数量限定『ルージェル/ゼブラ』はキャップ式ゲルインキボールペン

ルージェル(ゼブラ)ボールペン ボールペン
スポンサーリンク

ゼブラから数量限定で発売されているキャップ式ゲルインキボールペン「ルージェル」

公式サイトを探すもまったく情報が載っていなかったので若干困惑したが、結局面白い形だったので購入してしまった。

あとはキャップ式だったのもあって、勝手な思い込みで『油性ボールペンだろう』と思っていたら、ゲルインキボールペンだったので驚き。

そして何より嬉しいのはこのボールペンのがゼブラのJF0.5系』のリフィル(芯)であるということ。

これによってさまざまなカラーや好みのリフィルに変更することができるということである。

今回はそんな嬉しいボールペン「ルージェル」を紹介。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

ゼブラ「ルージェル」とは?

ゼブラ「ルージェル」の特徴は下記。

  • 四角いボディ
  • キャップ式ボールペン
  • コスメのようなデザイン
  • 油性とみせかけてゲルインク

転がりにくい四角いボディ

ルージェル(ゼブラ)ボールペン
ルージェル(ゼブラ)ゲルインキボールペン
四角いボディでやさしい雰囲気

緩やかな四角いボディが特長のゼブラ「ルージェル」あまり見かけないフォルムとなっている。

ちなみに四角といっても角は取れているし、コスメ道具のように手に取りやすい形が特長でもある。

あとは普通に使っていて転がりにくいのはGood。丸いとどこまでも転がっていくのが、たまイラッとくることもあるのでは。それが解消される。

珍しいキャップ式ボールペン

ルージェル(ゼブラ)ボールペン
ルージェル(ゼブラ)ゲルインキボールペン
しっかりとキャップできるタイプ
キャップがカチッと止まる

少し珍しいキャップ式のボールペン。
一応今のゼブラ公式でのゲルインキボールペンの中ではキャップ式はほぼ?展開していない模様。

数量限定なのもあるので当然かもしれないが、そういう意味では希少ともいえるのでは。

キャップ式のメリットは、使い始めにちょっと落ち着いた様相を与えることができることになり、一呼吸おく動作などで少し上品な印象になる。

コスメチックなデザイン

ルージェル(ゼブラ)ボールペン
コスメバッグに入っていても違和感の無いデザインは統一感重視の人にはおすすめ

もともとコスメやルージュ、リップスティックみたいな、がコンセプトの模様。

ただ、形をパッと見たときにそこまでそれが強い印象はなかった。

それよりも四角くてキャップって珍しいなと思って購入したのが大きい。

コスメと言われればそうかもしれないが、そういうモノから遠い男からすると、逆にレトロっぽい感じがしたのはある。

油性とみせかけてゲルインクが採用

ルージェル(ゼブラ)ボールペン

これが1番驚いたこと。

キャップ式でレトロで変わってたので、これは油性ボールペンだと思っていた。

しかしながら予想は大きくはずれ、ゲルインクだということを購入したあとに気付いた。

これには仰天した次第である。
そしてそう、嬉しい誤算でもあった。

記事のはじめにも書いているが「JF0.5系」なので相当に替芯が揃っているのが嬉しい。

超人気の『サラサグランド ビンテージ』のリフィルでも、だいたいのリフィルが交換可能なのは嬉しい。

▼サラサグランド ビンテージカラーの実際のインク色(参考)

サラサグランド-ビンテージカラー
サラサグランド ビンテージカラーはインクのラインナップが豊富

ルージェル(ゼブラ)ゲルインキボールペンのスペック

ルージェル(ゼブラ)ゲルインキボールペンのスペックは下記。

ボールペン名称ルージェル
ボール径0.5mm
全長139.0mm
直径(グリップ部)12.0mm
重量25.0g
方式キャップ式
インク水性ボールペン
メーカーゼブラ

ルージェル(ゼブラ)の紹介

ルージェル(ゼブラ)ゲルインキボールペンの見た目・デザインを紹介

フォトギャラリー&デザイン

ルージェル(ゼブラ)ボールペン
ルージェル(ゼブラ)ゲルインキボールペン
まずはキャップをした時
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
サイドビュー
キャップから本体軸まで緩やかな曲線になっている
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
ダイアナグル(ななめ)ビュー
キャップにはラメが入ったような光沢がある
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
キャップ部からのビュー
優しく美しい形
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
斜めのアングル
キャップは金具なので折れにくいのは嬉しい
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
逆サイドビュー
本体側の黒い光沢部分は指紋がつきにくい
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
再び斜めからのビュー
本体の中心部分は四角 > 丸へと形が変わっていく
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
真上からのビュー
両先端で形が絞られており、どちらからでも手に取りやすい形状

