クルトガダイブ継続品 第4弾オーロラパープルをレビュー

クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆) シャーペン
スポンサーリンク

少し前に『クルトガダイブ第4弾』であるパープルが発売されるという情報をキャッチ。実を言うところ今回は入手難しいかなと思っていたんだけど、たまたま発売日が休みだったこともあり、文具店を駆け回って何とかクルトガダイブのオーロラパープルを入手できたのでレビューしていく。

ちなみ今回のオーロラパープルもクルトガダイブとしては継続品に当たるようなので、今回手に入れることができなかったとしても今後継続して販売はされる商品に位置する。

クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
クルトガダイブ継続品 第4弾オーロラパープル

いつ入荷されるかは分からないけれど、気長に再入荷を待つという手もあるので無理に某フリマサイトで高値購入しなくても良いというのはあるのは覚えておいてほしい。

▼クルトガダイブ 第3弾レビュー

▼クルトガダイブ 第2弾レビュー

▼クルトガダイブ 初代レビュー

レフログです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが1000人突破。みなさまに感謝です。

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)とは?

uni(三菱鉛筆)から突如登場した5500円という高価なクルトガの最上位シャープペンシル。

第1弾が2022年2月に登場したんだけれど、あまりの人気に一気に店頭から消え去ったシャープペンシルでもある。

そんな大人気のシャープペンシルの第2弾が同年11月に登場し、継続品として第3弾が2023年3月に登場、そして第4弾として偏光塗装を纏ったオーロラパープルが継続品として発売された。

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE) uni・三菱鉛筆

クルトガダイブ・uni公式サイト
https://www.mpuni.co.jp/special/kurutogadive/

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE) の特長は下記。

  • 自動芯繰り出し
  • キャップ式
  • 変わった形 などなど

詳しくは第1弾(初代)のクルトガダイブの紹介記事を見てほしい。

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)第4弾オーロラパープルのスペック

クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
クルトガダイブ継続品 第4弾オーロラパープル

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE) 継続品(第4弾)のスペックは下記。

シャープペンシル名称クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)継続品
型番・品番M5-5000 1P T.4
芯径0.5mm
全長(収納時)147.0mm
全長(キャップレス時)142.0mm
直径(グリップ中心部)11.0mm
重量(キャップレス時)14.1g ※実測
重量(キャップレス時)19.1g ※実測
方式オートマチック&ノック式
メーカーuni(三菱鉛筆)

▼クルトガダイブ

▼クルトガKSモデル

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)の第4弾オーロラパープルと他シリーズの違い

第4弾も自己修復コーティングがない

第4弾と初代(第1弾)の異なる点を紹介。

自己修復コーティングというロマンが詰まった塗装に惹かれる人もいるとは思うが、第4弾もサイト等で言及されていないことから搭載されていない。

写真左)クルトガダイブ第1弾 グランブルー
写真右)クルトガダイブ第4弾 オーロラパープル

以前紹介している第3弾と同じく、クルトガダイブの表面がガタガタになっていることが確認できる。これに対して初代の美しいこと…。

おそらく自己修復塗装は今後使われることはないと思う。

※注意事項
自己修復とはいっても『すり傷がつきにくい。』という表現をメーカーもしており、大きく傷が入ったり、深い傷が完全に復活したりして直るわけではないのであしからず。

シリーズ初の偏光塗装

uni曰く『神秘的なオーロラが浮かぶ夜空を表現』とある。色の変わり具合はX(ツイッター)に動画をアップしているので確認してほしい。

見る角度によって鮮やかな色から深みのある色に見え方が変化すると言われているけど、思ったよりは色が深い感じ。学校や会社で窓際からの自然光を直接当てられる人には楽しいかもしれない。

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)第4弾オーロラパープルのデザイン

クルトガダイブ第4弾オーロラパープルは偏光塗装と写真の相性が悪くて、できる限り目で見たときのような色味にはしているけど、実際の色はもっと緻密で繊細なパープル⇔ブラックを行き来する感じになる。

