【アクロ500】ワンコイン購入できる携帯性抜群ペンをレビュー

アクロ500(パイロット) ボールペン
スポンサーリンク

最近の細字ブームにのっかってか、パイロットにアクロインキシリーズに0.3mm搭載モデルが登場。

今回3製品が発売されているんだけど、そのうちのひとつが「アクロ500」という細軸スリムボディが特徴的なボールペン。

全長128mmというコンパクトなボールペンはそうそう多くはないのと、春っぽいパールカラー4色展開となっている。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが250人を突破しました。みなさまに感謝です。

アクロ500(パイロット)とは

アクロ500(パイロット)
アクロ500(パイロット)0.3mm

アクロ500(パイロット)の特徴は下記。

  • コンパクトサイズ
  • マット塗装仕上げ
  • 淡い春カラー

全長128mmのコンパクトサイズ

アクロ500(パイロット)
写真上:アクロ1000(約142mm)
写真下:アクロ500(約128mm)

直径は10mm以下という細身で、全長は128mというコンパクトなサイズとなっている。

サイズが小さいことで手帳や持ち運びする際に便利だという利点がある。そして小ぶりなので手にフィット感が普通のモノよりあるように感じられる。

ちなみにコンパクト系で抜群のフィット感を誇るロディア・スクリプトというボールペンとほぼ同サイズになる。

質感のあるマット塗装仕上げ

アクロ500(パイロット)
アクロ500は刻印ではなく印字

上位グレードにあたるアクロ1000と同じようなマット塗装仕上げになっている。

アクロ1000のボディ同様プラスチック樹脂にマット塗装加工が施されているのでさらさらで高級感のある質感がある。

淡いカラーラインナップ

アクロ500(パイロット)
レフログが今回購入したのはアクロ500のブラックマット

その他のカラーを勝手に春カラーと言っているけど、どれも淡いカラーリングでキレイな印象。

筆箱やデスクに彩りを与えてくれるのではないかと思う。色のセンスはさすがパイロット。

アクロ500(0.3mm)のスペック

アクロ500(0.3mm)のスペックは下記。

ボールペン詳細

アクロ500(パイロット)
ボールペン名称アクロ500
価格500円
ボール径0.3mm / 0.5mm
全長128.0mm
直径(グリップ中心部)9.2mm
重量約10.5g
方式ノック式
インク油性アクロインキ
メーカーパイロット

カラーバリエーション

  • ブラックマット
  • シルキーラベンダー
  • シルキーグリーン
  • シルキーピンク

※上記は0.3mm仕様のカラー
※0.5mmにはネイビーとシルキーベージュがあり、グリーンとラベンダーが抜ける

アクロ500(パイロット)フォトギャラリー&デザイン

アクロ500(0.3mm)の見た目・デザインを紹介

スタンダードフォルム

まずはアクロ500(パイロット)ブラックマットのひきの写真から紹介。

アクロ500(パイロット)
アクロ500は美しくて緩やかな曲線を描いたボディ
アクロ500(パイロット)
そしてコンパクト感がGood
アクロ500(パイロット)
ブラックマットなので黒は黒なんだけど、つや消し加工なので黒が強すぎない感じ
アクロ500(パイロット)
ノック部は指が当たることが考慮されており、やや凹みがある
アクロ500(パイロット)
アクロ500はこの角度が1番いいかも
印字ロゴはゴールドで上品感UP
アクロ500(パイロット)
ノック部からのビュー
スラーっとペン先に向けて曲線が描かれているのが分かる

アップショット

アクロ500(パイロット)
アクロ500(パイロット)
アクロ500(パイロット)
クリップ部のアップショット
右上の穴はストラップホールとして利用可能とのこと
正直使うのかどうかは微妙
アクロ500(パイロット)
逆側は刻印無し
アクロ500(パイロット)
ペン先とボディの接合部に凹みがあるのは、アクロシリーズの特長が継承されている
アクロ500(パイロット)
アクロ500のペン先からのビュー
アクロ500(パイロット)
クリップ部分に向けての緩やかな造形美が味わえる
アクロ500(パイロット)
ノック部には穴が開いているのだけれど、空気穴なんだと思う。ちなみにアクロ1000は開いていない
アクロ500(パイロット)
アクロシリーズの象徴的な凹みデザイン
アクロ1000(写真上)にもあしらわれている
アクロ500(パイロット)
ペン先を出した状態 0.3mmだけどそこまで鋭角な芯ではない
アクロ500(パイロット)
0.28mmのジェットストリームエッジと比べると普通のボールペンに近いペン先になっている

