20色展開のツイスト式『フォルティアVC』は上品さとクリップのバネがGood!

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン ボールペン
スポンサーリンク

今回紹介するのはゼブラ『フォルティアVC』というボールペン。

ボディは若干ずんぐりむっくりな感じだが、ツイスト式なのとオレンジ色がちょうどあったので手にとってしまった。

20色のボディカラーを展開という思い切ったことをしており、重量感もあるので手に取るとちょっと驚くかもしれない。

そんなボールペンを紹介していく。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

フォルティアVC(ゼブラ)とは?

ゼブラ「フォルティアVC」の特徴は下記。

  • 20色のボディカラー
  • ツイスト式ボールペン
  • ずっしりな重量感
  • バネ入りクリップ

20色のボディカラー

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
フォルティアVC(ゼブラ)油性ボールペン
20種類という驚きのカラーラインナップ

だいたい5色展開とか3色展開のボディカラーが多いとは思うけれど、この「フォルティアVC」はなんと20色ボディー展開。

とにかく色が多すぎて選ぶのに困るボールペンであるのは言うまでもない。

コストもかかっているんだろうなぁ・・・と思ってしまうのが正直なところ。

ツイスト式ボールペン

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
フォルティアVC(ゼブラ)油性ボールペン
上品なツイスト式が採用されている

ノック式ボールペンが多いなか、少々珍しいツイスト式ボールペン。同じ価格帯くらいではパイロットからコクーンというボールペンがある。

試しにツイスト式ボールペンを使ってみたいという人に「フォルティアVC」はいいかもしれない。

34gというズッシリな重量

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
フォルティアVC(ゼブラ)
重量がかなりあるのが特長。30g超のボールペンはあまり多くない。

ボディがやや太めなのは写真からも分かると思うけれど、驚きなのが重量。

なんと34.2g!

今使っているジェットストリームプライム回転繰り出し式でも30gほどなので、それよりも4gも重いことになる。

ズッシリ感を存分に味わいたい人におすすめ。

バネ入りクリップが万能

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン

サラサクリップのようなバネ入りクリップなので、クリップが固くて開けられない。などがない。

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
フォルティアVC(ゼブラ)のクリップはバネ入り

そしてクリップ上部がボディ本体内にあることで、変な引っかかりも起こらないのが嬉しい。

この構造は絶妙だなと感じた次第である。

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
フォルティアVC(ゼブラ)のノック部は、クリップの根本が裏側まで渡っている

フォルティアVC(ゼブラ)のスペック

フォルティアVC(ゼブラ)のスペックは下記。

ボールペン名称フォルティアVC
ボール径0.7mm
全長137.2mm
直径(グリップ部)12.1mm
重量34.2g
方式ツイスト式
インク油性ボールペン
メーカーゼブラ

フォルティアVC(ゼブラ)の紹介

フォルティアVC(ゼブラ)の見た目・デザインを紹介

フォトギャラリー&デザイン

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
今回紹介するのはフォルティアVC(ゼブラ)のオレンジ
塗装がメッキのようなものになっている
フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
サイドビュー
中央軸付近から緩やかに曲線を描いている
フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
ダイアナグル(ななめ)ビュー
クリップや中央軸・先端がシルバーアクセントになっている
フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
クリップ部からのビュー
ギラギラの塗装なので反射や映り込みは多い
フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
斜めのアングル
全体的に丸みがあるため優しい印象を与えることができる
フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
フォルティアVC(ゼブラ)の逆サイドビュー
フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
再び斜めからのビュー
オレンジカラーは表面がツルツルになっている
フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
デザインが1番分かりやすい真上からのビュー
少し太めなのが分かると思う

アップカット

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
フォルティアVC(ゼブラ)のペンを出したときのカット
0.7mmなのでほどよいペン先になっている
フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
クリップ裏にフォルティアVCとゼブラのロゴが入っている
フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
フォルティアVCはペン先からグリップ部にかけての曲線が緩やかで美しい
フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
フォルティアVCのクリップ部先端は丸くなっていて、クリップの根本が入り込んでいる形状。この処理に対しての指ざわりはそこそこ

フォルティアVC(ゼブラ)のリフィル

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
フォルティアVC(ゼブラ)油性ボールペンはF-0.7芯という、ちょっと変わったタイプ
品名F-0.7芯
品番BR-1B-F-BK
種類油性
価格100円
全長88.9mm
最大径5.3mm

BR-1B-F-BKというパーカータイプのような、変わったタイプのリフィルが標準仕様となっている。

替芯方法

フォルティアVC(ゼブラ)の替芯方法を紹介。

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
①本体軸とクリップ側をねじると外れる。
最初はかなりチカラが必要だった
フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
②クルクル回していると本体軸側が外れる
たまにバネが残るかも?
フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
③リフィルを外して、リフィルのみを交換
あとは逆順で戻せばOK

フォルティアVC(ゼブラ)の書き味&描線

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
フォルティアVC(ゼブラ)油性ボールペン0.7mmの描線

0.7mmの油性ボールペンなので、書き味はスラスラ書けるのは良いところ。描線はやや太め。

ジェットストリームやアクロインクと比較すると黒の濃さはあまり出ないが、一般的な油性ボールペンと思ってもらうのが1番分かりやすい。

左利きが実際に使ってみてのレビュー

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン
フォルティアVCはずっしりと重量を感じるボールペン
縦持ちよりも斜め向きに使う方が重さを分散できる

良いところ

  • 頑丈なキャップ
  • 豊富なカラーリング
  • ズッシリ重量感

前述しているように、キャップの根本が内蔵されていたり、バインダーキャップのように使いやすいのはGood。

カラーリングに関しては迷うところだが、良くも悪くもこれだけ多いと自分好みのカラーを選ぶことができるのは嬉しい。

良くないところ

  • ややチープな塗装(メッキ?)
  • ズッシリ重量感

これは購入時からちょっと思っていたことだけれど、塗装?がギラついている。
これがチープの演出に拍車をかけているようでならないのが正直感じるところ。
もう少し落ち着いたカラーだったらいいのに。

ただし、カラーによっては今回紹介するオレンジのようなメッキ塗装ではないものもあるため、チョイス時には十分にチェックしてほしい。

あとは良くも34gというズッシリ重量は一長一短。好き嫌いが相当に出る部分なので、女性受けはしそうにない。

まとめ

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン

『フォルティアVC』はツイスト式のボールペンなので、ペンを使うときにモーションがゆっくりになるので、ビジネスシーンにはオススメかもしれない。

ただし、その場合は色には注意してほしい。今回購入しているオレンジやレッドなどの明るめの色だと塗装が変に目立って、逆に印象を落としそうに感じる。

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン

太めのボールペンなので、私は苦手な部類に入ってしまうが、世の中では軸が太い4リフィル、5リフィルタイプの多機能ペンが多く販売されていることから、この意見は少数派なのだと思う。

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン

後半は若干よくないところが目立っているかもしれないが、カラーリングと利用シーンさえ間違えなければ問題ないだろう。

私として推しは、やはり『クリップ』バインダークリップのようなタイプを備えているボールペンは多くないため、好きな人にはおすすめ。

フォルティアVC(ゼブラ)ボールペン

なお、通常タイプのカラーだけでなく、限定色も多々出ているようなのでチェックして、自分好みの1色を探してみる。というのも面白いかもしれない。

▼通常カラー

▼限定カラー

タイトルとURLをコピーしました