正統進化、洗練されたNewジェットストリームプライム回転繰り出し式をレビュー

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ ボールペン
スポンサーリンク

uni(三菱鉛筆)の上級ラインとして存在するジェットストリームプライム。

そんなジェットストリームプライムからエレガントな部分を削ぎ落として、カジュアル感を上げたのがNewジェットストリームプライム回転繰り出し式 単色ボールペンである。

今回は限定色であるコーラルオレンジをレビューする。

ちなみにジェットストリームプライムシリーズは全5種類存在する。全種レビュー記事があるので参考にしてほしい。

▼プライムシリーズ
①ジェットストリームプライム多機能ペン2&1
②ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
③ジェットストリームプライム3色ボールペン
④ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル
 スペシャルエディション(ノーブルシリーズ)
⑤ジェットストリームプライム ノック式シングル

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが350人を突破しました。みなさまに感謝です。

Newジェットストリームプライム 回転繰り出し式シングル とは

Newジェットストリームプライム回転繰り出し式シングルの特徴は下記。
※従来品までとの変更点は後述する。

  • 回転繰り出し式
  • 細軸デザイン
  • 国際規格に準拠の金属リフィル

回転繰り出し式シングル

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
ペン中央をひねる回転繰り出しタイプが最大の特徴

ペンを取り出してからペン先を出すまでの動作が、ちょっとしたペンとは違った感を演出してくれる回転繰り出し式。

ワンアクションでペンを出すことができないので、何でもかんでも生き急いでいる人にはおすすめできない方式でもある。

エレガントな曲線美を感じられる細軸

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
Newジェットストリームプライム
回転繰り出し式シングルのペン先からのビュー

グリップ付近から先端に向かって緩やかに細くなっているのが、このペンの特徴。上質さはこういう部分に出てくる。

国際基準に準拠した金属リフィル

パーカータイプのジェットストリームG2タイプ金属リフィル

国際基準に準拠したG2という規格の回転式専用の金属リフィルを採用。

このタイプのリフィルは、別名『パーカータイプリフィル』とも呼ばれている。理由は明快で、イギリスのペンブランド『パーカー』から始まった規格だから。

なお、パーカータイプ(G2)を採用している海外のペンブランドは数多く存在し、一度は文房具店で見たことがあるであろう、アウロラ・ステッドラー・ペリカン・ヴィスコンティなどがある。

そして何より耳寄りなのは、そんなハイブランドのリフィルを差し置いて、このジェットストリームのG2規格のリフィルに交換するカスタマーが多いということ。

海外ブランドのインクでは味わうことができない、ジェットストリームインクならではのヌルヌル感が人気なのだとか。
ジェットストリーム好きな人にはこの感覚はうなずけると思う。

Newジェットストリームプライム 回転繰り出し式シングルのスペック

ジェットストリームプライム 回転繰り出し式シングル / 三菱鉛筆のスペックは下記。

ボールペン名称Newジェットストリームプライム 回転繰り出し式シングル
品名SXK-3300-05
カラーコーラルオレンジ(限定色)、ミントブルー、ダークオリーブ
ボール径0.5mm
全長約138.8mm
直径(グリップ中心部)約10.0mm
重量約33.0g
方式回転繰り出し式
インクジェットストリームインク
メーカーuni(三菱鉛筆)

Newジェットストリームプライム 回転繰り出し式シングルのフォルム

Newジェットストリームプライム 回転繰り出し式シングルの見た目・デザインを紹介。

今回紹介するのは「コーラルオレンジ」という限定カラー。その他は「ミントブルー」と「ダークオリーブ」が登場している。

パッケージ

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
Newジェットストリームプライム回転繰り出し式シングルのパッケージ。ジェットストリームメタルと同じような感じのパッケージ。これからこのようなパッケージにするのだろうか?
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
パッケージ上部には「JETSTREAM PRIME」の文字入り
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
パッケージ下部はシールで貼ってあるのはコストカットかな・・・
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
Newジェットストリームプライム回転繰り出し式シングルの裏面はバーコードシール
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
パッケージ内の透明ケースへ浮いているようにディスプレイされている
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
かなり外すのが大変なパッケージ上部のフタ
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
透明ケースを取り出すとこんな感じに上下が支えられている
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
▲▲▲
透明ケースは上側に引っ張るとカンタンに外れてくれる
▼▼▼
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
上下を外したらあとは取り出すだけでOK

デザイン・フォトギャラリー

ノーマルショット

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
Newジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル
蛍光オレンジやギラついたオレンジではないカラーリング
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
ベーシックビュー
スラッとストレートボディが美しい
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
真上からのビュー
シンプルな形状ながらエレガントらしさが演出されている
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
ペントップからのビュー
Newジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル
左利きだとJETSTREAMのロゴが逆になるのが悲しいところ。仕方ないんだけれど。
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
逆サイドビュー
ブラックとオレンジの組み合わせはGood
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
斜めビュー
若干ペントップが絞られているデザイン
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
ペントップからのビュー
置いてあるだけでもちょっと違う感がある佇まい
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
斜めビュー
若干つや消しのような感じのオレンジカラー

