビッドカラーやペールカラーなど鮮やかな色とちがい、全体的に彩度が低めでグレーがかった色合いが特徴。
ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
プラパッケージに今風とはちょっと違う、なぜか懐かしいようなデザインのペンたち
ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
ハイブリッドデュアルメタリック・ムーンシルバー
ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
インクのラメに合わせ、ボディもラメになっている
ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
ペン先が異様に長い設計。ちょっとあまり見ない感じかも。
ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
ボールペンの太さが1.0mmなのでかなり太め。そのためインクがペン先に普通に付く。
ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
ペンの後ろは各インク色に合わせた色で丸形になっている

カラーバリエーション

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる

ここからはハイブリッドデュアルメタリックで白いノートとブラックノートに書いたときの違いを見ていってほしい。

ムーンシルバー(K110-DMZ)

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
Hybrid Dual Metallic ムーンシルバーの描線&カラー

白)シルバー
黒)メタリッククーパー&グリーン

サンセットゴールド(K110-DMX)

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
Hybrid Dual Metallic サンセットゴールドの描線&カラー

白)ゴールド
黒)メタリックレッド&ゴールド

トワイライトバイオレット(K110-DMV)

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
Hybrid Dual Metallic トワイライトバイオレットの描線&カラー

白)ライトバイオレット
黒)メタリックレッド&ブルー

ブロッサムピンク(K110-DMP)

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
Hybrid Dual Metallic ブロッサムピンクの描線&カラー

白)ライトピンク
黒)メタリックグリーン&シルバー

アイスグレー(K110-DMN)

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
Hybrid Dual Metallic アイスグレーの描線&カラー

白)ブルーグレー
黒)メタリックブルー&シルバー

オーロラグリーン(K110-DMK)

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
Hybrid Dual Metallic オーロラグリーンの描線&カラー

白)ライトグリーン
黒)メタリックブルー&レッド

オーシャングリーン(K110-DMD)

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
Hybrid Dual Metallic オーシャングリーンの描線&カラー

白)ターコイズグリーン
黒)メタリックレッド&グリーン

ハイブリッドデュアルメタリック(ぺんてる)のリフィル

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる

どうやら?ハイブリッドデュアルメタリックは使い切りの模様。1本150円なのでOKな範疇だと思う。

ハイブリッドデュアルメタリック(ぺんてる)の書き味&描線

白いノートと黒いノートで2つの色を出せるのは魅力のひとつだと思う。そして何より描線が太いのは左利きとしては嬉しい。インクがどんどん出る感じもGoodである。

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
白いノートに書いたときのカラー具合
ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
黒いノートに書いたときのカラー具合

1.0mmのペン先はかなり頼りがいがある。文字も書くけど、模様や装飾に使うことも考えるとこれくらいがいいような感じ。

左利きが実際に使ってみてのレビュー

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
ハイブリッドデュアルメタリック 7色セット

良いところ

  • 1.0mmの書きやすさ
  • 楽しめるラメペン
  • 塗り絵も使える
ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
ハイブリッドデュアルメタリック

このペン先なので、若干カスレるけどカスレが怖くないのは嬉しいポイント。1本で2度楽しめるラメペンっていうのはなかなか無いんではなかろうか。

そしてレフログのおすすめは、ちょっとした塗り絵にも使えるってところ。

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
すきすきフェアリー ぬりえであそぶっく

これくらいの塗り絵なら、ラメペンでフルに楽しめる。もちろんペンだけじゃなくても、色えんぴつと組み合わせてもいい。

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる

角度によってはラメでギラギラになるのは楽しい。

良くないところ

  • 小さな文字は書けない
  • 良くも悪くも懐かしい
  • 普段使いは難しい
ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる
ハイブリッドデュアルメタリックの1.0mmペン先

はっきり言うけど、小さな文字を書くことには適していないボールペンであることを前提に購入した方がいい。

なので思い切ってどんどん大きな文字を書くことをおすすめしたい。

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる

そしてお世辞にもカッコイイとか、カワイイとか言いづらいデザインのペンでもある。

ラメ感満載なので統一感のあるペンケースにはまず合わないし、普段使いは諦めた方がいい。

ハイブリッド デュアル メタリック・ぺんてる

こちらは妻が妻のセンスで塗ってみたもの。妻の好みがよく出てると思う。

こんな感じで、親子で楽しめるラメペンとしての購入ならおすすめできるので、お店で見かけたら一度試し書きしてみてほしい1本である。

タイトルとURLをコピーしました