ブレン0.7mmレビュー。ブレない、鳴らない、集中できるおすすめペン

ブレン0.7mm-ボールペン ボールペン
スポンサーリンク

先日ブレないブレンの0.5mmをレビューしましたが、2タイプあるうちのもう1つ側、0.7mmもゲットしたので追加レビュー。
左利きの筆圧強い系管理人が実際に感じたことを正直に書きます。
ただ、今回感じたことは右利きでも同じなんじゃないか?とは思ってます。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

▼2020年2月20日に新登場したブレン3C(3色ボールペンタイプ)のレビューはこちら

スポンサーリンク

ブレン0.7mmはしっかり濃いボールペン

ブレン(bLen) 0.7mmの特徴は下記。
※ブレン0.5mmと同じ

  • 税抜価格 150円というコスパ
  • ゼブラ独自技術 “筆記振動の制御”
  • ブレンシステム採用
    (ダイレクトタッチ・低重心・ノイズフリー設計)
  • シームレスなデザインで2019年度グッドデザイン賞受賞
  • エマルジョンインク採用
  • 0.5mm&0.7mmの2タイプを採用
  • 太めのチューブでインク無くなり知らず

ブレン(bLen)は実売価格 165円(税別価格 150円)という価格が魅力。
ゼブラの独自技術”筆記制動の制御”でスラスラ書ける。
デザインには相当凝っており、あまり見ないがシンプルなデザイン。
ペン先までグリップラバーがあるのが特徴で、指に対する引っかかりは強いように感じる。

ブレン0.7mmのスペック

ブレン(bLen) – ゼブラのスペックは下記。
※ブレン0.5mmと同じ

ボールペン名称ブレン(bLen)
価格165円(税抜価格 150円)
ボール径0.5mm / 0.7mm
全長143.6mm
直径(グリップ中心部)11.5mm
重量12.3g
方式ノック式
インクエマルジョンインク
メーカーゼブラ(ZEBRA)

ブレン0.7mmのデザイン

トータルデザイン

外観などのデザインは0.7mmも0.5mmも同じとなります。写真についてはブレン0.5mmで写真を紹介しています。参考に見ていただければと思います。

ブレン 0.5mm と 0.7mm のデザインの違い

ブレン0.7mm-ボールペン
パッと見の本体デザインは同じで異なる部分は見当たりませんが・・・
手前:ブレン0.5mmボールペン 奥:ブレン0.7mmボールペン
ブレン0.7mm-ボールペン
ペン先が顔を出すと若干先が細い、太いが分かります
手前:ブレン0.5mmボールペン 奥:ブレン0.7mmボールペン
ブレン0.7mm-ボールペン
なんとノック部分には刻印が入ってます
ここが1番の違い(これがないとリフィルの違いが分かりませんからね)
ブレン0.7mm-ボールペン
手前:ブレン0.7mmボールペン 奥:ブレン0.5mmボールペン
拡大するとペン先の違いが分かります

ブレン0.7mmのリフィル

ブレン0.7mm-ボールペン
ブレンは親切丁寧という感じで、リフィルの表示がとても分かりやすい
品名 NC-0.5芯 / NC-0.7芯
品番NC-0.5芯
 ・RNC5-BK(黒)
 ・RNC5-BL(青)
 ・RNC5-R(赤)
NC-0.7芯
 ・RNC7-BK(黒)
 ・RNC7-BL(青)
 ・RNC7-R(赤)
価格110円(税別価格 100円)
全長111.0mm
最大径4.4mm

ブレン0.5mmの方の記事にも書いていますが、ボールペン自体の価格感からすると、管理人が愛用しているジェットストリームプライムのリフィルは200円(税別)なので、ちょっと割高感アリ。いっそのこと本体ごと買い替えて(150円)本体カラーを変更させるのもアリだと思う。50円の違いなので、お得感はあると思う次第。

ブレンシステム

こちらに関しても、ブレン0.5mmの記事を参考いただければ幸いです。

https://lefty.page/ballpointpen/006-ballpointpen-blen-zebra/

ブレン0.5mmと0.7mmの描線(太さ)の違い

ブレン0.7mm-ボールペン
ブレン0.7mmボールペンで実際に書いた文字
しっかりと濃いのが特徴
ゼブラ(bLen)-ブレン(左利きボールペン)
ブレン0.5mmボールペンで実際に書いた文字
細くてなめらかに書けるのが特徴
ブレン0.7mm-ボールペン
並べてみた時の違い
上部:ブレン0.5mm 下部:ブレン0.7mm

実際に左利きが書いた文字を見ていただくと分かる通り、それぞれの特徴がよく出ているなと感じる。
0.7mmはしっかりと濃く、0.5mmは細くてなめらかに書けるように感じた。
ボールペンの本体自体は同じなので、これを見ていただいて自分の好みに合わせて買ってみるのが良いと思う。
ブレンはエマルジョンインクのため左利きでも書きやすくなっている。

左利きが実際に使ってみてのレビュー(0.7mm)

ブレン0.7mmの良いところ

  • デザインが斬新
  • 軽いので女性はラク
  • 隙間が無いのでカタカタ鳴らない
  • 左利きでもしっかり濃く書ける

ブレン0.7mmの良くないところ

  • ダマができることがある
  • おもちゃ感が出てしまっている
  • 重厚感には欠ける

ブレンと左利きの相性

ブレン0.7mm-ボールペン

0.7mmと0.5mmを実際に比較してみて正直に思ったことを言うと、0.7mmは0.5mmと比較すると筆圧強い系左利きからすると書きづらい印象。これはボールペン自体が軽いのと筆圧が強いのがあるように感じた。あとインクのダボ?が出やすい?ように感じてます。あとはしっかりと濃い黒が出るのは良いところ。
ただ、筆圧弱い系の人たちからすると「何言ってんの?」となると思う。

なので、
管理人(筆圧強い系左利き)としてはブレン0.5mmの方がおすすめ。
書き具合と描線がいい感じでマッチしている。
ブレン0.7mmは用途に合わせて使うのが良い。

あとそうだったの?と思ったことでいうと、ブレンは社会人女性目線で作られてたということ。 ブレンが軽量設計されていたり、デザインに独自性があるのはそのせいでしょう。

管理人からするともう少し重みがほしいと思うのは当然かなと思った。
なんか調べていくと、そういう背景も知れたりするのは良いです。
文房具は面白い!

タイトルとURLをコピーしました