【uni メタルケース】フルメタル製シャープ替芯をレビュー

uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆 シャーペン
スポンサーリンク

ただただカッコイイ、そんなフルメタルケース。
シャープ替芯といえば半透明だったり白かったり、黒かったりというのが多いと思うけど、uniからステンレス製のシャープ替芯 uni メタルケース』が登場したのでレビュー。

レフログです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが900人突破。みなさまに感謝です。

シャープ替芯 uni メタルケースとは?

uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
シャープ替芯 uni(ユニ)メタルケース・UL-SM-0.3、UL-SM-0.5

シャープペンシル業界では最近、機能性や素材にこだわられた高価格帯商品が人気なんだとか。持ち物に一味違うエッセンスを取り入れたいユーザーに向けて登場したのが、このuni メタルケース

シャープ替芯 uni メタルケースの特長

ステンレス製のフルメタルケース

uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
シャープ替芯 uni(ユニ)メタルケース

シャープ替芯 uni(ユニ)のスライド式が踏襲され、ステンレス素材のメタルパーツだけで組み上げられたフルメタル製のケース。ステンレス製、メタルパーツだけ、ただそれだけなのになんでこんなにもカッコイイのだろう。

研ぎ澄まされたミニマルデザイン

uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
360度すべてがステンレス製のuniメタルケース

既存 シャープ替芯 uni のデザインコンセプトをいかしつつ、さらに無駄な要素をここまで削ぎ落とされている。普通なら芯径や硬度表示を入れるんだけど、uniのロゴ印字のみという驚愕のデザインに。メタル素材を最大限にいかしたスタイリッシュがクール。

シャープ替芯 uni メタルケースのスペック

uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
シャープ替芯 uni(ユニ)メタルケース・UL-SM-0.3、UL-SM-0.5

シャープ替芯 uni(ユニ)メタルケースのスペックは下記。

商品名シャープ替芯 uni(ユニ) メタルケース
品名UL-SM-0.3
UL-SM-0.5
芯径/入数0.3mm/約25本
0.5mm/約40本
硬度HB
材質ステンレス
重量19.5g(※実測)
サイズ縦幅:67.5mm弱
横幅:20.0mm
高さ:7.0mm

シャープ替芯 uni メタルケースのフォト

パッケージ

uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
シャープ替芯 uni メタルケースのパッケージは紙製
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
裏面には使用方法と注意書きが書かれている
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
ざっくり説明すると大きく2つで、1つめはケースの向きに気をつけて開けてね。2つめはスプリング内蔵のため、ケースの円部分を軽く押して開けてね。
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
パッケージ裏の下部には、替芯の詰め替えについて書かれてある。
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
パッケージサイドには三菱鉛筆の住所と製品名
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
もう片方には汚れの定義について書かれてある。
uniの解釈では『筆記後の擦過による芯粉の広がりを紙面の汚れ』と定義している。
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
パッケージから出すとuniメタルケースは白い紙型で固定されている
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
メタルケースを取り出すとますますメタル感が出てくる
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
ステンレス製でありながら、こんなにも精密に設計できることこそがuniの真骨頂
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
シャープ替芯 uni メタルケース
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
重量は、このメタルケースのみで19.5g、替芯を入れるともう少し重くなる

メタルケース本体

uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
縦幅は約6.7~8cm程度
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
シャープ替芯 uni(ユニ)メタルケース・UL-SM-0.3、UL-SM-0.5
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
uni メタルケースの裏側にはJAPANの刻印入り

uni メタルケースを軽く1段階開けた状態

ここからは本体をいろいろな角度から見てもらえればと。

uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
シャープ替芯 uni(ユニ)メタルケース・UL-SM-0.3、UL-SM-0.5
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
丸い部分を少し下げると自動的にパカッと開く仕様
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
横から
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
この状態だとシャープ芯を取り出すのは難しめ
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
シャープ替芯 uni(ユニ)メタルケース・UL-SM-0.3、UL-SM-0.5
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
パッケージの裏面に書いてあるんだけど、0.5芯は約40本入っている。
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
いっぱいまで入れると100本は余裕ではいる感じ
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
フルメタルなので佇まいGood
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
左右に丸が3つずつ並んでいるんだけど、これは後ほど少し見えるスライド用の引っ掛かりの部分になる
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
0.3芯用もまったく一緒の仕様になる
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
シャープ替芯 uni(ユニ)メタルケース・UL-SM-0.3、UL-SM-0.5
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
uniだけのロゴ入りなので、いろんなものを邪魔しないのが嬉しい

uni メタルケースを最大までスライドした状態

uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
開けると下がる部分(写真右側)は片手ではここまでしか下がらない
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
ここまで開くとシャープ芯を掴みやすい感じになる
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
なんだか見ているだけでも絵になるという感じ
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
取り出し側からだとこんな感じ
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
逆サイドの斜めから
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
横からだとここまでスライドできる感じに
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
uni メタルケースを少しアップで
uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
誰かも書いていたけど、ボールペン芯はギリギリのところ入り切らない感じになっている、これは残念

まとめ・シャープ替芯 uni メタルケース

uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
uni メタルケースと通常のシャープ替芯ケース

新しいタイプのシャープ替芯uniを持っていないので、ガチ比較ができないけど、普通タイプのケースと比べると、どれだけミニマムになっているか分かると思う。

あとは何と言ってもこのメタル感とシンプルを貫いているデザインは、このシャープ替芯 uni メタルケースでしか味わえないものとなっている。

uni メタルケース(METAL CASE)三菱鉛筆
シャープ替芯 uni(ユニ)メタルケース・UL-SM-0.3、UL-SM-0.5

それだけなんだけど、満足度の高いアイテムである。
注)あくまでレフログにとって

しかし難点もあって、異なる芯径を使っている人がそれぞれ持とうとすると芯表示がないため、パッとどっちか分からなくなることは必至。

あとは金属製なので細いかすり傷が気になるところだけど、ステンレス製のためサビたりしないのは良いのではないだろうか。

筆箱(ペンケース)を彩ってくれることは間違いなく、デスクのオブジェとしても存在感を出してくれるアイテムである、シャープ替芯 uni メタルケース。金属好きな人も一度現物は見てみてほしいものである。

▼シャープ替芯 uniメタルケース

▼シャープ替芯 uni

▼uni シャープ替芯 詰替用

タイトルとURLをコピーしました