アップカット

ルージェル(ゼブラ)ボールペン
キャップのクリップ裏側にあたる部分には、ルージェル(Rougel)のロゴ入り
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
中心部分にはアクセントリングが2つ、
先端も金属素材で上品さを出している
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
本体軸の後ろにあたる部分も金属製で丸形
かわいらしい形
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
ルージェル(ゼブラ)ゲルインキボールペン
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
キャップを付けると形状上、やや景観を崩すので無理に付けなくていいと思う
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
後ろ側から見ると、景観の悪さはそこまで感じないかも

ルージェル(ゼブラ)のリフィル

ルージェル(ゼブラ)ボールペン
ルージェル(ゼブラ)ゲルインキボールペンはJF-0.5芯
品名JF-0.5芯
品番
種類ゲルインキ
価格**円
全長113.0mm
最大径6.5mm

ブログの最初にも書いているけれど、リフィルはJF-0.5芯という代表的なものに対応しているため、さまざまな替芯に対応している。
好みのカラーを自由自在に使えるのが嬉しい。

▼エナージェルインフリーやサラサグランドなどと入れ替えできる

替芯方法

ルージェル(ゼブラ)ゲルインキボールペンの替芯方法を紹介。複雑じゃないのでカンタン。

ルージェル(ゼブラ)ボールペン
①本体軸の先端部をねじると外れる
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
②しばらくクルクル回しているとネジが外れる
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
③先端部のパーツを外して中身を入れ替える
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
④リフィルを入れ替えて逆工程で戻せば交換完了
ルージェル(ゼブラ)ボールペン
※リフィル交換時に外れる部分はほぼ分からないようなデザイン

ルージェル(ゼブラ)の書き味&描線

ルージェル(ゼブラ)ボールペン
ルージェル(ゼブラ)ゲルインキボールペンの書き味

書き味や描線はサラサ系と同じ。
基本的にはゲルインクなのでスラスラ書ける。

左利きからすると可もなく不可もなく、な感じ。

ちょっとインクが付きにくくなるのを感じることがある。多分それで左利きの人はニュアンスが分かるかと。

左利きが実際に使ってみてのレビュー

ルージェル(ゼブラ)ボールペン
ルージェル(ゼブラ)ゲルインキボールペン
本体軸はキャップを外すと役12cmほどなのでやや小さめだが、これくらいが使いやすいと思う

良いところ

  • 特に気にならないデザイン
  • キャップ式
  • 程よい重さ

女性向けを謳っているものの、男女関係なく使えるデザイン。数量限定なので万人が使うわけでもない。

キャップ式なのでノックしたまま胸ポケに入れたり、筆箱に入れたりしないと思うので汚れることが少なくなる。

あとは、ほどよい重さが使っている時に『書く』ということに集中できると思う。

良くないところ

  • 落ち着いたカラー無し
  • すぐ使えない

コンセプトからきてるのもあるんだろうけれど、シックな感じのカラーは無し。あくまでそこはコスメチック。

キャップ式なので、ノック式ボールペンと比較するとアクションが多いため、筆記までの時間はかかってしまうのはネック。

でも気になるのであれば使わ(買わ)なければ良いだけなので、あまり気にするほどではないと思う。

まとめ

ルージェル(ゼブラ)ボールペン

『ルージェル(Rougel)』は公式ページにも載っていない謎のボールペンだったけれど、しっかりコンセプトもあり、凝った作りになっていたゲルインキボールペンだった。

たまたま出会ったボールペンだったけれど、本体軸がそこまで太くないので良い感じ。

ルージェル(ゼブラ)ボールペン

デザインは少しかわいめだが、若干レトロ感もあるため、そこまで抵抗を感じることはないと思われる。

言われてはじめて分かる程度。それくらいデザインの完成度は高いように伝わってくる。

ルージェル(ゼブラ)ボールペン

キャップ式でややノック式のボールペンよりはアクションが多いのでスピード感は劣るが、逆にそれがキャップ式の良いところでもある。

少しアクションはかかったとしても、その使っている姿や雰囲気で『落ち着き』を与えることができる。

何かそれだけでも得した気分があるのは自分だけだろうか。

そして何よりこのボールペンが「JF-0.5系」のリフィルが使えるということ。

最近人気のビンテージカラーなどが自由に使えるのは非常にGood!

お店で見かけたらぜひ一度手に取って、触れてみてほしいボールペン。

▼サラサの高品位ボールペン『サラサグランド』にもリフィル交換可

タイトルとURLをコピーしました