ユニボールRE3(アールイー3)は左利きにおすすめしない。フリクションを買ったほうがマシ。ミニオンは無実

ユニボールRE3 - 消せるボールペン ボールペン
スポンサーリンク

uni(三菱鉛筆)から、こすって消せるボールペン「ユニボールR:E3(※以下ユニボールRE3)」が登場していたのは知っていたけど、消せるボールペンといえば代表格の「フリクション」が圧倒していると思ってる。

それでも同じ商品を出して戦っているのはステキで、何より愛用しているジェットストリームを作っている三菱鉛筆というので期待。

インクが少し薄いとかっていう感想をツイッターで見かけていたけれど、実際どうなのかは気になっていたので紹介する。

最初に言っておくけど、ミニオンは完全に無実。かわいい。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

ユニボールRE3(アールイー3)の紹介

ユニボールRE3(アールイー3)の特徴は下記。

  • 本体価格 600円(税抜)
  • こすって消せる
  • ペントップはキャップ付きでロック機構
  • 回転セレクトノック機構
  • 軸デザインの豊富なラインナップ

本体価格 600円(税抜)

3色ボールペンにしては若干高め。多色ボールペンはだいたい400円くらいから出ているけど、ユニボールRE3は600円。フリクションの3色ボールペンも同じ価格だったので、消せるボールペンは、この価格帯になる模様。

こすって消せる

こすって消せるボールペンの原理は、ある一定の熱を加えると無色にできるインクを使っている。最初はどういう原理でボールペンが消せているのか焦ったこともあったけど、そういう理由だった。

ユニボールR:Eは「熱消去性インク」を搭載していて、60℃以上になると無色になる。ノック部の専用消し具で描線をこすることで生じる摩擦熱によってインクが無色になるため、何度も消して書き直すことができる。

ちなみに熱で消せるという点でいうと、冷蔵庫に入れると文字が復活する。完全に消せるわけではないので書いたらNGなことは書かないように注意すること。

まーやん妻
まーやん妻

消せるボールペンのインクは、手芸をするときにアイロンの熱で消せるので便利♪

ペントップのロック&回転セレクトノック機構

ユニボールRE3 – ロック&回転セレクトノック機構

ここはフリクションとまったく異なる仕様。ペントップが消し具にはなっているんだけど、ペン先を下に向けるとノックができてペンが出てくる。
逆にペン先を上に向けるとロックされて、消し具が固定されて書いた文字を消すことができる。

ユニボールRE3(アールイー3)のスペック

ユニボールRE3(アールイー3)のスペックは下記。

ボールペン名称ユニボールR:E3
価格600円(税抜価格)
ボール径 0.5mm
全長150.0mm
直径(グリップ中心部)12.7mm
重量16.1g
方式ノック式
インクゲルインク(熱消去性インク)
メーカーuni(三菱鉛筆)

ユニボールRE3(アールイー3)のデザイン

ユニボールRE3(アールイー3)のフォルムを紹介

ユニボールRE3 - 消せるボールペン
ミニオンのキャラクラーが入っていてかわいい
ユニボールRE3 - 消せるボールペン
ペン先を出すとこんな感じになる
ユニボールRE3 - 消せるボールペン
ペン先 出そうとするペン色がちょっと出てくる
ユニボールRE3 - 消せるボールペン
回転セレクト部分
リフィル交換はこの青い部分を押さえながら回さなくちゃいけないのでちょっと使いにくい
ユニボールRE3 - 消せるボールペン
クリップ部分はブルースケルトン
ユニボールRE3 - 消せるボールペン
サイドビュー
ユニボールRE3 - 消せるボールペン
ペントップからのビュー

ユニボールRE3(アールイー3)のリフィル

ユニボールRE3 - 消せるボールペン
金属製リフィル
品名URR-103-05
品番URR-103-05 ブラック
URR-103-05 レッド
URR-103-05 ブルー
価格100円(税別価格)
全長87.8mm
直径3.0mm
重量**.*g

リフィルは一般的な価格の100円(税抜)。
特徴としては金属製なこと。なのでこのインクを他の本体軸へ入れることは困難な模様。

ユニボールRE3(アールイー3)の書き味&描線

ユニボールRE3 - 消せるボールペン

描線はだいぶ薄め。黒はグレーになり、赤もカスレ、青もカスレる。書き味もあまりよくなくて、インクの出が悪くなるととにかくガガガって引っかかる感じがある。

【まとめ】左利きが実際に使ってみて

ユニボールRE3 - 消せるボールペン
上が右利きの妻の書いた文字
下が左利きの管理人の文字
左利きが文字を書くと、どちらも薄くなるしいろんなところがカスレる。
ユニボールRE3 - 消せるボールペン
上が左利きの管理人の文字
下が右利きの子どもの文字
右側の「は」「じ」は水でにじむし、子どもと比較してもインクのノリが悪いのが分かる

良いところ

  • 消せるボールペン
  • 軸デザインが豊富

良くないところ

  • 左利きだとインクが付かない ※致命的
  • ペントップのキャップは必要ない
  • 商品名がNG
  • 使いにくい回転セレクトノック
  • 水で消える
  • しっかり消せないインク

ここからは左利きにこのユニボールRE3がおすすめできない理由を書く。
辛辣かもしれないが起こった事実と感想になる。

左利きだとインクが付かない、水でにじむ

ユニボールRE3 - 消せるボールペン
最近のボールペンでもっともインクが出ず書きづらい。
典型的な左利きでは書けないボールペンの症状がモロに出ている。
しかも、ちょっと水滴が付くとインクが消える。使いづらい。

ペントップのカバーはいらない

ユニボールRE3 - 消せるボールペン
ペントップのカバーは必要ない。これだけ小さいと普通に無くすし、
回転セレクト式の代償がモロに来ている。何でノックを下ろしたら出る仕様にしなかったのか。

商品名「ユニボールR:E3」の「R」と「E」の間にある「」の必要性が分からない。ロゴをカッコ良くしたかったのかどうか分からないけど、検索とかで探そうと思ったときに「:」を入れた方がいいのか、良くないのか分からない。そうとうカスタマーに易しくない。普通に「ユニボールRE3」でいいと思う。

しっかり消せない

ユニボールRE3 - 消せるボールペン

消せるボールペンなのは分かるけど、消しにくいボールペンではダメ。
普通のチカラで消すとこんな感じになる。消えてない。消せない。
これが1番の衝撃。

インクの出を優先するならフリクション

ユニボールRE3 - 消せるボールペン

これを見てもらうと一目瞭然。
それ以上でもそれ以下でもない。
ペンの走りも何もかもが段違い。

「消せるボールペン」+「uni(三菱鉛筆)」というブランドを譲れないのであればユニボールREを選ぶようになるだろう。

2020年9月にはフリクションボールに透明ボディが新登場。このペンを含む、他の消えるペンを一蹴しにかかっているんだろうかと疑ってしまうパイロットは抜け目がないと思ってしまう。

▼フリクションボール3スリム・透明ボディ

ユニボールRE3の進化に期待

ここまで正直に左利きの感想を書いたけど、右利きの人には特段問題はないと思う。妻や子どもがそうだったように。

とはいえ、フリクションの独壇場ではいけないし、ライバルとして対抗機種を出してくれるのはカスタマー側としては面白いし、楽しいし、ワクワクする。

おそらく同じような意見は入ってきているだろうから、あのジェットストリームを開発したuni(三菱鉛筆)なら、やってくれるのだと思うし期待。

ただ、本当に左利きの人は他のペンを買った方がマシ。
他の選択肢をおすすめする。

タイトルとURLをコピーしました