シンプル・イズ・ベスト! カランダッシュ849は手にフィットするアルミ六角ボディ

カランダッシュ849ポップライン ボールペン
スポンサーリンク

海外ブランドのボールペンも最近気になってちょこちょこ見てるんだけど、とうとうこのブランドに手を出してしまった。

そう、そのブランドとは『カランダッシュ』。

そしてエントリーモデルとして購入したのは、カランダッシュの『849ポップライン・ボールペン』である。

ロディアのスクリプトというボールペンに出会ってからというものの、六角ボールペンのフィット感がたまらなく好きになってしまって、探していて行き着くと、のきなみ海外製が多い印象。

六角で軸細めが好きな、カランダッシュ初心者がじっくりと、このペンを紹介。

もちろん良いところだけじゃなくて、良くないところも書くので、参考になればこれ幸い。

最後にはエクリドールというハイエンドモデルにも少し触れる。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

カランダッシュ ブランドとは?

カランダッシュ849ポップライン

カランダッシュ(Caran d’Ache)はスイス最大の筆記具ブランド。

1915年に創業、鉛筆工場から始まっており、主要販売品は万年筆、ローラーボール、ボールペン、ペンシル、色鉛筆から、ライター、皮小物、バッグまでと幅広く取り扱っている。

ちなみにカランダッシュという名前は当時ヨーロッパで活躍していた、ロシア生まれのフランス人画家の雅号からなり、ロシア語で鉛筆(карандаш )という意味を持つ。

849ポップラインとは?

カランダッシュ849ポップライン
カランダッシュ849ポップライン(F字)はペンケースに収められている

カランダッシュ849ポップラインの特長は下記。

  • 超シンプルなボディ
  • アルミで軽い
  • フィット感のよい六角
  • 8,000m書けるリフィル
  • ノック音レス!?

シンプルを追い求めたスタイリッシュボディ

カランダッシュ849ポップライン
カランダッシュ849ポップライン(F字)はシンプルな鉛筆デザイン

見てもらうと分かる通り、鉛筆のような六角ボディとクリップのみという、超シンプルなデザイン。

ちなみにクリップは外そうと思えば外すことができるので、それまでなくなればもう本当に鉛筆みたいになる。

ここまでシンプルなボールペンは数少ないと思うが、それこそがこのカランダッシュというブランドの個性なのだと感じることができる。

アルミ製だから軽くて使いやすい

カランダッシュ849ポップライン
カランダッシュ849ポップライン(F字)はアルミ製
キャップやノック部分も金属製になっている

この前紹介したロディアのスクリプトと同じ大きさなので、日本製のボールペンに慣れていると少し小さいように感じるかもしれない。

しかしながら使ってみるとこれが驚きだったりする。こんなちょうどいい大きさのペンがあるなんて。って。

アルミニウム製で、ロディアと比較しても8gほど軽い。筆記時にかなり気にならないのはGoodポイント。

フィット感バツグンの六角ボディ

カランダッシュ849ポップライン
カランダッシュ849ポップライン(F字)は六角デザイン
モチーフはもちろん鉛筆である

人間がもっとも慣れ親しんだ鉛筆をモチーフにデザインされている六角ボディ。

カランダッシュのブランド名からも分かるとおり、真骨頂といってもよい象徴的な六角鉛筆デザインがここに現れている。

そしてフィット感という言葉を実現しているもう1つのポイントはペンの長さであろう。

鉛筆でもそうだが、新品よりも使い始めていっとき経った時が1番使いやすいのではないだろうか?

そう。新品の長い状態だと重心バランスが取りづらい。そこに一歩踏み込んでいるのがこのペンだと思う。

8,000メートル書けるゴリアット芯

カランダッシュ849ポップライン
カランダッシュ849ポップライン(F字)は8,000メートル書くことができる

ゴリアットと言われるリフィルは、8,000メートルもの筆記を実現している。

その名の通り【巨大な・大きな】というものからもきてそう。旧約聖書の「サムエル記」に登場するペリシテ人の巨人兵士の名前でもある。

カランダッシュ849ポップライン

ペンケース内に書かれているんだけれど、ちょっとビックリする。

でも何かかっこいい。
そういうところのこだわりを国産メーカーも出してほしいと思う。

極小ノック音でほぼノック音レス

カランダッシュ849ポップライン
カランダッシュのノック音は快感と言っていいと思う

カランダッシュのボールペン初心者だったので、これが1番肩透かしを食らったかのような衝撃があったところ。

上述しているとおりで、ノック音が(ほぼ)ない!

