【レビュー】ユニボールワン細さ比較 0.38mm vs 0.5mm おすすめの色はアノ色!

ユニボールワン 0.38mm ボールペン
スポンサーリンク

uni(三菱鉛筆)からユニボールワンというボールペンが2020年2月26日に新登場し、先日0.5mmをレビューしたんだけれど、もちろん0.38mmも購入している。

今回はペン自体の紹介は控えめにして、0.38mmと0.5mmのインクの細さや、ちょっとしたペンのデザインの違いをメインで紹介。

0.38mmが全20色、0.5mmが全10色展開で、0.38mmは0.5mmのカラーとかぶらないように購入しているで、参考になればと思う。

そしてまた今回も悲劇が起こっていたのであった・・・。
※こちらも0.5mm同じ日に解消済み

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

ユニボールワン(0.38mm)の紹介

ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワンのロゴ右に「0.38」の文字が刻印されている

ユニボールワン(0.38mm)の特徴は下記の3つ。

  • ストレートボディ
  • バインダークリップ
  • ユニボールワンインク

シンプルなストレートボディ

ユニボールワン

0.5mmで実際に使っているので思うけれど、シンプル過ぎる軸デザイン。本当にシンプル。ここまで削ぎ落としてきたかと思うくらい。

黒はしっかりとした色合いで、白はテカテカしないオフホワイトの軸色になっているので落ち着いている。オフホワイトだけれど、ラバー汚れが気になることもある。

オープンワイヤークリップ

ユニボールワン

今のuni(三菱鉛筆)の流行り?と感じさせられるワイヤークリップ。

オーバル形状になった「オープンワイヤークリップ」は、スタイリッシュ。ちなみにバインダークリップ式になっているので、ノートや手帳に挟みやすい。

一部には「これがないとダメ!」というファンもいるくらいなので、良いところを突いていると思う。そして何よりクリップ部分が壊れにくいのもGood。

そこまで力も入れなくて良いのもさらに良い。

ユニボールワン
クリップ通常時
ユニボールワン
クリップ使用時

新開発「ユニボールワンインク」

黒が濃く、カラー発色が良い

これには驚いたのだけれど、ぺんてるのアイプラス(スリッチーズ)と比較しても、結構濃く黒色が出ている印象。多色展開しているカラー版の方も色がしっかり発色している。

独自開発の「ビーズパック顔料」というものを使用しているらしい。色材の紙繊維への浸透を極力抑えることで実現。

イメージでいうと、水(インク)がすべて紙に浸透せず、水玉状になって耐える感じ。水玉なので色がはっきりするため、発色が良くなる模様。

発色に関しては、エナージェル インフリーといい勝負していると言いたかったが、0.5mmで比較して、差が結構あるなと感じた。

にじまず、速乾性に優れる

ゲルインクは基本的ににじみやすいので今は必須だと思う。そんな部分をしっかり押さえてきている。さすがユニボールワンインク。

赤シートで隠せるカラー展開

0.38mmでは、オレンジ、ベビーピンク、イエローの3色、0.5mmではオレンジ、イエローの2色が暗記用赤シートで隠すことができるらしいが、ごめんなさい。赤シートが無かったので試せていない。

記憶に残りやすいインク

これがユニボールワンインク一押しなんだと思う。
立命館大学との共同研究により、黒色に関して、濃く、くっきりとした文字ほど記憶に残りやすいことが分かったそうだ。

が、、、信憑性は微妙。
検証では、0.25から0.28か29程度に上がった模様。

正直、社会人にとっては記憶は別モノ(他の方法で補完する等)と思っているので、管理人にはあまり関係ない。

それよりも色がはっきり、濃くて、滑らかで書きやすいのが良い。
ただし学生にはオススメなんだろうと感じる。

ユニボールワン(0.38mm)のスペック

ユニボールワン 0.38mm

ユニボールワンのスペックは下記。

ボールペン名称ユニボールOne
価格120円
ボール径0.38mm
全長約140.0mm
直径(グリップ中心部)約10.5mm
重量10.0g
方式ノック式
インクゲルインク(ユニボールワンインク)
メーカーuni(三菱鉛筆)

ユニボールワン(0.38mm)のデザイン

ユニボールワン(0.38mm)の見た目・デザインを紹介

ユニボールワン(0.38mm) – フォトギャラリー

ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワン 0.38mm バイオレット
ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワン 0.38mm(バイオレット)のサイドビュー
ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワン 0.38mm(バイオレット)のワイヤークリップ

