超極細ジュースアップ0.4mmをレビュー。カスレにくさを感じさせない絶妙の細さがおすすめ

ジュースアップ - 0.4mm ボールペン
スポンサーリンク

超極細のパイロット「ジュースアップ0.4mm」

激細とか極細とかの解釈がちょっと難しいんだけれど、公式としては以下のような設定の模様なので、みなさん間違えないようにご注意を。
激細が1番細い0.3mmを指している。

激 細 → ジュースアップ0.3mm
超極細 → ジュースアップ0.4mm
極 細 → ジュースアップ0.5mm

そして今回紹介するのは「超極細の0.4mm」。
またジュースアップ?と思われている方もいるかもしれないが、ご了承あれ。実は次に0.5mmも控えていたりする。。。

なので、今回はフォトギャラをメインで見てもらうのがおすすめ。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

ジュースアップ(0.4mm)の紹介

ジュースアップ(0.4mm)の特徴は下記の4つ。

  • ストレートボディ
  • シナジーチップ
  • ノック インジケーター
  • 程よいラバーグリップ

ストレートボディ

ジュースアップ - 0.4mm
ペントップからペン先までストレートボディなのがこのジュースアップの特徴

仕事やプライベートでも汎用性が効くスタイリッシュな細身のボディに仕上がっているデザイン。

ペン先が金属製なので、重心が低くなるように設計されているため、筆記時の安定感が増すということなので、これは嬉しい。

新開発「シナジーチップ」

若干シナジーチップが0.3mmよりは確度が緩くなっている

ジュースアップのペン先は特殊な形状をしている。

ペン先が反り返っているのはまだ良いとして、ペン先と一緒にリフィルの内部までもが出てくるという珍しさ。これには賛否あると思う。

個人的には金属部分だけが顔を出してくれるといいのになとは思ってしまう。
そういう意味では、ジェットストリームエッジのペン先はバランスが取れていて美しいと思う。

ジェットストリームエッジ-ブラック
ジェットストリームエッジは油性で世界一の細さである 0.28mm を実現している

この変わった形状により、ストレスを感じにくくスムーズに書き出しができる模様。

これについては激細の0.3mmでもカスレがほとんどないため、0.4mmのジュースアップであればさらに書きやすくなっていることが予想される。

ノックインジケーター

ジュースアップ 0.4mm

ボディにはノックのオン・オフがひと目で分かるインジケーターが付いている。インクの色がブラックだとこの恩恵は受けにくいんだけれど、使いやすさが考えられている。

「Juice up」の数字の後ろにインジケーター部分が入っており、0.3mmには3つの窓、0.4mmには4つの窓、0.5mmには5つの窓が付いているという細やかなデザイン。

ジュースアップ(0.4mm)のスペック

ジュースアップ(0.4mm)のスペックは下記。

スタンダードカラーの仕様

ボールペン名称ジュースアップ(0.4mm)
価格200円
ボール径0.4mm
全長142.8mm
直径(グリップ中心部)10.5mm
重量約11.6g
方式ノック式
インクゲルインクボールペン
メーカーパイロット

カラーバリエーション

スタンダードカラー

ジュースアップ - 0.4mm
  • ブラック
  • レッド
  • ブルー
  • ブルーブラック
  • グリーン
  • オレンジ
  • ピンク
  • バイオレット
  • ライトブルー
  • ブラウン