フォトギャラリー

クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
クルトガダイブ継続品 第4弾オーロラパープル
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
クルトガエンジン窓付近にはクルトガエンジンの表示
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
光の角度にもよるんだけど、本体下がオーロラっぽく鮮やかな色の変化を愉しむことができる。以降も同じような場合があるので見てみてほしい
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
クルトガダイブ オーロラパープルの偏光塗装によるもの?なのかもしれないけど、見る角度によっては一気にパープル加減がなくなる
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
ちょっと角度を変えるとパープルが現れてくるので驚きである
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
パープルなはずが角度によってはこんなにブラックな感じに様相を変化させてくれる
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
クルトガダイブ継続品 第4弾オーロラパープル
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
斜めからのカット
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
真上からのカットなんだけど、こんなに黒くなる?って感じでビビる
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
光が当たっているところと少し弱くなったときの色の変化が激しいのが偏光塗装のオーロラパープル
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
クルトガダイブ継続品 第4弾オーロラパープル
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
キャップには少し穴が空いてるんだけど、おそらく空気を逃がす穴なのかなと思っている
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
キャップを外したときのクルトガダイブ
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
賛否あると思うけど、レフログ的にはこのずんぐりむっくりなところがもう少しスリムにならないかなぁ…とは思っている
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
みなさんはこの形状にどのような想いを馳せるのだろうか
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
キャップレス時のクルトガダイブ
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
黒っぽいシャープペンシルが好きな人には良いのかも、と撮りながら思ったのでした
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
ノックする部分には「JAPAN」の刻印入り
国産というだけで何か嬉しいのはレフログだけかも
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
クルトガダイブにキャップを付けるとこんな感じ
凸凹加減が好きな人、苦手な人、いろんな人がいると思う
クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
角度によってこんなに変わる?という感じ

クルトガダイブ(KURUTOGA DIVE)第4弾オーロラパープルのまとめ

クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
クルトガダイブ継続品 第4弾オーロラパープル

クルトガダイブをレビューするときに毎回言ってることではあるんだけど、機構のすごさがあることは分かるんだけど、定価の倍以上の金額を出すのはどうかと思っている。

そして人それぞれではあると思うんだけど、機構はすごくても洗練されたデザインか?と言われると正直もっとカッコよくてもいいのではと思ってしまう。

クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
クルトガダイブ継続品 第4弾オーロラパープル

それなのに某フリマや某オークションサイトで高騰してしまっているのは需要と供給のバランスが合っていないからとしか言いようがない。

レフログとしてはいっそのこと完全受注生産にでもしてしまえばいいんじゃないかと思っている。それなら定価である5,500円で欲しい人が欲しいだけ購入できるわけである。

クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
クルトガダイブ継続品 第4弾オーロラパープル

当然納品まで時間はかかってしまうのは分かるけど、このクルトガダイブを手にしたい人であればそれくらい待てると思っている。

この方法でなくても良いので、ぜひメーカーさんには転売や価格高騰が起こっている現実を受け止めてそれが起こらないような工夫や施策はとってほしいものである。

クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
左)クルトガダイブ第4弾 オーロラパープル
右)クルトガダイブ第3弾 デンスグリーン

これだけ欲しい人がいるので今回のクルトガダイブ第4弾オーロラパープルを継続品として増やしてくれたのは嬉しい。

あとはそれに値する生産量をどれだけ上げてくれるかどうかは完全にメーカーさん次第。今回パープル好きな人が手に入れることができなかったとしても、継続品のためタイミングが合えばゲットできる日がくる。

できれば高値では購入してほしくないと思う次第である。

クルトガダイブ第4弾オーロラパープル - uni(三菱鉛筆)
クルトガダイブ継続品 第4弾オーロラパープル

▼クルトガダイブ

▼クルトガKSモデル

タイトルとURLをコピーしました