抜群のフィット感を誇る、ロディアのボールペンは六角形のミニマルデザイン

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン ボールペン
スポンサーリンク

ロディアといわれたらオレンジとブラック
そのロディアから「スクリプト」というボールペンが販売されている。

メモ帳のイメージが強く、ボールペンを出していることを知る由もなかった自分に反省。

前から六角形のボールペンが欲しいなと思っていたところ、ついにいい感じのデザインを見つけてしまった。

オレンジ色にはなぜかひかれてしまう、まーやんがロディア「スクリプト」という手触り抜群でフィット感にすぐれるボールペンをレビュー。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

スクリプト(ロディア/ボールペン)とは?

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
購入したのはオレンジなので、パッケージもオレンジ

このボールペンの正式名称は…
ロディア スクリプト コレクション
RHODIA scRipt Collection
というものになる。

スクリプト・オレンジ(ロディア/ボールペン・0.7mm)の特徴は下記に列挙する。

  • アルミニウム素材
  • 不快感のないヘアライン加工
  • ミニマルデザイン
  • オレンジの中のオレンジ

アルミニウム素材の六角形ボディ

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
スクリプト(ロディア/ボールペン)のボディはアルミ素材
クリップも金属製なのは嬉しい

ロディア「スクリプト」は六角形ボディでアルミ素材が採用されているため質感が良い。

クリップ部も金属製になっており、プラスチック製と比べて折れにくいのは嬉しい。

美しいヘアライン加工と手触り

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
まーやん初のヘアライン加工ペンは、スクリプト(ロディア/ボールペン)になった

ロディア「スクリプト」はヘアライン加工が施されている。今まで敬遠していたのはザラつきが気になっていてあまり良くないと思っていたため。

しかしながら初挑戦したのがロディアだった。
今回は当たりのようでザラつきはほぼ感じない

キメ細かく美しいと思ったのが正直な感想。写真のままだと思ってもらって良い。
※ヘアライン加工とは髪の毛のような細い溝が施されている加工のこと

ミニマルデザインでありながら20g

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
ジェットストリームエッジの限定オレンジと比較すると一目瞭然の小ささが分かる

全長128mmという大きさからも分かるように、かなり小さめの設計であることが分かる。

だいたい140mmくらいが一般的なボールペンの長さなので、それより10mmも小さくなっている

メモ帳や手帳に合わせられて、少し小さめのデザインになっているのだと思う。

ヌメりのある濃いオレンジがそそる

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
手前からロディア「スクリプト」(今回紹介するボールペン)
ジェットストリームエッジ限定オレンジ
コクーン オレンジ、サラサグランド キャメルイエロー

だいたいボールペンはヌメり(光沢)があるか、つや消しタイプに分かれると思うが、このロディア「スクリプト」はどっちも入っている

クリップ部はクリアコーティングが、ボディ部分にはヘアライン加工が施されていて、ややつや消し感がある。

そして何よりオレンジの発色が良い。角度や陽の当たり具合によっては朱色に近くなる。

スクリプト(ロディア/ボールペン)のスペック

スクリプト・オレンジ(ロディア/ボールペン・0.7mm)のスペックは下記。

ボールペン名称スクリプト
ボール径0.7mm
全長128.0mm
直径(グリップ中心部)9.0mm
重量20.0g(実測) ※公式23.0g
方式ノック式
インクcf9280 油性ボールペン
メーカーロディア

意外かもしれないが、ロディア「スクリプト」は0.7mmのボール径になるため少し太めとなる。

スクリプト(ロディア/ボールペン)の紹介

フォトギャラリー&デザイン

スクリプト・オレンジ(ロディア/ボールペン・0.7mm)を写真付きで紹介

パッケージデザイン

※スマホはピンチで画像を拡縮できます

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
オレンジ色を選んだのでパッケージもオレンジ
気持ち本体よりは明るいオレンジになっている
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
パッケージはクリアフィルムがあるので直接外からは触れないようになっている
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
ちょこっとだ顔を覗かせる感じがそそる
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
真上からのパッケージビューはこんな感じ
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
ボールペンのロゴとパッケージのロゴ位置が逆なのは気になったところ

パッケージ開封

※スマホはピンチで画像を拡縮できます

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
パッケージは上側の部分から取り外すタイプ
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
黒いボックスを引き出すと少しずつスクリプトが顔を出す
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
すべて引き出すと上記3つに分かれる
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
本体部分はクリップに引っかかっている
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
リフィル交換方法が書かれている説明書が入っている
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
黒いボックスにクリップが引っかかっているので…
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
本体を引き抜くと徐々に上に…
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
すべて引き抜くとスクリプトの全身が取り出せる
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
これでパッケージ開封は終わり
簡単に取り出せる

