【ボールサインiD】自分好みの黒をサクラクレパスから選べる

ボールサインiD(サクラクレパス) ボールペン
スポンサーリンク

サクラクレパスからボールサインiDという全6色の黒インクが採用されたゲルインクボールペンが登場。

少し投入タイミングが遅かったのかも?とか思うところはあるけれど、サクラクレパスが作り込んで投入してきたのでレビュー。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが300人を突破しました。みなさまに感謝です。

ボールサインiD(サクラクレパス)とは?

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD(サクラクレパス)

ボールサインiD(サクラクレパス)の特長は下記。

  • 全6色の黒インク
  • 新感覚のiD設計
  • 2種のボール径

個性をさりげなく表現する6色の黒

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD(サクラクレパス)
絶妙に異なる黒が最大の特長

他のメーカーからもくすみカラーやビンテージカラーのカラーインクが登場しているんだけど、ボールサインiD(サクラクレパス)はかなり攻めてきている。

それは何かというと、色同士がかなり近しい色になっているということ。

ピュアブラック(黒黒)、ナイトブラック(青黒)、モカブラック(茶黒)、フォレストブラック(緑黒)、カシスブラック(赤黒)、ミステリアスブラック(紫黒)と6色が展開されているんだけど、ナイトブラック(青黒)とフォレストブラック(緑黒)以外はほぼ同じ色と思ってもらってもいいくらい。

かなり攻めたラインナップ。

手にフィットするボディ設計

ボールサインiD(サクラクレパス)

ボールサインiDの名称は “自分の色を選ぶ”=“独自性(identity)” より付けられている。

軸は6角形と丸形を組み合わせた特別な形状で、6角形の握りやすさはそのままに設計されている。

さらに角が指にあたる部分を丸くすることで、指にかかる負担を軽減させ、より自然に手にフィットするよう工夫が凝らされている。

0.4mmと0.5mmのボール径

ボールサインiD(サクラクレパス)

ボール径0.4mmがライトグレーの軸色、ボール径0.5mmがダークグレーの軸色でそれぞれ全6色展開になっている。

0.4mmは左利きだと結構引っかかりがあったり、カスレるような時があるのと、ゲルインクボールペンなので、少し描線は太めな印象。

ボールサインiD(サクラクレパス)のスペック

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD(サクラクレパス)

ボールサインiD(サクラクレパス)のスペックは下記。

ボールペン名称ボールサインiD
型番・品番239853~239969
インク色ピュアブラック
ナイトブラック
モカブラック
フォレストブラック
カシスブラック
ミステリアスブラック
ボール径0.4mm / 0.5mm
全長145.0mm
直径(グリップ中心部)約11.0mm(※本体軸 約11.0mm)
重量10.1g ※実測(リフィル付)
方式ノック式
インク単色ゲルインク
メーカーサクラクレパス

ボールサインiD(サクラクレパス)のデザイン&フォト

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD(サクラクレパス)

ボールサインiD(サクラクレパス)のフォトギャラリー。ライトグレー軸が0.4mm、ダークグレー軸が0.5mmのボディとなる。

デザイン&フォトギャラリー

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD(サクラクレパス)はストレートボディ構造
見た目はスッキリしていてシンプル
ボールサインiD(サクラクレパス)
サイドビュー
ノック部からペン先までキレイなストレート構造
ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD(サクラクレパス)の斜めビュー
凹凸は上下の平らな部分だけなので、どの角度から見てもシンプルなデザイン
ボールサインiD(サクラクレパス)
逆ななめビュー
逆サイドの斜めから見るとノック下部に文字が見えるけど、これは「ボールサインiD」の刻印となる
ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD
パッと見たときの上質感はある

アップショット

ここからはボールサインiD(サクラクレパス)のアップ写真を紹介。パッと見だけではない上質感を見定めてほしい。

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD(サクラクレパス)
手に持ってもらうと分かるんだけど、分かりにくい軸上下の水平ライン
これによって持ち方が安定する自然なフィット感が得られる
ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiDのペン先
通常の0.4mmと0.5mmでよく見るタイプ
ボールサインiD(サクラクレパス)
クリップ部は幅の広い金属製、クリップがノック部も兼ねる設計
珍しい形状タイプになっている
ボールサインiD(サクラクレパス)
クリップ上には「SAKURA」の刻印が入っている
こういうのは上品だと思う
ボールサインiD(サクラクレパス)
逆側のノック部「BallSign iD」と「ボール径」が入っている
ボールサインiD(サクラクレパス)
ノック部からのビュー
クリップ&ノック部の金属が上質感をUPさせている
ボールサインiD(サクラクレパス)
ノック部正面からのビュー
金属幅は約5.5mmほどあるのと、丸型デザインではないのでノックは比較的しやすい印象