0.3mmと同様の全10色のラインナップ。

パステルカラー

0.4mmになると、0.3mmにはないパステルカラーというものがラインナップされている。

ボディの軸色がホワイトになり、スタンダードからさらに幅が広がる。そして何よりすごいのが黒色の紙にも文字などを書くことができる発色の良さが人気。普通にすごい。

ジュースアップ(0.4mm)のフォルム

ジュースアップ(0.4mm)の見た目・デザインを紹介

ジュースアップ(0.4mm)-フォトギャラリー

ジュースアップ - 0.4mm
ボディはストレート構造のシンプル形状ながら、他の同価格帯ボールペンよりも優れたデザインのボールペンに仕上がっている
ジュースアップ - 0.4mm
ペン先は金属パーツ、グリップはラバーではあるが引っかかり過ぎない
これに関しては最近発売されているユニボールワンやブレンよりも良い感じ
ジュースアップ - 0.4mm
本体にはシンプルに「Juice up」の刻印
0.4mmなので「04」と入っている
ジュースアップ - 0.4mm
サイドビュー
ジュースアップ - 0.4mm
斜め(ダイアグナル)ビュー
ジュースアップ - 0.4mm
ペントップを下にしたときのビュー
やはりストレートボディは美しい
ジュースアップ - 0.4mm
ノック部分からクリップ部にかけてパイロットのロゴが刻印されている
グリップ上部にチラッとパイロットJAPANのロゴも見える
ジュースアップ - 0.4mm
ペン先を出した時
シナジーチップまでのストレートデザインでゴツゴツもしていないため、ペンとしても馴染みやすい
ジュースアップ - 0.4mm
ペントップには、0.4mmがすぐに分かるよう「04」の文字が書かれている
ジュースアップ - 0.4mm
クリップ部分のデザイン
最近流行(はや)りのバインダークリップ式ではない
ジュースアップ - 0.4mm
ノック部とクリップ部の接合部に「PILOT」のロゴが入っている
さすが抜け目がない
ジュースアップ - 0.4mm
ペン先収納時
ロゴ右の窓が4つあり、白色になる
ジュースアップ - 0.4mm
ペン先利用時
窓が若干黒くなる

0.3mm同様、ノックインジケーターはインク色が黒だと若干分かりにくい。他の色も一応試してみたけれど、ハッキリと分かる感じではなかった。

ジュースアップ - 0.4mm
ペン先からのビュー

ジュースアップ(0.4mm)のリフィル

ジュースアップ - 0.4mm
品名ジュース アップ04専用 ゲルインキボールペン替芯
品番LP3RF12S4-(B・R・L・BB)
種類ゲルインキ
価格120円
全長111.0mm
最大径6.0mm

リフィルは120円なので一般的なゲルインクのリフィルと比較すると少し高い。とはいっても20円程度のものだったりする。

ジュースアップ(0.4mm)の書き味&描線

ジュースアップ - 0.4mm

たった0.1mmの違いではあるんだけれど、その違いに驚きを隠せない。

その理由は1つ。
描線の太さが一気に変わる。

エナージェルにも同じ太さの0.4mmがラインナップされているが、それ同等かそれ以上に近いくらいの書き味がある。

「ニュースを出すな。ニュースになれ。
 自分の時間を使うな。他人の時間を使え。」
by 西野亮廣

革命のファンファーレ

左利きが実際に使ってみてのレビュー

ジュースアップ - 0.4mm

良いところ

  • 超極細(0.4mm)でカスレない
  • ストレートボディ
  • しっかりとしたボディ
  • 低重心設計

良くないところ

  • ノック後のカタカタ音

これはジュースアップの最大の欠点?
ノック後(ペン先を出した後)のカタカタ音は0.3mmと同様。ノック後にペントップが固定されないため、振るとカタカタ音が出てしまう。

そして0.3mmは左利きも相まって、若干カスレが発生していたんだけれど、この0.4mmになるとまったくと言っていいほどカスレない。

驚くべきジュースアップのシナジーチップ。

ジュースアップ - 0.4mm

激細(0.3mm)は左利きだと若干カスレるんだけれど、超極細(0.4mm)になると、ほぼカスレ知らずになる。

細すぎず、太すぎない、そんな程よいボールペンを探している人にはおすすめ。これは一度ハマると虜(とりこ)になると思う。

細さに目がない人は、ジュースアップ激細(0.3mm)の描線も見てほしい

タイトルとURLをコピーしました