ピュアモルト・ジェットストリームインサイド多機能ペン4&1の限定軸色が数量限定で登場

ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペン ボールペン
スポンサーリンク

数あるボールペンの中でもおすすめのピュアモルトというジェットストリームを搭載している多機能ペン。

今回限定で登場したピュアモルト ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペンは以前紹介している『ピュアモルト(オークウッド・プレミアム・エディション)5機能ペン』とは名称が若干変更された模様。

そして限定軸色は0.7mmではなく、0.5mmになっていることも特長のひとつ。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが350人を突破しました。みなさまに感謝です。

ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペン(0.5mm)とは?

※リフィルとカラー以外は基本的にブラックと同じ

ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペン
ブラックのみ標準搭載されているリフィルが0.7mmとなる

ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペン・0.5mm(三菱鉛筆)の特徴は下記。

  • 「オークの森」をイメージした軸色
  • 木材(オーク材)採用のグリップ
  • 超・低摩擦ジェットストリームインク搭載

「オークの森」の原風景をイメージした限定軸色

ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペン
什器はこんな感じでそれぞれオークの森感が演出されている

『ピュアモルト』シリーズから「オークの森」の原風景をイメージした限定軸色が登場。

フォレストグリーンは深く静かな森、アースベージュは陽の当たる岩場や大地、リバーサイドブルーは明るい川辺、透明感やみずみずしさをイメージされている。

木材(オーク材)グリップの手触りの良さ

ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペン
最大の特長であるオークウッドのグリップ

ピュアモルトといえばウイスキーを想像してしまうと思うんだけれど、ボールペン業界ではその樽として使われていた木材(オーク材)が使われて軸やグリップに生まれ変わっているものを差されている。

ウイスキー樽の味わいや、木目の個体差、使い込むことによるエイジングを楽しむことができるのが人気のヒミツ。

超・低摩擦ジェットストリームインク搭載

誰もが体感しているであろう「クセになる、なめらかな書き味。」を実現した、画期的なインクを搭載し、一般的な油性ボールペンと比較して筆記速度に関わらず、低い筆記抵抗でなめらかな書き味を実現している。

▼uni(三菱鉛筆)の試験による筆記摩擦比
当社従来品(油性ボールペン)の各荷重における筆記摩擦係数を100%とした場合の『JETSTREAM』は約30~40%筆記摩擦が軽減されているため書きやすい。

詳しくは下記の記事を参考に見てほしい。ボール径ごとにレビューしている。

ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペン(0.5mm)のスペック

ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペン・0.5mm(三菱鉛筆)のスペックは下記。

ボールペン名称ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペン
型番・品番MSXE5-2005-05
ボール径0.5mm
全長140.6mm
直径(グリップ中心部)14.1mm
重量25.2g
方式サイドノック式
インクジェットストリームインク
メーカーuni(三菱鉛筆)

ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペン(0.5mm)のデザイン

限定軸カラー

リバーサイドブルー(RIVERSIDE BLUE)
明るい川辺、透明感やみずみずしさが表現されている限定軸色
フォレストグリーン(FOREST GREEN)
深く静かな森をイメージされた限定軸色
アースベージュ(EARTH BEIGE)
陽の当たる岩場や大地をイメージされた限定軸色

フォトギャラリー

同型であるピュアモルト(オークウッド・プレミアム・エディション) 5機能ペン(MSXE5-2005-07)・0.7mm(三菱鉛筆)のフォトを紹介。

ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ピュアモルト(ジェットストリーム)
全体的にブラックなので落ち着いている印象を与えてくれる
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
サイドビュー
ほぼストレートに近い形状、若干グリップ部へ向けて軸径が大きくなっている
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ピュアモルト(ジェットストリーム)の斜めビュー
ブラック仕上げのクリップは艶があるのでアクセントになっている
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ペントップからのビュー
ちょっと太めなのでストレートボディ、5本のペンを格納している本体なので当然かな・・・。
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ピュアモルト(ジェットストリーム)はブラック本体と濃いめのグリップがベストマッチ
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
サイドビュー
若干軸径が大きいので全体的には丸みがあるので優しい雰囲気を与えてくれる
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ピュアモルト(ジェットストリーム)はグリップ上部にピュアモルトの文字が入っている
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
重量が実測で24.4gあった。これは同タイプで紹介しているファイナルファンタジーⅦのクラウドバージョンよりも重い設定。

