「ロイヤルブルー」ステッドラー425 25ボールペン/限定モデルをレビュー

425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン ボールペン
スポンサーリンク

ステッドラーのシャープペンシルに続いてボールペンも購入したのでレビューしていく。この限定モデルは日本支社設立50年目を記念されており「ロイヤルブルー」はアニバーサリーモデルに相応しい美しい仕様となっている。

ステッドラー 925 35限定シャーペン・ロイヤルブルーのレビューは以下

レフログです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが1000人突破。みなさまに感謝です。

ステッドラーとは?

925 35 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル

ステッドラー公式webサイトより
https://www.staedtler.jp/company/history.html

ステッドラーは、ドイツ・ニュルンベルクに本拠を置く、筆記具や製図用品の世界的なメーカー。
設立者のヨハン・セバスチャンの祖先であるフリードリッヒ・ステッドラーから名前がきているっぽい。

ステッドラー425 25 ロイヤルブルーの特長

アニバーサーリー限定モデル

ステッドラーはシャープペンシルもボールペンも定期的に限定モデルを登場させてくる。シャープペンシルの時にも書いているんだけど、前にあったバーガンディに引けを取らないアニバーサリーモデルに相応しいカラーリングになっている。

425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ステッドラー425 25 限定ロイヤルブルー

製図用デザイン

ボール径が0.8mmなので製図用とは言えないと思うけど、デザインについてはしっかりとシャープペンシルの製図用が踏襲されている。

425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
425 25は0.8mmなのでペン先が細いタイプと比べると大きな印象を受ける

ノックは元の位置に戻るタイプ

たまに沈んだままになるノックがあるんだけど、ステッドラーのノックは最初の位置にしっかり戻ってくれるタイプ。

ステッドラー425 25限定ロイヤルブルーのスペック

425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ステッドラー425 25 限定ロイヤルブルー
ボールペン名称ステッドラー限定シャープペンシル ロイヤルブルー
品名42525F9 RB
カラーロイヤルブルー&マットゴールド
ボール径0.8mm
全長約144.0mm
直径(グリップ中心部)約9.0mm
重量約16.2g ※実測
方式ノック式
メーカーステッドラー

ステッドラー425 25 限定ロイヤルブルーのデザイン

今回の写真は新しく購入したXiaomi 13T Proというスマホで撮影。左下にウォーターマークを自動で入れられるので入れみた。後日こっちのスマホのレビューもしていきたい。

フォトギャラリー

425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
シャープペンシルと同じようなパッケージデザイン、台紙の文字が異なる
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ボールペンなので台紙が「Ballpoint Pen」の表示になっている
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
台紙は取り出すとシルバーとブルーでステッドラーのロゴが中心に描かれている
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
裏面には限定モデルの説明がちょっとある
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
デザインの大元はシャープペンシルと変わってはいないんだけど、ペン先が違うだけでこんなにも印象は変わるんだなと思わされている。
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ペン先は0.8mmなのでボテッとしたような印象を受けるかも?
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ペンを出すとこんな感じ
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ペンの中心にはSTAEDTLERのロゴとマークが描かれている
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ノック部分のデザインはシャープペンシルと一緒
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ノック側からの角度がかっこいい
ステッドラー425 25 限定ロイヤルブルー
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ストレートボディがお好みの人はぜひともおすすめしたいステッドラー

シャープペンシルとのデザイン比較

ここからはシャープペンシルとボールペンのデザインが比較できる写真を撮ってみた。

425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
手前)シャープペンシル 925 35 限定ロイヤルブルー
奥 )ボールペン425 25 限定ロイヤルブルー
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
どっちもかっこいいのは言うまでもないと思う
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
横からのビュー
ステッドラー限定ロイヤルブルー
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ステッドラー限定ロイヤルブルーのペン先比較
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ノック部分に少し違いがあって、(奥)ボールペンの方がノック可動領域が広いので長くなっているので…
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
その分、ボールペンの方が少し長めの設計になっている。

ステッドラー425 25 限定ロイヤルブルーのレビュー

良いところ

  • 限定デザイン
  • ストレートボディ
  • やや軽め
425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ステッドラー425 25 限定ロイヤルブルー

限定だからかっこいいのか、かっこいいから限定なのか、今回もカラーリングには気合いが入っていることが分かる。今を逃すと本当に価格が上がりまくるので注意。まだ売れ残っている文具店があると信じたい次第である。

425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ボールペンの重さは約16.2gと若干軽め

ボールペンの重さを測って驚いたんだけど、シャープペンシルが約17g、それよりも若干軽いという点。普通だとボールペンの方が重めに作られることが多いんだけど、ステッドラーは逆。

良くないところ

  • 限定モデル故の入手難易度
  • もったいない病
  • ボール径の太さ

こちらもシャープペンシル同様で、限定という点で入手難易度が他よりも高く、手に入れられる確率が低いこと。

425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ステッドラー 限定ロイヤルブルー

ただ、ボールペンであれば某フリマでもそこまで価格が高騰していないのもあるので、探す手間賃と考えるのもありかもしれない…。

あとはこれは自分の場合よくありがちなんだけど、もったいなくてなかなか使えなくなるという点。そのために2本入手する場合もあったり、なかったり。

レビュー(感想)

実際の書き味でいうと、ステッドラーの純正インクはヌメっとした感じで、ペンが走りまくるという印象はない。その分しっかりとかかないといけないようには感じる

425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
実際にノートに文字を書いてみるとこんな感じ

ただ、0.8mmという能力をいかしているので、インク(黒)はしっかりと出るというのはメリットのひとつだとは思う。

425 25 ロイヤルブルー|ステッドラー 限定モデル ボールペン
ボールペンのクリップ部にもステッドラーのロゴマークでもあるマルスヘッドがあしらわれている

正直、今回初のステッドラー製品のボールペンとシャープペンシルを限定モデルで購入できたのは良かったと思う。

かっこいいペン、好きな色のペンを手に入れる喜びを改めて感じさせてくれたことも良かった。そんなステッドラー製品に今後も注目していきたいと思う。

タイトルとURLをコピーしました