カラーバリエーション(0.38mm)&描線比較

マンダリンオレンジ 0.38mm

ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワン0.38mm「マンダリンオレンジ」の本体色と、オレンジ0.5mmの描線比較

ベビーピンク 0.38mm

ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワン0.38mm「ベビーピンク」の本体色と、ピンク0.5mmの描線比較

ライムグリーン 0.38mm

ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワン0.38mm「ライムグリーン」の本体色と、グリーン0.5mmの描線比較

エメラルド 0.38mm

ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワン0.38mm「エメラルド」の本体色と、グリーン0.5mmの描線比較

グリーンブラック 0.38mm

ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワン0.38mm「グリーンブラック」の本体色と、グリーン0.5mmの描線比較

バイオレット 0.38mm

ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワン0.38mm「バイオレット」の本体色と、ブルー0.5mmの描線比較

ロイヤルブルー 0.38mm

ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワン0.38mm「ロイヤルブルー」の本体色と、ブルー0.5mmの描線比較
本体色は青というよりは紫に近いのでお間違えなく

ボルドーブラック 0.38mm

ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワン0.38mm「ボルドーブラック」の本体色と、ブルーブラック0.5mmの描線比較

ブラウンブラック 0.38mm

ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワン0.38mm「ブラウンブラック」の本体色と、ブルーブラック0.5mmの描線比較

ブラック 0.38mm

ユニボールワン 0.38mm
ユニボールワン0.38mm「ブラック」の本体色と、ブラック0.5mmの描線比較

ライトブルー 0.38mm

ユニボールワン0.38mm「ライトブルー」の本体色と、スカイブルー0.5mmの描線比較

ユニボールワン(0.38mm)のリフィル

ユニボールワン 0.38mm
品名UMR-38S
品番UMR-38S
価格100円
全長約111.5mm
最大径約5.8mm

【番外編】カスタマイズ

実はユニボールワンとエナージェルインフリーのリフィルは入れ替えて使うことができる。もちろんこちらは自己責任にて。
※0.38mmも同様
※サラサクリップとも入れ替え可

ユニボールワン - エナージェルインフリー
写真上:ユニボールワン(オレンジ)
写真下:エナージェルインフリー(オレンジ)
ユニボールワン - エナージェルインフリー

ユニボールワンの書き味&描線

ユニボールワン 0.38mm

残念ながら左利きだと打ち込み時に、だいたいはカスレてしまう模様。

これがどういうものなのかは分からないけど、多くに見られるということはインクが乾いてしまうのかも(?)と思っている。

あとは色によってカスレやすいものと、そうでないもの。
インクの出が良いもの、悪いものがあるように感じている。

本当に右利きの人がうらやましい。

描線と色み比較

ユニボールワン 0.38mm

ツイッターでも見かけてたんだけど、ユニボールワン0.38mmは他メーカーと比較すると少し太め。

ユニボールワン0.38mmとエナージェルインフリー0.4mmブルーブラックを比べると、確かに若干太いのが分かる。しかも0.4mmとうたっているエナージェルよりも。

あと興味深いところでいうと、ユニボールワンの方が少しブラックが濃いのが分かると思う。こちらは好みもあると思うのでお好みをどうぞ。

左利きが実際に使ってみてのレビュー

ユニボールワン 0.38mm

良いところ

  • シンプルなストレートボディ
  • バインダークリップ
  • イラストや絵を描くのが楽しくなる
  • 10gという軽量設計は嬉しい

良くないところ

  • 左利きは 0.38mm だとカスレ発生
  • グリップ部分のラバー具合
  • 発色はインフリーに負けてる
  • 直線は一気にひかないとムラが出る

ユニボールワン0.38mmは左利きで筆圧が強い人には、なかなか使いこなすのは難しいのではないかと感じる。

もちろん左利きでも書き方や圧のかけ方次第では、うまく書けるのかも。
今回普通に0.38mmと0.5mmの比較をしてみたけれど、それでもやはり多くカスレが発生している。

管理人には合ってない。
ただそれだけの話なので、左利きの人はしっかり試し書きすることをオススメしたい。

ちなみに0.38mmは全20色というド級のカラーバリエーション。0.5mmでも同様に触れているが、多色展開は絵などを子どもと一緒に描く時の幅が一気に広がるのでGood。

0.5mmは一般的なカラーしかないが、0.38mmはブラウン系やシックな色合いが展開。(ボルドーブラック、ブラウンブラック、グリーンブラックなど)

管理人的に1番のオススメ色は「ボルドーブラック
いい感じの色。

タイトルとURLをコピーしました