使ったことがない人だったら、まず「えっ?」となる部分。案の定、妻も同じ反応だった。

だいたいのノック音は「カチッ、カチッ」だが、カランダッシュ849は「シャッ、シャッ」という感じに違く、ほぼ音がしない。

商品仕様・スペック

カランダッシュ849ポップライン

カランダッシュ849ポップライン(黒F・細字)のスペックは下記。

ボールペン名称849ポップライン
ボール径F字/0.7mm?
全長128.0mm
直径(グリップ部)8.0mm
重量15.4g ※実測
方式ノック式
インク油性ボールペン
メーカーカランダッシュ

カランダッシュ849ポップラインでF字(0.7mm?)の模様。ゴリアット芯は中字・細字・太字の3タイプあるのでどれにでも変更可能できる模様。

フォトギャラリー&デザイン

カランダッシュ849ポップライン(黒F・細字)のデザインを紹介。

※スマホはピンチで画像を拡縮できます

ペンケース&パッケージ

カランダッシュ849ポップライン
撮影ヘボくて申し訳・・・難しい・・・
849ポップラインはペンケース
中央がペン型になっているのも遊び心がある
カランダッシュ849ポップライン
ペンケース左下には849とスイスの国旗入り
カランダッシュ849ポップライン
ペンケース裏側にもカランダッシュのロゴが入っている

スタンダードフォルム

カランダッシュ849ポップライン(黒F・細字)の本体を紹介。まずはペン先を収納した状態でやや引いた写真から。

カランダッシュ849ポップライン
カランダッシュはシンプル
これこそ造形美というものに相応しいのではと思う
カランダッシュ849ポップライン
849ポップラインのオレンジはホントにポップ(^_^;)
カランダッシュ849ポップライン
こんなシンプルなボールペンあるのか?って感じ
カランダッシュ849ポップライン
完璧なストレートボディなのがやばい
これ以上に研ぎ澄まされたデザインはあるのだろうか
カランダッシュ849ポップライン
ダイアナグル(斜め)ビュー
六角に丸いノックという組み合わせだけ
カランダッシュ849ポップライン
カランダッシュ849ポップラインの逆サイドビュー
カランダッシュ849ポップライン
やや小ぶりながらも存在感をかもしだすカランダッシュ
カランダッシュ849ポップライン
真上からのビュー
クリップをこの場所にデザインした人は本当すごいと思う・・・

アップショット

ここからはカランダッシュ849ポップライン(黒F・細字)のペン先を出した状態(筆記時)と接近写真で紹介。

カランダッシュ849ポップライン
カランダッシュ849ポップラインのペン先を出した状態
ペンの表面はテカってる感じの塗装
カランダッシュ849ポップライン
849ポップラインはクリップ下にカランダッシュのロゴが入っている
国産じゃまずこの位置には入らないだろう
カランダッシュ849ポップライン
ノック部のアップショット
スイス製(SWISS MADE)があしらわれている
ブランド名よりも国優先?
カランダッシュ849ポップライン
849ポップライン
ペン先は一気に絞られているわけではなくて、緩やかな傾斜になっている
ゴリアット芯の先も鋭角ではない
カランダッシュ849ポップライン
849ポップラインのクリップは真横下で留まっている
これも外すことができるようだが今回は外していない
カランダッシュ849ポップライン
ノックとクリップがシルバーでアクセントに
それ以外は1色構成なのでシンプル
カランダッシュ849ポップライン
六角デザインなので陰影が出やすいのもこのボールペンの特長
カランダッシュ849ポップライン
真横から見てもシンプルさが研ぎ澄まされている
ノックは押すとそこで保たれた状態になる
カランダッシュ849ポップライン
ペン先も鉛筆のような削り具合
これにはビックリする
カランダッシュ849ポップライン
クリップ、されどクリップと思わされる部分
最小限でありながら、繊細な造形美を感じられる
カランダッシュ849ポップライン
クリップ下から見えるカランダッシュのロゴ

リフィル(替芯)情報

カランダッシュ849ポップライン
リフィルにはゴリアットの文字入り
品名カランダッシュ・ゴリアット芯
品番***
価格1,200円(税別価格)
全長約**.*mm
最大径約*.*mm
重量*.*g