アップショット

ここからはNewジェットストリームプライム回転繰り出し式シングルのアップ写真を紹介。

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
Newジェットストリームプライム回転繰り出し式シングルのクリップ部
クリップの先の裏側は「JAPAN」の刻印が入っている
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
【限定カラー】コーラルオレンジだけに存在する「JETSTREAM」のロゴ。好き嫌いは出ると思う・・・。
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
Newジェットストリーム回転繰り出し式シングルの先端
緩やかな曲線美が美しい
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
Newジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル
中央のロゴは賛否両論あると思うので、無い方がいい人は別軸を選択してほしい
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
ペン先を出すとこんな感じで流線型に合わせてペンが出てくる
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
このペンで1番美しいと感じる角度はペン先から見たこの角度
ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
Newジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル
ペントップは円形の装飾が施されている

リフィル(替芯)

Newジェットストリームプライム回転繰り出し式シングルは専用の金属リフィル。国際基準に準拠する「パーカータイプ」
品名SXR-600-05
規格ISO12757-2 G2準拠
価格600円(税別価格)
全長約98.2mm
最大径約5.9mm
重量3.4g
インクジェットストリームインク

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングルは通常タイプも限定タイプ・新タイプともに同じリフィル。詳しくは以下の記事を参考にしてほしい。

NewタイプとOldタイプの違い

ここからはジェットストリームプライム回転繰り出し式シングルの新旧タイプの違いを紹介。

限定版しか持ってないけど、基本的な機構は旧タイプと同様になる。いつか通常版は購入しておこうと思った。

  • ペン先の造形
  • クリップ色の変化
  • 重量

ペン先が真鍮一体型へ進化

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ

ペン先が真鍮一体型へ変更されていることが最大の変化である。

素材や継ぎ目の変化がないため、指の引っかかりなどがなくなるので、こういうタイプが好きな人もいるかも。

つるっつるではないので、筆圧が強くてもそこまで滑る感じは今のところないけれど、夏場などは怖いかも。と一抹の不安はある。

ただ、今までラバー(ゴム)製のものが使われていたので、いつかは朽ちてしまう。というものがこのペンには無いのはメリットだろう。

クリップが特別なブラックマット

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ

通常タイプだとシルバーのクリップなんだけれど、コーラルオレンジとダークオリーブはクリップがブラックになる。
※スペシャルエディションはゴールド

正直これは変な大人感が薄くなってカジュアル感が増すのでGoodだと思う。あえていうならばミントブルーもブラックで良かったのではないだろうか・・・。

重量が約2g増量

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ

これは隠れた変化なんだけど、約2gほど重量が上がっている。おそらく先軸が一体型になったからだと思う。

実際ボディ上部を測り比べしたら同じ重さだったのでビンゴ。比較して重さを感じるほどではないけれど、より下部に重心があるということになる。

Newジェットストリームプライム回転繰り出し式シングルの書き味

リフィルが同じなので、基本的にはジェットストリームプライム回転繰り出し式シングルと同様。詳細を書き込んでいる別記事を参考にしてほしい。

左利きが実際に使ってみてのレビュー

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
Newジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル
限定コーラルオレンジ

良いところ

  • ペン先のゴム部が劣化しない
  • 美しいフォルムの曲線デザイン
  • クリップ部のダサい石がない!

従来品で懸念していたペン先のゴム部が劣化しないことはかなり嬉しい。より長く使えると思うと、少し上質なペンも検討できるし、今っぽいカラーリングも嬉しい。

良くないところ

  • ちょっとお高い
  • インク色がブラック1択
  • 色の組み合わせは悩む

ジェットストリームプライム回転繰り出し式の定めではあるんだけど、ジェットストリームインクが良い場合はリフィルの都合上ブラック1択になってしまう。

海外メーカーでなら他の色も出ているものもあるんだけれど、ジェットストリームインクはそれがない。レフログも他色を出してほしいと切に願っている。
※これは従来品や限定版でも同様

あとは他色展開するかもしれないけれど、色のラインナップをもう少しだけ増やしてほしいと思ってしまう。

まとめ

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
写真手前:Newジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル:限定コーラルオレンジ

細かな部分ではあるけれど、デザインが一新されて、よりシンプルで洗練されたというのが第一印象。

機能性というよりは、どちらかというとデザイン部分に力を入れたのではと考えられる。

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
写真奥:2019限定版ノーブルシリーズ
写真手前:Newジェットストリームプライム回転繰り出し式

従来品だとクリップやペン先がシルバーで、エレガントと言いつつも若干チープ感があったと思うんだけど、それが今の時代にマッチしたカラーリングではと思う。

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ
限定版コーラルオレンジのみロゴがでかでかと入っている
他は通常タイプと同様で回転部分の上部にロゴが入っている

回転部がブラック加工になっていることも、今回のNewタイプの変更点。変なシルバーでギラつかなくても十分落ち着いたイメージと上質感を味わうことができる。

ペントップも回転部同様でブラックカラーに変更されている。キラキラしている感じを敬遠していた人には嬉しい進化であろうと思う。

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングル|限定コーラルオレンジ

全体的な印象では『そうそう、こういう感じ』という感想である。ただ、シンプルすぎる故にモノ足りない感がある人は従来品を選ぶと良い。

メタリックな感じがよければ従来品を、カジュアルで落ち着いた感じが良ければNewタイプを。そういう意味でのおおまかな部分で選択肢ができたことはGood。

多少他の色も出るかもしれないので、今後のカラーラインナップが楽しみなペンである。

ジェットストリームプライム シリーズの記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました