【KME-MPP402GB-1P】コクヨMEシリーズのシャープペンシルは6角ラバーグリップがGood

KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P シャーペン
スポンサーリンク

KOKUYO(コクヨ)といえば鉛筆シャープなんだけれど、その鉛筆を模したかのようなシャープペンシルがいくつか登場している。

今回はその中でも最近シリーズ化されている、KOKUYO MEのシャープペンシル『KME-MPP402GB-1P

何かないかな~、と思っていたときに目にとまったシャープペンシルを紹介。

▼とても人気の鉛筆シャープ

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが350人を突破しました。みなさまに感謝です。

KOKUYO MEとは?

KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P

KOKUYO 公式サイトより
https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/me/

Life Accessories
「あなたを今より、私らしく」をテーマに考えられているKOKUYOの文具シリーズ。
よりおしゃれに、より個性を出せるさまざまなアクセサリーが揃っている。

KME-MPP402GB-1P(SMOKY SKY)

KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
KME-MPP402GB-1P(KOKUYO ME)Mechanical Pencil

鉛筆のようになめらかに
書けるシャープペンシル

KME-MPP402GB-1P(KOKUYO ME)Mechanical Pencilの特長は下記。

  • 太めデザイン
  • 回転くり出し消しゴム
  • 6角ラバーグリップ

少し太めのデザイン

KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
直径約11mmと少し太めのデザイン。本体はプラスチック素材。

全体的に少し太めのデザインになっているKME-MPP402GB-1P。名前をどうにか作ってくれてたら良かったのにと思ってしまう。

回転くり出し軽ゴム

KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
ノック部が消しゴムになっている。1番手前のつまみを回すと消しゴムが出てくる。

ノック部が消しゴムになっているものはあるけれど、むき出しになっているのは珍しい。

KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
伸ばし切ると約14mmくらいになる

鉛筆のような6角ラバーグリップ

KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
KME-MPP402GB-1P(KOKUYO ME)Mechanical Pencil

鉛筆のようになめらかに書けるシャープペンシル」のキャッチがあるんだけれど、そのキャッチを実現しているのがこのグリップ部の6角ラバーグリップであろう。

ちょっと大きめラバーが使いやすい、書きやすいを手助けてしてくれているのだと思う。

KME-MPP402GB-1Pのスペック

KME-MPP402GB-1P(KOKUYO ME)Mechanical Pencil のスペックは下記。

ボールペン名称KME-MPP402-1P(KOKUYO ME)
型番・品番KME-MPP402GB-1P
KME-MPP402RP-1P
KME-MPP402DV-1P
KME-MPP402YG-1P
KME-MPP402W-1P
KME-MPP402DM-1P
ボール径0.7mm
全長143.0mm
直径(グリップ中心部)11.0mm
重量12.6g
方式ノック式
グリップラバーグリップ
メーカーコクヨ

KME-MPP402GB-1Pのデザイン

フォトギャラリー

KME-MPP402GB-1P(KOKUYO ME)Mechanical Pencil のフォトを紹介。

KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
KME-MPP402GB-1P(KOKUYO ME)Mechanical Pencil
ちょっとカワイイ感じのシャープペンシル
KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
サイドビュー
ボディはストレートなんだけれど、クリップ形状などがちょっと変わっているかも
KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
KME-MPP402GB-1P(KOKUYO ME)Mechanical Pencil
真上からのビュー
KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
逆サイドビュー
左利きなのでロゴ印字を見たい場合はこのカットに。クリップは上に向くように握らないと持ちにくくなる
KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
回転くり出し消しゴムをめいっぱい出すとこれくらいの長さになる

アップショット

KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
グリップ部分はやや大きめ、溝(スリット)が入って少しずつ狭まっていることで指にうまく引っかかってくれる。滑りにくくするための工夫が成されている
KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
ロゴ印字部分はシンプルめ。0.7mmなので少し芯も太めなのがKOKUYO MEのKME-MPP402GB-1Pシャープペンシル。
KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
クリップ部は途中で折れ曲がっているという珍しい形状。
KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
プラスチック素材のクリップではないので折れにくいのはGOOD。角もかなり取れているのも相まって質感もよく感じる。
KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
芯先を出すとこのような感じに。ちゃんと作り込まれている感が出ているのもポイント。
KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
横から見るとこんな感じになる。
KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
握りやすさと書きやすさを実現している6角形のラバーグリップ

KME-MPP402GB-1Pのまとめ

KME-MPP402GB-1P(KOKUYO ME)Mechanical Pencil を使ってみての感想。

KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
KME-MPP402GB-1P(KOKUYO ME)Mechanical Pencil

実際に使ってみての感想だけれど、軽いのと少し太いので握りやすくて書きやすい印象。

シャープペンシル自体の色は少しくすみカラーなので、デスクの上でめちゃくちゃ目立つような感じではないと思う。

KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
KME-MPP402GB-1P(KOKUYO ME)Mechanical Pencil

いい感じといえばいい感じなんだけれど、気になるところは回転くり出し消しゴムの部分。

一見一緒になっていて『出せるよ』というのは分かるんだけれど、これが結構使いづらい。

①指が大きいとねじる部分が薄くて回しにくい。
②ノック時に指ざわりが気になる

KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
KME-MPP402GB-1P(KOKUYO ME)Mechanical Pencil

①については通常消しゴムは別のを使うだろうからいいとして、問題は②。気になるというか、これはちょっと使いたくない。消しゴムを一度でも使ってしまったらなおさら。この部分は注意してほしい。

KOKUYO ME シャープペンシル KME-MPP402-1P
KME-MPP402GB-1P(KOKUYO ME)Mechanical Pencil

KOKUYO MEは他にもたくさんアクセサリー(筆記具)が出ているのでチェックしてみてほしい。

▼KME-MPP402GB-1P(KOKUYO ME)Mechanical Pencil

▼KOKUYO ME ソフトリングノート・A5サイズ

▼KOKUYO ME フラットポーチ ペンケース KME-LFPH103YG

▼KOKUYO ME テープのり [全6色] 10-KME-TGDM4500

▼KOKUYO ME ボールペン 0.5mm

▼KOKUYO ME ノートふせん 方眼 [全6色] 10-KME-FNT1S3

タイトルとURLをコピーしました