静音より軽量【カルム】左利きには書きにくい油性ボールペンかも?

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる ボールペン
スポンサーリンク

静音性を考えられて作られている、ぺんてるの『カルム(Calme)』。田舎だとなかなか見つけられていなかったけど、ようやく発見できたのでゲット。

カルムの単色ボールペンタイプと3色ボールペンタイプをゲットしたのでレビューしていく。

最初に言っておくと、左利きには少々使いづらいボールペンかもしれない。ただ、ハズレを引いている可能性もあるのであしからず。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが400人を突破しました。みなさまに感謝です。

カルム(Calme)とは?

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
写真)カルム(Calme)0.5mm

カルム(ぺんてる) 0.5mm、0.7mmの特長は下記。

  • 静音設計
  • 革調グリップ
  • 軽量

静音設計のボールペン

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる

ぺんてる公式サイト(カルム紹介ページ)
https://www.pentel.co.jp/products/ballpointpens/oilbased/calme/

従来品と比べて66%低減されているというカルム。静かなノック音が再現できているのは回転子の”受け”が上下両方あることによる模様。

そのせいか分からないけれど、ちょっとノックが重い感じがする。※単色ボールペン

カメラの持ち手風革調グリップ

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
カルム3色ボールペン
品番:BXAC35D/軸色:カーキ

カメラの持ち手をモチーフにされている革調グリップ。写真で見るほどガタガタした持ち具合ではないので安心してほしい。

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる

実際カメラの持ち手部の革調素材と比べてみたらこんな感じ。もうちょっと目が粗くて凸凹が少ない。

約10.4gとかなりの軽量設計

単色ボールペンでは比較的軽めな約10g、ユニボールワンやボールサインiDよりはごくわずかに重いけど、持った瞬間に軽い印象を受けると思う。

カルム(Calme)のスペック

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる

カルム(ぺんてる) のスペックは下記。

▼単色ボールペン

ボールペン名称カルム
ボール径0.5mm、0.7mm
全長140.0mm
直径(グリップ中心部)11.0mm
重量10.4g
方式ノック式
インク油性インク
メーカーぺんてる(pentel)

▼3色ボールペン

ボールペン名称カルム
ボール径0.5mm、0.7mm
全長148.0mm
直径(グリップ中心部)12.0mm
重量12.0g
方式ノック式
インク油性インク
メーカーぺんてる(pentel)

カルム(Calme)のデザイン

カルム(ぺんてる) 0.5mm、0.7mm を紹介

単色ボールペン(カルム)

まずはカルム(Calme)の単色ボールペンの写真を紹介していく。

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
Calme(カルム)単色ボールペン
レッド・BXA105B-B
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
サイドビュー・なかなか変わった形状をしているCalm(カルム)
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
この角度からだとただの丸みを帯びたボールペンっぽく感じる
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
ノック部の形状が分かる角度になると、ノック部の指をかけるところとスライドするところが特長的なのが分かる
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
カルム(Calme)0.5mm
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
ちょうど中央付近にボディの接続部分がある。グリップ部が3mmほど少し長いけど、ほぼ同じくらい
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
指をかけるノック部のアップ
ちょっと指をかけにくいのが実際のところ

3色ボールペン(カルム)

次にカルム(Calme)の3色ボールペンの写真を紹介していく。

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
Calme(カルム)3色ボールペン
カーキ・BXAC35D
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
Calme(カルム)3色ボールペンをサイドから
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
ノック部を下げると(黒ペンを利用時)ノック部がこんな感じになる。この状態の見た目は若干かっこ悪い
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
ノック部の指をかけるところはパーツが接続部がむき出しになっているのはどうだろうと思ってしまう
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
カメラの持ち手風グリップ部、こちらは単色と同じあしらいになっている
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
それ以外のノック形状はジェットストリームなどと似ている
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
Calme(カルム)3色ボールペン

カルム(Calme)のリフィル

カルム(ぺんてる) 0.5mm、0.7mm のリフィルを紹介。

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
手前)カルム・単色ボールペン用リフィル
奥 )カルム・3色ボールペン用リフィル
品名単色ボールペン用 替芯
品番0.5mm
黒 XBXM5H-A
赤 XBXM5H-B
青 XBXM5H-C

0.7mm
黒 XBXM7H-A
赤 XBXM7H-B
青 XBXM7H-C
全長107.0mm
最大径3.0mm
品名多色・多機能用 替芯
品番0.5mm
黒 XBXS5-A
赤 XBXS5-B
青 XBXS5-C