通常1,000~1,200円なので国産リフィルと比較するとかなりお値段は張る。

コスパを天秤にかけると微妙なラインだが、リフィルアダプターを購入し国産のジェットストリームインクなどに変更するという手段もある。

日々ジェットストリームを使っている人にはおすすめである。

リフィル(替芯)交換方法

カランダッシュ849ポップライン(黒F・細字)のリフィル交換方法を紹介。

シンプルさを研ぎ澄ましているボールペンは驚愕のリフィル交換となっている。

まさかそこ?という機構である。

カランダッシュ849ポップライン
①なんとノック部分を回す
カランダッシュ849ポップライン
②ネジがすべて外れるとノックが抜き出せる
カランダッシュ849ポップライン
③ノック部分をすべて取り外す
カランダッシュ849ポップライン
④ペンを傾けるとゴリアット芯が顔を出す
カランダッシュ849ポップライン
⑤リフィルをすべて出して、入れ替えたら完了

左利きの描線&筆記感

カランダッシュ849ポップライン
海外ブランドの描線を比較してみた

他の海外ブランドのボールペンと比較してみたんだけれど、若干薄いように感じた。

ただ、これって多分普段ジェットストリームインクに慣れていることもあるんだと思う。

しかしながら、ロットリングよりも薄い感じではあった。
※ロットリングはM字となるので致し方なし?

少し細くて、薄いのがこのペンなのかもしれない。

カランダッシュ849ポップライン

良いところ

  • ちょうどいい大きさ
  • シンプルデザイン
  • 軽い
カランダッシュ849ポップライン

やや小ぶりのため、必然的に軽くなる。
これが功を奏してか、鉛筆を持っているかのような錯覚を感じさせてくれる。

15gと比較的軽めなので、女性でも使いやすいと思う。手の大きい男性は逆に少し使いにくいかもしれない。

ただ、それでもこのデザインは一見の価値がある。

良くないところ

  • 短めデザイン
  • 激しい色の主張

まず手に持って、第一に感じるのはこれだと思う。そう。「短っ!」という感覚。

これは当然といえば当然なのだが、普段14~15cmくらいのボールペンを使う日本人では致し方ない。

なぜ海外製のボールペンではこのサイズなのかなと思ってしまうくらい。これは今後に調べてみたいと思う。

カランダッシュ・エクリドールという存在

カランダッシュにはエクリドールというハイエンドモデルが存在している。

そのデザインはハイエンドと呼べるだけの存在感がありながらも、妖艶な輝きを放っている、何ともいえないボールペンである。

そんな中、ギラついているのがエクリドールの1つの特長なのだが、『レーシング』というモデルが存在する。黒色クロムメッキ加工という何ともいえないエモいデザイン。アクセントのレッドラインといい、文句なくカッコ良い。

いつかこのレーシングとエクリドールを手に入れることが夢である。

エクリドール・レーシング

エクリドール

まとめ

カランダッシュ849ポップライン
849ポップラインとジェットストリームエッジ
約1cm以上は長さが異なる

少し持ったときの違和感はあるが、それはこれから解消されていくのだと思う。

六角なので転がっていきづらいのも良い。ましてやクリップもあるのでそういう心配はなくなる。

カランダッシュ849ポップライン

ペン先を出した状態での長さを比べるとなんとロディアのスクリプトよりも短くなる。

カランダッシュ849ポップライン

特徴的なクリップだが、シンプルさでいうとロディアの方が上かも(^_^;)

カランダッシュ849ポップライン

まだ不勉強なので分からないことも多いが、一部の海外ボールペンは少し短めのサイズになっている模様。手に収まる具合でいうと合点はいく。

カランダッシュ849ポップライン
手前からカランダッシュ849ポップライン
ロディア スクリプト
ジェットストリームエッジとなる

今回はじめてカランダッシュのエントリーモデルとなる849ポップラインを購入してみたが、たくさん発見があってよかった。

このボールペンがどうこうというよりも、さまざまな発見が多くあったという意味ではよかった。

同時にこのペンの欠点も分かった気がする。
それは日本人には抵抗があるかもしれないということ。

理由は上でも書いているけれど、あまりそのサイズのボールペンが国産ブランドでないからだ。

ここさえクリアできればきっと候補になるのではと思う。このブランドからは多数のカラーやコラボ製品が出ているのでチェックして損はないと思う。

嗚呼、いつかエクリドールを手に入れたいものだ。

タイトルとURLをコピーしました