ペンギャラリー

スクリプト(ロディア/ボールペン)の本体をいよいよ紹介していく。まずはペン先を収納した状態でやや引いた写真から。

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
スクリプト(ロディア/ボールペン)の斜めビュー
美しいオレンジときめ細かなヘアライン加工が特徴
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
スクリプトのサイドビュー
管理人が好きなストレートボディ
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
ダイアナグル(斜め)ビュー
ノック部分はツヤがあるのが面白い
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
ノックを下側にしたビュー
六角形のボールペンは転がりにくいのが良い
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
ダイアナグルビュー
ヘアライン加工の細かさを見てほしい
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
サイドビュー
スクリプト(ロディア/ボールペン)は本当に一直線なのが分かる
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
だいたいのボールペンは、この角度だとロゴが逆になる
ロディア「スクリプト」も同じ。左利きからすると泣き所
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
真上からのビュー
このボールペンの醍醐味を味わえる

ここからはスクリプト・オレンジ(ロディア/ボールペン)のペン先を出した状態と接近写真で紹介。

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
スクリプト(ロディア/ボールペン)のペン先を出した状態
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
ペン先に寄るとこのように、先はツヤのあるオレンジになっている
本体のみヘアライン加工が施されている
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
ノック部、クリップ部はツヤがあるのが分かる
こういうのは公式でなかなか分からないところかも
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
クリップ部分も金属製なので、プラスチック素材よりも強度がある
そういう意味では安心。作りもしっかりしていそう
ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
濃いオレンジと、ツヤのあるオレンジ、ヘアライン加工のオレンジと楽しめる要素が多い

リフィル(替芯)

品名ロディア scRipt スクリプト ボールペン 替芯
品番cf9280
価格160円(税別価格)
全長67.0mm
最大径2.3mm
重量**.*g

ジェットストリームのプライム用インク(多機能ペン)が代用できた。

これは嬉しかった瞬間である。

▼替芯対応リフィルは以下ボールペン記事内に掲載

【まとめ】左利きが実際に使ってみて

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン
若干カスレやインクがつかないときがあったのは少し残念なところ
ロディア スクリプトの「ス」に文字欠けが・・・

ロディア「スクリプト」は油性ボールペンなので、安定した書き味を出してくれる。

ジェットストリームインクと比べると、黒の濃さは薄いけれど、これは致し方ないところ。

そしてリフィルはのちのちジェットストリームインクに変更すると思う。※使い勝手を重視のため

良いところ

  • オレンジが濃すぎるところ
  • ヘアライン加工と質感バランス
  • 少し小さめのミニマムフォルム

良くないところ

  • インクはつかないときがある
    ※左利きだけかもしれない
  • 重心バランスに慣れが必要

良いところばかりがうつる今回のボールペンのロディア「スクリプト」だけれど、良くないところもあったので紹介。

それは左利きだとインクがつきにくいときがあるということ。いきなりフッと消えるので驚く

たびたび起こるというわけではないのと、右利きだったら起こらないのかもしれない。右利きの妻は書きやすいと言っていた。

これについてはジェットストリームプライム用のリフィルにすることができるため解消はできそう。

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン

あとは重心バランスが上?下?とも言い難い感覚を感じたのはある。

中間付近にありそうなので、重心が下にあるのが好きな管理人からすると、慣れが必要かも?と思った。

しかしながら、最初にも書いているように、オレンジの色が濃いのでオレンジが好きな人には良い。

シンプルでありながらも、クールなミニマルデザインの実物を見れる機会があればぜひ見てみてほしい。

トータルでいうと良い点が上回っていると捉えている。

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン

まとめ

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン

今まで六角形のボールペンを持っていなかったが、これを機に少しずつ増やしていこうかなと思わせてくれたロディア「スクリプト」。

金属製なので六角形のボールペンはもっと角があるようなイメージを勝手に抱いていたが、角は気にならず、払拭された。
※これからの分では角があるボールペンもあるのかも

また今回のロディア「スクリプト」はアルミ素材なので少し軽いため使っていて嫌になりにくい

ロディア-スクリプト-オレンジボールペン

色合いもよく、手帳とセットで使っていきたいなと思った次第である。

リフィルはジェットストリームインクに交換して使うとは思うけれど、それ意外のボディの質感や完成度は高いペンのように感じた。

まだまだ知らないボールペンはたくさんあるので、これからもたくさんのペンに触れてみたい。

タイトルとURLをコピーしました