アップショット

ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ピュアモルト多機能ペン(ジェットストリーム)のグリップ逆側
ナチュラルな木目と触感は絶妙
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ペン先までしっかりとオフブラック。
シルバー製じゃないことで、より上品に仕上がっている。
本体軸のオフ処理と異なり、少しザラつきがあるのも特長。
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
スライドノックレバー式のピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン4&1
4色ボールペン+シャープと汎用性が高いのが人気の秘密
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
この品質と仕上がりには驚きを感じてしまう
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ピュアモルト多機能ペン(ジェットストリーム)の良いところはジェットストリームのロゴ刻印が一切ないこと
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ロゴはなんと2つだけ
1つ目がこの『PURE MALT』
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
2つめがクリップ付け根部
『JAPAN』が刻印されている
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ピュアモルト多機能ペン(ジェットストリーム)のロゴ下には、
艶ありのブラックリングがアクセントになっている
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
あまり使わない消しゴム
キャップ無くすのが怖いから無くていいようにも思うところ
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
キャップは空気の逃げ穴?なのかな
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ピュアモルト多機能ペン(ジェットストリーム)のボールペン利用時
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
ピュアモルト多機能ペン(ジェットストリーム)のシャーペン利用時

リフィル

ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペン(MSXE5-2005-05)・0.5mm(三菱鉛筆)のリフィルを紹介

品名SXR-80
品番SXR-80-05(0.5mm)
価格80円(税別価格)
全長87.7mm
直径約3.0mm
重量1.2g

リフィルは一般的な価格の100円なので、80円は安い。
他のジェットストリーム多色ボールペンシリーズすべてに互換性があるため、任意のボール径・インクにカスタマイズできる。

リフィル交換方法

ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
①グリップと本体軸をねじる
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
②さらにねじってグリップと本体を外す
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
③グリップ側を完全に外す
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
④リフィルを引っ張って抜き差しすればOK
カンタンですね

持ち心地

ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン

ジェットストリーム多機能ペン4&1 ピュアモルトは直径が約14.1mmほどあるため、少し太めのボディ。ここがなぁ、、、。ちょっと苦手なレフログである。

ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン
上から
①ジェットストリームプライム多機能ペン2&1
②ジェットストリーム多機能ペン2&1
③クリップオンマルチ1000
④ジェットストリーム多機能ペン4&1
⑤ピュアモルト多機能ペン
ボールペンの種類グリップの直径重さ
ジェットストリームエッジ約10.9mm約14.0g
ジェットストリームプライム多機能ペン2&1約11.0mm約26.0g
ジェットストリーム多機能ペン2&1約12.2mm約15.3g
ジェットストリーム多機能ペン4&1約13.6mm約23.6g
ピュアモルト多機能ペン約14.1mm約24.4g
ちょっと作ってみて意外だったのは、ピュアモルトが軸径?も大きいのと重量も重かったこと。
ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン

ジェットストリーム多機能ペン4&1は当然ながら5本ものペンを内蔵するため、軸が太くなる、そして重くなる。

ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペンのまとめ

良いところ

  • スタイリッシュ
  • オールマイティなペン

良くないところ

  • グリップがやや太い
  • 耐久性は気になる
ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペン

男性・女性ともに多くの人がこのジェットストリームの多機能ペン4&1を使っているシーンを見かける。

この色数とシャーペンを兼ね揃えていることが『ちょうどいい』んだと思う。

カスタマイズ性にも富んでおり、0.28mm・0.38mm・0.5mm・0.7mmとさまざまなボール径に変更することができるのも嬉しい。

ピュアモルト・ジェットストリームインサイド4&1・5機能ペン

木目やウッド加工に興味がある人は一考してみてほしいボールペン。グリップ部分のしっくり感は目を見張るものがある。

また、限定軸色は数量が限られているため価格が高騰することもあるのでコレクション要素もあるかもしれない。

とはいえ、このボールペンの良さはコレクション要素よりも何よりも、木材(オーク材)の木の触感と使い心地にあるといっていい。

ぜひその感覚を味わってもらいたいペンである。

ピュアモルト(ジェットストリーム)多機能ペン

▼2021年の限定軸カラー(0.5mm)

▼ピュアモルトプレミアム4&1 0.7mm(ブラック)

タイトルとURLをコピーしました