Vコーン ノックの0.5mmと0.7mmをレビュー。それぞれ個性のある書き味が特長

Vコーン ノック(パイロット) ボールペン
スポンサーリンク

1991年にパイロットからロングセラーで販売されている水性ボールペン「Vコーン」の新製品として「Vコーン ノック」が新登場。

実に約30年という間、同じモデルを保ってこれたこともすごいことだけれど、形を変えて新登場させたパイロットもすごい。

そんな歳月をかけて進化した「Vコーン ノック」の0.5mmと0.7mmをそれぞれレビューする。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

Vコーン ノック(パイロット)の紹介

Vコーン ノック(パイロット)の特長は下記の3つ。

  • 水性ノック式
  • スラスラな書き心地
  • 速書きにも耐えるペン

数少ない水性ノック式ペン

Vコーン ノック(パイロット)
Vコーン ノック(パイロット)
0.7mm(写真左)と0.5mm(写真右)

水性だとキャップ式が比較的多いところ、Vコーン ノックは名前からも分かる通り、ノック式になっている。

水性インクでは珍しいノック式を採用することで、このペン自体の個性も出してきている感じがする。

しかしながら今はキャップ式よりノック式ボールペンの方が圧倒的に多いことを考えると、当然の流れなのかもしれない。

水性ならではのスラスラ書き心地

Vコーン ノック(パイロット)
水性インクならではの持ち味を発揮するVコーン ノック

水性インク特有のスラスラな書き心地を感じさせてくれる、Vコーン ノック。

キャップ式の書き心地を踏襲し、スラスラ感を低下させないようなパイロットオリジナルのノック式に最適な、低粘度水性インクとなっている。

速書きなんのそのの水性ペン

Vコーン ノック(パイロット)

筆記の速い人でも書きやすいVコーン ノック
水性インクならではの真価を発揮してくれる

筆記速度の速い人が気になるであろうインクのカスレ具合だけれど、水性インクなので相当に耐えうるペンであるということは言うまでもない。

そして色も濃く出てくれるのは嬉しいところ。そして従来の液体タイプの水性インクに比べると乾燥性には優れているため、手が擦れても汚れにくくなっている。

とのことだが、後述するが、0.7mmは濃くいい感じであることは間違いない。しかし、インクが大量に出るため書いたあとに擦るとカスレるので注意は必要。

Vコーン ノック(パイロット)のスペック

Vコーン ノック(パイロット)のスペックは下記。

ボールペン名称Vコーン ノック
価格150円
ボール径0.5mm0.7mm
全長144.0mm
直径(グリップ中心部)*.*mm
重量*.*g
方式ノック式
インク水性インク
メーカーパイロット

▼Vコーン ノック 0.7mm

Vコーン ノック(パイロット)のフォルム

Vコーン ノック(パイロット)の見た目・デザインを紹介。

今回は0.5mmと0.7mmを一緒に紹介していくので、比較もしてみてほしい。

Vコーン ノック(パイロット)-フォトギャラリー

Vコーン ノック(パイロット)
Vコーン ノックの0.5mmと0.7mmを紹介していく
奥が0.5mm、手前が0.7mm
Vコーン ノック(パイロット)
Vコーン・キャップ式と異なり、本体に「V」のマークがあしらわれている
Vコーン ノック(パイロット)
Vコーン ノックのデザインはストレートボディでシンプル
グリップ部はラバー製になっているので握りやすい
デザインでいうとエナージェルインフリーに似ている
Vコーン ノック(パイロット)
Vコーン ノックのペントップビュー
Vコーン ノック(パイロット)
パッと見は水性ペンっぽくは見えない感じのデザインに仕上がっている
Vコーン ノック(パイロット)
Vコーン ノックの名称にもなっているノック部
0.5mmは半透明の方(写真手前)、0.7mmは濃い色の方(写真奥)
面白い種類の分け方をしているなぁと感心
Vコーン ノック(パイロット)
ボール径の違いは「Vコーン」のロゴ下にも出ている
Vコーン ノック(パイロット)
Vコーンの「V」が特徴的なデザイン
Vコーン ノック(パイロット)
ラバー部分はドット模様入り
これに関しては特徴的といえるものではなく、一般的なラバー素材だと思ってもらって良い
Vコーン ノック(パイロット)
ペン先のアップ、奥が0.5mm・手前が0.7mm
0.5mmの先端がやや鋭角になっている
Vコーン ノック(パイロット)
意外と好きな形状なのは、ペン先から本体部にかけての切り込みのデザイン
真上から見ると星型になっている
Vコーン ノック(パイロット)
全体的に丸みを意識されているのを感じるノック部からクリップ部分の形状。美しい曲線になっている

Vコーン ノック(パイロット)のリフィル

品名Vコーン ノック
品番LVKRF-10EF
種類水性インク
価格100円
全長111.0mm
最大径6.0mm

Vコーン・キャップ式は直液式なので当然リフィルがない。そのため使い切りとなるが、1本100円なのでぜんぜんコスパは悪くないと思われる。

Vコーン ノック(パイロット)の書き味&描線

Vコーン ノック(パイロット)

Vコーン ノックの描線は0.5mmと0.7mmでこんなに違うのか? と驚いてしまうくらい異なる。

0.5mmはかなり細めで、0.7mmはしっかりとインクと描線が出る印象。

少しカリカリ感を味わいたいなら0.5mmがおすすめである。

ちなみにインクは少し青がかった感じの黒色のインクなので油性などの色とは若干異なる印象。

左利きが実際に使ってみてのレビュー

Vコーン ノック(パイロット)

良いところ

  • 水性インクなのでスラスラ
  • 水性ノック式

良くないところ

  • 0.7mmは特に乾きが遅い
  • Vボール RTと何が違う?
Vコーン ノック(パイロット)
Vコーン ノック

感じたことを、どストレートに書くと、Vコーン ノックを買うなら0.7mmがおすすめ。

理由はひとつで、0.5mmだと水性の良さを生かしきれていない感じがする。

水性インクとジェルインクを比較するのはあまりよくないが、参考記事として紹介したエナージェルインフリーと比較してしまうと圧倒的に劣ってしまう。

それが0.7mmになった途端に変化するのが驚き。
左利きでもまったくカスレる雰囲気がない。

水性の良さと書きやすさ、描線がしっかり出る具合といい、0.7mmを選ばない手はない。

Vコーン ノック(パイロット)

ただし、0.7mmは弱点もありインクがよく出るのでインクの乾きが遅く、書いてすぐに手があたるとまずどこかがカスレる。

とはいうものの、左利きの場合で縦書き書写をする場合はまず手があたらないのは嬉しい。右から左に書く場合には注意してほしい。

▼Vコーン ノック 0.5mm

▼Vコーン ノック 0.7mm

タイトルとURLをコピーしました