0.7mm
黒 XBXS7-A
赤 XBXS7-B
青 XBXS7-C
全長99.0mm
最大径3.0mm

リフィル交換方法

カルム(Calme)単色ボールペンと3色ボールペンの替芯方法を紹介。どちらもカンタンに交換できる。

カルム・単色ボールペンの替芯方法

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
ボディ中央から2つのパーツに分けると単色ボールペン用のリフィル(替芯)が現れるので交換して戻すだけでOK。

カルム・3色ボールペンの替芯方法

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
①グリップ部を外すと3色芯が出てくるので
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
②それぞれ引き抜いて、交換すればOK

【まとめ】左利きが実際に使ってみて

良いところ

  • 比較的軽いので腕への負担が少ない
  • グリップ部が滑りにくい
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
約10gと軽量設計であるカルム(Calme)
軽いということはそれだけ腕への負荷が少ないということになる

良くないところ

  • 左利きだとカスレる
  • リフィル(芯)の当たり外れがある
  • 若干ノックが重い
カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
上記は0.7mmの方
びっくりするくらいハズレを引いてしまったかのようなカスレ具合。ボールペンのボールが引っかかる感じまでしてしまい、今後の使用があやぶまれる。

書き味&描線

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる

カルム(Calme)は油性インクというのも相まってか、0.5mmと0.7mmの線幅差があまり無い感じ。

もし細めが良ければ0.5mmを、少し太めが良ければ0.7mmを、程度で買い分けていいと思われる。

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる

0.7mmの青ボールペンもいまいちな感じ。書き出しに弱いようで、最初の『ノック』の”ノ”を見てもらうと分かるように、途中からでもカスレるのは結構困ってしまう。他にも角度などによって絶妙にカスレてしまう場合や、文字切れが発生してしまう。

まとめ

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
カルム(Calme)3色ボールペン・0.7mm黒の筆記具合
※左利き

ぺんてるのボールペンで、結構いい感じでPRされていたので期待はしていたんだけれど、肝心なインクの付き具合が良くなかったのが残念。

静音性よりも何よりも書く道具なのを考えると、この点は譲ってはいけないと感じる。

あくまでたまたまハズレを引いてしまったのかもしれない、左利きのレフログのせいでもあるけれど、ボールペンって新製品などは一期一会だとも思うので、こういう点は大事だと感じている。

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
カルム(Calme)単色ボールペンの上軸内部

静音性に関しては、まったく音がなくなっているわけではないので正直普段教室や筆記が必要なシチュエーションだとなかなかそういうシーンにめぐり会えないかもしれない。

逆に用途シーンの少ない、図書館などで静まり返っているようなところではいいのかも?それでも動作などでは音がでるので、実際どうなのかなとは感じる。

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
若干重いクリップ一体型ノック、凹み部分も親指で抑えると若干痛い感じの印象

言ってしまうと音が気になるときって自分も気になるけど、他の人の音も気になるので、他の人もカルム(Calme)に変えてしまわないといけないのではないだろうか、と。

あとはデメリットでも書いているノックが若干重いというところ。形状もあると思うけど、単色ボールペンの場合、普通の押したら出るだけのボールペンと比べて、クリップ一体型は圧倒的にボールペンが出しづらい。

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
カルム(Calme)3色ボールペンの上軸内部

それに加えて若干ノックが重いときているため、使いやすさでいうと使いにくい部類に入って来る印象。これなら潔くノック上部の凹みを無くしてしまっておいた方が、親指の先も痛くないのでいいと思ってしまうのが正直なところ。

カルム(Calme)静音設計・ぺんてる
上)ブレン3C
下)カルム 3色ボールペン

そして価格帯的にも相手になるのがおそらくブレン(ブレン3C)などになってくることを考えると、なかなか難しいのではと思ってしまう。

エマルジョンインクを搭載するブレンに軍配が上がってしまうのは間違いなく、同じ油性でもジェットストリームとも比較になってしまうと、書きやすさでは敵わないという状況になってしまうという始末。

一矢報いるために考えられた静音性を重視する人にはおすすめだが、左利きの人にはおすすめできないので、必ず試し書きをしておいてほしい、そんな1本。

▼カルム(Calme)単色ボールペン

▼カルム(Calme)3色ボールペン

タイトルとURLをコピーしました