リフィル

ボールサインiD(サクラクレパス)のリフィルを紹介。

品名ボールサインノック式用レフィル(ボールサインiD用)
品番R-GBN04#49 など
価格80円(税別価格)
全長112.0mm
直径約5.5mm
重量約2.0g
材質パイプ・先栓:PP、ペン先:ステンレス、ボール:超硬
インクゲルインク
ボールサインiD(サクラクレパス)
写真左)ボールサインiDのリフィル(約5.5mm)
写真右)サラサグランドのリフィル(約6.1mm)

ボールサインiDのリフィルは、サラサグランドやエナージェル、ユニボールワンよりもワンサイズ小さい径となっている。

これによって、ボールサインiDにはこのサイズ(約5.5mm)以下のリフィルしか使うことができない。

カスタマイズして使おうと思っている人はリフィルだけ購入して、サラサグランドやエナージェルなどの本体を使うといいだろう。

リフィル交換方法

ボールサインiD(サクラクレパス)
①ペン先をねじる
ボールサインiD(サクラクレパス)
②ペン先をしっかりと外すとペン先側にバネが、本体側にリフィルが残る
ボールサインiD(サクラクレパス)
③本体側からリフィルを外して、リフィルを入れ替えて逆手順で戻せばOK

ボールサインiD(サクラクレパス)の書き味&描線

ボールサインiD(サクラクレパス)

0.4mmは細めなので、サラサラ書ける感じはしない。左利きだとやや引っかかる感じがある。よくあるあの引っかかりだと思ってもらってよい。

逆に0.5mmはサラサラまではいかないが、普通に書いていける感じ。あまりカスれもないような印象。左利きにはこれくらいがベターである。

カラーバリエーション

ボールサインiD(サクラクレパス)の全6色を紹介。どれも結構似た色で分かりにくいけど、だからこそ他のメーカーよりも主張感が無くて使いやすい印象。

ピュアブラック(ブラック)

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD ピュアブラック 0.4mm

ナイトブラック(ブルーブラック)

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD ナイトブラック 0.4mm

ミステリアスブラック(パープルブラック)

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD ミステリアスブラック 0.4mm

モカブラック(ブラウンブラック)

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD モカブラック 0.5mm

フォレストブラック(グリーンブラック)

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD フォレストブラック 0.5mm

カシスブラック(レッドブラック)

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD カシスブラック 0.5mm

左利きが実際に使ってみてのレビュー

良いところ

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD(サクラクレパス)
Good Point
  • ストレート構造で持ちやすい
  • クリップ部が上品
  • 黒の色が絶妙

Goodポイント1
このペンの特長でもあるストレート構造と6角形と丸みが加えられ、フィット感を求めたiD設計によって持ちやすさが実現された。

Goodポイント2
ノックとクリップが一体化したデザインがスタイリッシュ。“自分の色を選ぶ”=“独自性(identity)” が再現されている。

Goodポイント3
他のメーカーの黒色と比較すると、青や緑が主張されていないことで、色が目立ちにくいため使いやすい印象。より黒っぽい感じになっている。

良くないところ

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD(サクラクレパス)
Bad Point
  • チープ感が若干ある
  • 指が滑る
  • 継ぎ目が気になる時がある

Badポイント1
写真でも分かる通り、ペン先に筋が入っていたり、ねじられたような歪みがあったりするものがある。

200円というコストで作られているが故なのかもしれないけど、ちょっと残念感があることは否めない。

Badポイント2
これは写真だけでは伝えづらい部分になるんだけど、ボディがサラサラな感じになっている。そのため、指が乾燥しているとツルツル滑ってしまう。

Badポイント3
ペン先付近を手に持って字を書く人は、ペン先の継ぎ目部分が本体軸と異なるため、指の平に違和を感じるかもしれない。

↓こういう風にペンを持つ人は注意

ボールサインiD(サクラクレパス)

まとめ(ボールサインiD)

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD・サクラクレパス(単色ボールペン)

左利きだと文句なしに0.5mmをおすすめする。0.4mmだとインクがのらないのと、線がカスレることがあるので注意してほしい。

それでも細い方がいいならぜんぜん選んでいいと思う。右利きの人はどちらでも問題ないと思う。

ボールサインiD(サクラクレパス)
ボールサインiD(サクラクレパス)はやや上部に重心がある

デザインに関してはサクラクレパスがいい感じで作り込んでくれているけど、ややチープ感があることはいなめない。

200円だからといいたくなるかもしれないけど、同じ価格帯ならエナージェル インフリーなどもある。

ボールサインiD(サクラクレパス)

色はピュアブラック以外がいいと思う。暖色が好きならモカブラックやカシスブラック、寒色好きならナイトブラック。レフログ的にはフォレストブラックがいい具合の緑と黒を出してくれると感じている。

あとはリフィル紹介時にちょっと書いているけれど、リフィル(芯)だけ購入して今気に入っている軸に使用するのもいいかもしれない。

▼ボールサインiD(単色ゲルインクボールペン)

タイトルとURLをコピーしました