アクロ500(0.3mm)のリフィル

リフィルの仕様

品名油性ボールペン替芯(BVRF-8MF)
品番BVRF-8MF-(B・R・L・G)
種類アクロインキ(油性ボールペン替芯)
価格88円(税抜価格 80円)
全長98.5mm
最大径3.1mm

アクロボールに使用しているアクロインキは、粘度を一般的な油性ボールペンの1/5にすることで、水性に近いサラサラなインキになり、ボールがスムーズに回る。

▼ちなみに同アクロインキを採用しているコクーンは0.7mmなので描線は倍以上になる

リフィルの交換方法

アクロ500のリフィル(芯)交換はとてもカンタン。

アクロ500(パイロット)
①金属部分を回す
アクロ500(パイロット)
②ペン先を外すと芯が現れる
アクロ500(パイロット)
③あとは芯を差し替えるだけでOK

アクロ500(0.3mm)の書き味&描線

アクロ500(パイロット)
アクロ500は0.3mmなので激細

アクロインキが採用されているアクロ500。0.3mmでもカスレにくいのはGood。

ただ、若干カリカリ感があるので左利きの人は頭の片隅にでも置いておいてほしい。

案の定とまでは言わないけれど、打ち込みはカスレる印象。上の写真ではかなり気を使って書いている。

そして油断すると下の写真の「ア」の上側がカスレる感じ。でもそれくらいに抑えられているのはアクロインキの性能だと思う。

アクロ500(パイロット)
アクロ500 → 0.3mm
ジェットストリームエッジ → 0.28mm ※世界一最小

若干だけれど、ジェットストリームエッジよりもアクロ500の方が太いような感じがする。

左利きが実際に使ってみてのレビュー

アクロ500(パイロット)

良いところ

アクロ500(パイロット)
写真上:アクロ1000
写真下:アクロ500
  • コンパクトボディ
  • マット塗装の手触り
アクロ500(パイロット)
騙されたと思って見かけたら手に持ってみてほしい

良くないところ

アクロ500(パイロット)
アクロ500のペン先は金属製
  • 金属部は若干滑る(かも)
  • 軽量すぎるのが気になる(かも)
アクロ500(パイロット)
アクロ500の重量は約10gで、アクロ1000は約17gとなっており普通のボールペンと比べるとほどよい重量感はないかも。
ただ軽い方が手は疲れにくいので、これは人の好みがでるところだと思う。

まとめ

アクロ500はコンパクトで使いやすい部類に入ると思う。全長128mmなので、一般的なボールペンよりも13~4mmほど短くなっている。

アクロ500(パイロット)
ペンの佇まいは上品で気品があると思う

そして驚くべきは500円というワンコインで、このボールペンがゲットできるということ。

今回紹介している色はブラックマットだけど、シルキー○○という色がラインナップされており、明るめで優しい色展開されていることもGood。

アクロ500(パイロット)
クリップ部の造形が若干異なる

ちなみにアクロ1000と比べると、若干見劣りしてしまうかもしれないけれど、それは価格相応と思ってもらっていい。

より上質路線でいきたいのならアクロ1000でいいけど、十分アクロ500でもペンの良さを随所に感じることができるだろう。

アクロ500(パイロット)
アクロ500が0.3mmで黒色も少し濃いように思う

そして今回アクロインキ最大の特長でもある0.3mmという細さを兼ね揃えられている。最近細いボールペンが流行っているのところに当ててきているのも上手い。

ジェットストリームエッジが世界最小ボール径(0.28mm)なんだけど、見比べてもほぼ同じくらいなので、細ラーにとって選択肢が増えるのはGoodである。

アクロ500(パイロット)
ペン先の造形が異なるけど、ベーシックなのはアクロ500
エッジは意味でもある「角(かど)」が強調されている

ちなみにペンが軽いのは短所であるようにも思うかもしれないけど、上述しているように長所でもあると言える。ペンが軽いと手への負担がかかりにくくなる。鉛筆が最たる例である。

アクロ500(パイロット)
ちなみにペン自体のデザインはジェットストリームエッジがやや特殊。そして価格も倍する。

もともと軽めのボールペンを使っている人や、軽いボールペンが好きな人は触ってみてほしいと思える「アクロ500」。選択肢にいかがだろうか。

タイトルとURLをコピーしました