最上級グレード・ジェットストリームプライム多機能ペン3&1をレビュー。回転繰り出し式は使いやすいのか?

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1 ボールペン
スポンサーリンク

筆圧強い系左利きの管理人が現在愛用しているジェットストリーム プライム。

下記の①にあたる多機能ペン2&1を使っているのだけれど、遂にジェットストリームプライムの最高峰である、ジェットストリームプライム多機能ペン3&1を購入したのでレビュー。

▼プライムシリーズ
①ジェットストリーム プライム 多機能ペン 2&1
②ジェットストリーム プライム 多機能ペン 3&1
③ジェットストリーム プライム 3色ボールペン
④ジェットストリーム プライム 回転繰り出し式シングル
⑤ジェットストリーム プライム ノック式シングル

今最も使っているボールペンは「ジェットストリーム プライム 多機能ペン 2&1」に0.7mmリフィルというコンビ。

今回紹介する「ジェットストリーム プライム 多機能ペン 3&1」はさらに1色(青)が増えている。

そしてこのジェットストリーム プライム 多機能ペン 3&1の最大の特徴ペンの軸を回すとリフィルが出てくる回転繰り出し式になっている。

ここ最近回転式に巡り合うことがなく使っていなかったが、この購入を機に1週間毎日使い込んでみての正直な感想を綴っていく。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1 とは

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1の特徴は下記。

  • 回転繰り出し式
  • しっかりとした重み
  • 細めのグリップ
  • 回転式としては少し変わったデザイン
  • プライム専用の金属リフィル

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1はプライムシリーズ特有のマットコーディング仕上げで上品かつ高級感のあるデザインに仕上がっている印象。

唯一の回転繰り出し式

ジェットストリームプライム多機能ペンで唯一の回転繰り出し式のボールペン。ひとつひとつがしっかりカチッと止まるようになっている。

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1

30gというしっかりとした重み

30g(正確には30.6g)というしっかりとした重みを感じることができるのが、このジェットストリームプライム多機能ペン3&1。軽めのボールペンが苦手な人はぜひ一度手に持ってみてほしい。

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1

プライム多機能ペンで最も細い本体軸

ジェットストリームプライム多機能ペンで1番グリップ部が細いのがこの3&1タイプ。約10mmという細身のボディに4つも使えるという驚き。ちなみに2&1は約11mmになっている。

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1

回転繰り出し式としては珍しい形状

回転繰り出し式はさまざまなメーカーからも販売されていて、だいたい回転軸のところが金具になっていることが多いと思う。

そんな中、金具を使わないというデザインなので少しカタチが変わっている。回転部分の手前で盛り上がっている。

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1

ジェットストリームプライム専用 金属リフィル

ジェットストリームプライムの一部は専用の金属リフィルになっているため、外側だけでなく内側まで抜け目がない製品というのが伺える。

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1のスペック

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1 / 三菱鉛筆のスペックは下記。

ボールペン名称ジェットストリームプライム
多機能ペン 3&1
品名MSXE4-5000-05 / 07
ボール径0.5mm / 0.7mm
全長約138.8mm
直径(グリップ中心部)約10.0mm
重量約30.6g
方式回転繰り出し式
インクジェットストリームインク
メーカーuni(三菱鉛筆)

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1のデザイン・フォトギャラリー

まずは少し引きの写真で、ジェットストリームプライム多機能ペン3&1を紹介。

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1は、
ボールペン本体上部からペン先までほぼストレート形状
回転部分の形状が少し変わっている
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
サイドビュー
回転部分が滑らかに設計されている
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
斜め(ダイアグナル)ビュー
この角度からだと不評のブルーの石が目立つ
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
ペントップからのビュー
2つのボールペンが重なったかのようなデザイン形状なのが分かる
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
斜め(ダイアグナル)ビュー
流線形をイメージされているため、シルエットにも現れている
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
逆サイドビュー
回転式なので逆の色(赤)を出す際の目印が現れる
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
ベーシックアングル
全体的に細身なフォルムが特徴
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
真上からのビュー
回転式で支えになっている部分だけ盛り上がっているが、上部と下部はほぼ同じ細さになっている

