パワータンク0.7mm(三菱鉛筆)をレビュー。左利きに人気の加圧式ボールペン

パワータンク(三菱鉛筆) ボールペン
スポンサーリンク

左利きにおすすめと言われるボールペンは3つあって、ついに3つ目のレビュー。
ちなみにそのボールペンは以下。

左利きにおすすめのボールペン
  • ジェットストリーム(油性)
  • エナージェル(ゲル)
  • パワータンク(油性)

ジェットストリームはもともと使っていたもので、エナージェルはインフリーを試してみて良かった。あとはパワータンクを残すだけとなっていたのだけれど、なかなか踏み切れなかったのがある。

管理人としては結局それが最後まで響いてしまったのであった。。。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

パワータンク(三菱鉛筆)の紹介

パワータンクの特徴は下記。

  • 本体価格 200円(税抜)
  • 加圧リフィル
  • 濡れた紙にでも書ける
  • 氷点下でもかける ※非現実的・・・
  • スパイクボール

本体価格 200円(税抜)

同じ三菱鉛筆から発売されているジェットストリームと比較すると50円ばかり高い。しかしリフィルと本体も専用設計というのを考えるとこれで妥当な気がしている。

加圧リフィル

「空気のチカラで書きつくす」とあるんだけど、このボールペンの最大の特徴。といっても、その特徴は本体にあるわけではなくて、リフィル側。
簡単に説明すると、リフィル側に圧縮空気が入っていて、重力インクの押し出しではなく、空気による押し出しのチカラを利用して設計されている。
そのため上を向けても書けてしまうという並外れた性能を発揮する。

スパイクボール

ボールペンといえば、精巧に作られた精密機械。そのペン先のボールにミクロの突起があることでインクをかき出して、紙をとらえる。そのため、このパワータンクはツルツルの紙でも難なく書くことができてしまう。※0.7mm、1.0mm

パワータンクのスペック

パワータンク(三菱鉛筆)のスペックは下記。

ボールペン名称パワータンク
価格200円(税抜価格)
ボール径 0.5mm / 0.7mm / 1.0mm
全長143.0mm
直径(グリップ中心部)12.0mm
重量9.0g
方式ノック式
インク油性インク
メーカーuni(三菱鉛筆)

パワータンクのデザイン

パワータンクのフォルムを紹介

パワータンク(三菱鉛筆)
ちょっと全体的には変わったデザイン
本軸よりグリップが大きい。ストレートデザインが好きな管理人からするとちょっと・・・
パワータンク(三菱鉛筆)
ペンを出した状態
パワータンク(三菱鉛筆)
グリップ部分とペン先 ペン先にはバネが付いている
パワータンク(三菱鉛筆)
サイドビュー いろんなシールが貼ってある
パワータンク(三菱鉛筆)
クリップ部分はプラスチック素材
パキッといきそうなくらい薄い
パワータンク(三菱鉛筆)
ペントップからのビュー
ノック部分はちょっと細め
パワータンク(三菱鉛筆)
リフィルはペントップ部分を外す仕様 ちょっと珍しい?
パワータンク(三菱鉛筆)
リフィルの先はこんな感じ
空気がモレない?ように金具が用いられている

パワータンク(三菱鉛筆)のリフィル

パワータンク(三菱鉛筆)
3パーツに分かれる
パワータンク(三菱鉛筆)
外側の素材と内側の素材の2層構造
品名加圧ボールペンリフィル
品番SNP-5(0.5mm)
SNP-7(0.7mm)
SNP-10(1.0mm)
価格100円(税別価格)
全長111.5mm
直径約8.0mm
重量4.4g

リフィルは一般的な価格の100円(税抜)。
直径は大きいけど、中にインクが全部詰まっているわけではなく、圧縮空気に包まれた細いリフィルが入っていている。完全に専用設計。
他のペン軸使えるのかな? ※情報求む

パワータンクの書き味&描線

描線はジェットストリームの同じ0.7mmと同じか少し細いように感じる。スパイクボールのせいか? ジェットストリームと比較するとペンの走りは劣る。

【まとめ】左利きが実際に使ってみて

パワータンク(三菱鉛筆)

良いところ

  • 左手でもカスレしらずの油性ボールペン
  • ツルツルの紙にも書ける
     ※仕事上はGood
  • 濡れている紙にも書ける
     ※外でも気にせず使える

良くないところ

  • ボールペンの走りが悪い
  • グリップの肌触り
  • デザインが・・・

確かに左利きでもカスレないボールペンであった。
ツルツルの紙にも書けたり、多少水に濡れても書けるというのでどちらかというと仕事で活躍するボールペンなのかなと感じた。

しかし、これをプライベートで使おうとは思えない。
理由は1つ。
デザインがカッコ悪い。
グリップ部分の触感も何か嫌だ。
※実際に触ってみて体験してみてほしい

ただ、これは管理人の好みの問題であるので、ボールペン自体の性能を否定していることではないのは分かってほしい。左利きでもカスレないボールペンというのはすごいこと。

左利きの人は、ぜひ売り場で試し書きしてもらいたい一品。

タイトルとURLをコピーしました