サラサドライをレビュー。左利きでもカスレない超速乾ペン

サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン ボールペン
スポンサーリンク

文房具店ではもう定番ともなっているであろう、ゼブラのサラサ(SARASA)に超速乾タイプが登場している。紹介記事などでは左利きでも「書ける」とか「書きやすい」という内容を見るが、筆圧強い系管理人が使用するとどうなのか?が気になったため、今回は「サラサドライ(SARASA dry)」を正直にレビューする。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

サラサドライ(SARASA dry)は超速乾ボールペン

サラサドライ(SARASA dry)の特徴は下記。

  • 税抜価格 150円のリーズナブル価格
  • 書いて0.2秒でかすれ(にくい)ないボールペン
  • 超速乾DRYJELL搭載
  • 提出物関連に最適
  • サラサクリップとは似て非なる性能
  • 10.9gという軽量設計でブレン(bLen)より軽い
  • バインダークリップ搭載

サラサドライ(SARASA dry)は実質価格 165円(税別価格 150円)でラインアップされている。サラサドライ独自の超速乾DRYJELL(ドライジェル)が搭載されており、水性染料らしからぬ速乾が特徴。加えて低粘度のジェル状インクになったことから、従来までのサラサクリップのよりもサラサラ書けて、インクがかすれにくくなっている。

サラサドライのスペック

サラサドライ(SARASA dry)/ゼブラのスペックは下記。

ボールペン名称サラサドライ(SARASA dry・ JJS31-***)
価格150円(税抜価格)
ボール径0.4mm / 0.5mm / 0.7mmボール
全長139.4mm
直径(グリップ中心部)10.9mm
重量10.9g
方式ノック式
インク水性染料(DRYJELL)
メーカーゼブラ(ZEBRA)

サラサドライのデザイン

サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
ペン格納時(数量限定色・ブルーグリーン 0.5mm)
数量限定色はボールペンの軸とグリップが薄透明で同系色なのが特徴。
サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
ペンを出した状態
サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
ペン先部分拡大
サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
全景、ほぼストレートデザイン
直径約11mmの軸のまま上部からペン先まで伸びている
サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
まっすぐ伸びたデザイン
グリップ部分に膨らみなどが無いタイプがお好みな方にはよい
サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
中心部分の斜めラインが入っているところから、ラバーグリップに切り替わっている
見た目ではほぼ分からず、手触りで分かる
サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
分解すると4パーツに分かれる(ペン先、バネ、インク、本体)
サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
ペンを出さない状態で、約140.0mm
サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
ペンを出すと、約138.0mmほどになる
サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
本体の直径は10.9mmなので、太くも細くも感じず、
ちょうどよいくらいだと思う
サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
重量バランスはほぼ中央
とは言っても、10.9gという軽さのため上部や下部にいっても気にならないのでよい

サラサドライのリフィル

サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
品名RJLV5
品番 RJLV5(BK・BL・R)
価格100円(税別価格)
全長11.1mm
最大径6.1mm
重量2.6g
インク水性染料(DRYJELL)

1色という意味ではブレン(bLen)同様のリフィルかのように感じるが、ブレン(bLen)と比較するとリフィルが2cmは短い。その分、最大径が大きいのがこのサラサドライのリフィルの特徴。
価格は100円(税別)のため、こちらもブレン(bLen)と同じで、またサラサドライを購入するなら、色違いの本体を買った方がよいように感じる。
これは100円台のボールペンすべてに言えることなのかもしれない。逆にいうと、どのメーカーもそれくらい本体代については削ってきているのだなと思うのが正直なところ。メーカーはどこもすごい。

サラサドライの書き味

サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン

水性染料なので油性インキとは一概に比較できないが、やはり水性インクだけあって、ボールペンとノートが接した瞬間からインクがノートに付く感じを受ける。
ペンが回っているのだけれど、そう感じさせないくらいインクの付き方が良いと思う。
インクの発色も水性ならではで、黒色などは油性のようなギラギラ感のある黒にならず、しっかり沈んだ黒になるのがこのインクの見せ所。
あとはメーカー(ゼブラ)がサラサラ書き味と言っているだけあって、右も左も問わない書き味になっているのではと感じる。

サラサドライ 0.4mm / 0.5mmの違いについて

サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン

思った以上に0.5mmの方が太いように感じた。
0.4mmと比較してもらうと分かるように、感覚的には倍くらい違うように思う。
細い文字を書きたいなら0.4mmを選ぶといいと思う。
しっかり文字感を出すなら0.5mmがよい。

サラサドライの特徴

超速乾DRYJELL(ドライジェル)

サラサドライを使う上ではこれが1番の特徴となる。
超速乾と言われるだけあって、これのためだけに購入されている人も多いのではないだろうか。管理人の妻もこの速乾性には驚いており、「これはすごい」と言っていたので、ほぼ全員の人がそう思うのではないだろうか。
ドライジェルという超速乾インキが採用されており、紙に浸透しやすい新成分をインクに配合。すぐに紙に染み込むため、書いた直後に触れても汚れない。(インクのボテなどの場合はかすれた)乾燥時間は当社従来品に比べ約85%短縮されているそう。

サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン

男性の大人(手小さめ)が持った場合のイメージ。
グリップよりちょっと上部分が手に当たる感じ。サイズ感でいうとコクーンとほぼ同じ。

バインダークリップ搭載

サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
クリップを押さえない時
サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン
クリップを押さえた時

バインダークリップの耐久性がどれくらいなのかは分からないけれど、ノートや手帳に挟みたい場合は携帯性も上がるため便利に思う。胸ポケットやスーツの内ポケットにも難なく対応してくれそう。ちょっとした気遣いが嬉しい。

左利きが実際に使ってみてのレビュー

良いところ

  • 超速乾は左利きの横書きに合う
  • とにかく軽い(10.9g)
  • 0.5mm以上なら筆圧が強くても大丈夫
  • 万人が使いやすい大きさ
  • バインダークリップで携帯性がUP

良くないところ

  • 0.4mmは細すぎて書き方によってはカスレる
  • 少しかわいさを感じるデザイン(ロゴがやたら目立つ)
  • ノック部分が細いのが少し気になる

サラサドライと左利きの相性

サラサドライ(ゼブラ)-左利きボールペン

前述しているが、0.5mm以上だと左利きでもほぼカスレない。
しかしながら0.4mmになるとカスレやインクが付かなくなることがあるので注意。

特に管理人のように、
筆圧が強いと認識している人は、
正直0.4mmをオススメできません。


たまたま書いたノート(紙)の質も関係しているのかもしれませんが、
上で書いているように、0.5mmだとカスレないが、0.4mmだとカスレる文字が出てくる。

他の左利きの方も異なった視点ではありますが、しっかりと使い方やペン先を鋭角にしないとか丁寧に考察されていたのでとても参考になった。
http://fudetori.blog.jp/archives/18648633.html

特に管理人がよく出くわすのが、曲線文字のカスレ。「じ」や「あ」の部分。
あとは0.4mmだと「払い」の部分でもちょっとインクの出が悪くなる傾向に。

これはサラサクリップで「あぁ!!(怒」という感じに近く、やっぱりサラサドライでも難しいんだなと感じたのが正直なところ。

サラサドライは左利きにも合うが、0.5mm以上をオススメ。
購入する場合は、くれぐれも上記を鑑みた上で検討してほしい。

タイトルとURLをコピーしました