ここからはジェットストリーム多機能ペン3&1のアップ写真を紹介

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
クリップ裏側
uniとジェットストリームのロゴが刻まれている
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
ブラック
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
この白丸をクリップに合わせるとブラックのペン先が出る
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
レッド

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
この赤丸をクリップに合わせるとレッドのペン先が出る
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
ブルー
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
この青丸をクリップに合わせるとブルーのペン先が出る
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
シャープ
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
この◆をクリップに合わせるとシャープペンの先が出る
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
ジェットストリーム多機能ペン3&1のペントップには、2&1には無い消しゴムが搭載されている。
キャップはねじ式になっているので回すと外れる
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
消しゴムも外すとこんな感じになる
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
ペントップから消しゴムが見えるようになっている
なぜ穴が合いているのかは不明

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1のリフィル

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1は専用の金属リフィルになっている
品名SXR-200-07
品番BK(黒)・BL(青)・R(赤)
価格200円(税別価格)
全長約67.0mm
最大径約2.3mm
重量1.0g
インクジェットストリームインク

通常のジェットストリームのリフィルが100円(税別)なので、倍の200円(税別)という価格設定になっている。

これはプライム用のリッチ感と金属製になっているからだと思われる。

本体価格の定価が約5,000円程度なのを考えると価格的に200円(税別)は妥当か安いくらいだと思う。

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1

ただし、他のプライム多機能ペンの記事でも書いているように、リフィルが通常タイプよりも短くて細い

結果、インクは通常タイプよりも減りが早い。ということになる。この点は要注意。

インクの中身も金属、ノーマルともに同じ。

そして何より厄介なのは、インクがなくなりそうだなと思った瞬間からインクがなくなって使えなくなるということ。

金属製なので残量が分からないため、リフィルの予備はほぼ必須

ジェットストリームの多色ボールペン本体と互換性なし

リフィル部分の写真で分かる通り、リフィルの長さ・細さがまったく異なるため、互換性なし。この点においてはジェットストリームエッジのリフィルは互換性が効くため良い。

ジェットストリームプライムの書き味

管理人が愛用は多機能ペン3&1ではなく、2&1となる。
書き味の詳細に関しては、下記記事を見てほしい。

ちなみにジェットストリームプライムでもカスレる。
※左利き&筆圧強い系の場合

とは言っても、ジェットストリームインクと0.7mmボール径によって、書き出すとなめらかなのは間違いない。

あとは手に持った時の重量感が筆圧の強い管理人には合っており、そこまで押さえつけなくても本体自体の重さでもカバーされているように感じる。

左利きが実際に使ってみてのレビュー

良いところ

  • 回転式はノック式よりもムダがない
  • リフィルまでもが特別加工
  • ジェットストリームならではの書き味

良くないところ

  • クリップ部分の装飾はダサい
  • 本体のマット処理は削れる
ジェットストリームプライム多機能ペン3&1

ダサさで定評のあるブルーの石は相変わらず悲しい。
ただ、その悲しさをも凌ぐ機能が判明。

それは回転式でペンを出すまでの動作がノック式よりもラクにできること。

これは今まで回転式を使ってこなかった管理人が気付けていなかったメリット。これから回転式にも興味を持っていきたいなと思っている。

ただ、あの回転式の金具のようなものは、デザイン的に気に入っていない。今のところいいなと思っているのはシャーボX

ジェットストリームプライムと左利きの相性

ジェットストリームプライム多機能ペン3&1

書き味や相性に関しては、多機能2&1でも書いているけれど、管理人のようなタイプ(左利き+筆圧強い系)にはこのジェットストリームプライムの重みとジェットストリームインクが合っているんだと思う。

そして何より良かったことは、多機能ペンの場合の回転繰り出し式の使いやすさを感じることができたこと。

これは今までにない発見だったので、切に嬉しい。
これからのボールペン探しの候補入りは間違いない。

今後もさまざまなボールペンを試して、ベストの1本を探していきたいと思う。

タイトルとURLをコピーしました