【鉛筆シャープ】白色がおすすめ、鉛筆のようなシャープペンシル

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ) ガジェット
スポンサーリンク

最近シャーペンの購入が続いているんだけど『ほしい』と思うものがシャーペンに続いてるというのが大きい。

今回は鉛筆のようにシンプルなシャープペンシル
鉛筆シャープ』の限定セット+1.3mm赤軸(PS-PER113-1P)をレビュー。

最初から言っておくと、鉛筆のような持ち味(フィット感)があるシャープペンシルなので、鉛筆のような書き味があるわけではないので、その点は間違えないでおいてほしい。

鉛筆シャープ(enpitsu sharp)とは?

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
今回は鉛筆シャープの5種の芯径と限定デザインのプラスチック消しゴム「リサーレ」を缶ペンケースに詰めたスペシャルセットを紹介する(※数量限定)

鉛筆シャープ(enpitsu sharp・コクヨ)・限定セットの特長は下記。

あらゆるものが徹底的に削ぎ落とされているというのが、この鉛筆シャープの最大の魅力であろう。

  • 超シンプルデザイン
  • シャー芯スピードイン構造
  • 超軽量設計

鉛筆のような超シンプルデザイン

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
鉛筆シャープ・レッド 1.3mm(PS-PER113-1P)

似たようなデザインで、Campus Junior Pencilというシャープペンシルがあるのも知らなかったんだけど、見てもらうと分かるように超シンプルなデザイン。

超スピードでシャー芯を入れられる構造

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
鉛筆シャープはノックの穴があいたところからシャーペンの芯を入れるようになっている。常に開放状態なので、なくなったらすぐに補充できる。

普通ならペントップに搭載されている消しゴムが削ぎ落とされている。そのためシャー芯は無くなったら1本だけ入れるというシンプルな構造に。各芯径で色が違うのがオシャレ。
※説明書には3本以上いれないでと書いてある

超軽量設計なので超軽いシャーペン

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
手前)三菱鉛筆・Hi uni(ハイユニ)B
奥)鉛筆シャープ(enpitsu sharp) 0.5mm

見た目以上に驚いているのは重さではなく、この軽さ。なんと約5gという超軽量設計

三菱鉛筆   → 4.4g
鉛筆シャープ → 5.7g

実際に鉛筆と比較しても、約1gしか変わらない。
ここまで実際の鉛筆に近づけているのは、あらゆるものを削いだ結果であり、そのためなら何でも削いでいいプロジェクトなのかなとも思わさせられる。

ある意味コクヨの本気を感じる。そんなシャープペンシルである。

ただ、後述もするけど、軽すぎる分どうしてもチープさは拭えない。これはその代償であるといってもいいだろう。

鉛筆シャープ(enpitsu sharp)のスペック

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)

鉛筆シャープ・enpitsu sharp(コクヨ)のスペックは下記。

シャープペンシル名称鉛筆シャープ
品番PS-PE103D-1P・PS-PE103W-1P・PS-PE105D-1P・PS-PE105W-1P・PS-PE107D-1P・PS-PE107W-1P・PS-PE109D-1P・PS-PE109W-1P・PS-PE113D-1P・PS-PE113W-1P・PS-PER113-1P
価格1,80円(税抜)
カラーバリエーションブラック、ホワイト
シャー芯径0.3mm~1.3mm
全長約145.0mm
直径(グリップ付近)約8.0mm
重量約5.7g
方式ノック式
メーカーコクヨ(KOKUYO)

鉛筆シャープ(enpitsu sharp・コクヨ)のフォトギャラリー&デザイン

鉛筆シャープ・スペシャルセット(enpitsu sharp・コクヨ)の見た目・デザインを紹介。

スペシャルセット・デザイン

今回紹介するのはペンケースと消しゴムがセットになった数量限定スペシャルセット。

カラーバリエーションはブラックとホワイトがあるんだけど、選んだのはホワイト。理由は後述する。

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
鉛筆シャープの限定セットのペンケースはオフ仕上げなので艶がなくてクール
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
限定セットはビニールに包まれて販売されている
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
ペンケース下側にうっすら入っている「enpitsu sharp」のロゴがカッコイイ
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
ペンケースを開けると0.3~1.3mmまで、5種の芯径の「鉛筆シャープ」と、プラスチック消しゴム「リサーレ」(限定デザイン)がお目見え
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
内装されている説明書を裏返すと特殊な印刷加工が施されており、鉛筆シャープのシルエットが描かれてある
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
鉛筆シャープの説明書1
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
鉛筆シャープの説明書2
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
鉛筆シャープ(enpitsu sharp・コクヨ)
中身もシンプルに並べられている
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
消しゴムのリサーレも限定デザインの六角仕様
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
本当に鉛筆が並べられている感じになっている
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
ペンケース内で鉛筆シャープを支えているのは薄いプラスチック素材
ここについては高級感は無いと思ってもらってよい

フォルム・デザイン

鉛筆シャープ(enpitsu sharp・コクヨ)のデザイン。

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
鉛筆シャープ(enpitsu sharp)斜めビュー
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
超シンプルな直線ボディライン
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
鉛筆シャープ(enpitsu sharp)サイドビュー
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
美しい鉛筆デザイン
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
ノック下ビュー
六角デザインは陰影がキレイに出るのがGood

アップカット

鉛筆シャープ(enpitsu sharp・コクヨ)のアップカット。

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
鉛筆シャープ 写真奥から0.3mm~1.3mm
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
少しずつ芯径が異なるのでペン先もデザインが違う
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
実際にペン先を出すと違いが分かりやすい
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
この角度からだとさらに違いを見られる
こういうのが文房具の良さを感じられる瞬間
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
鉛筆シャープのノック部は色の違い以外には無い
ちなみにこの色とシャー芯ケースの色が同じ仕様という面白さ
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
赤芯だけキャップが反転しているという面白さ
ちなみに0.9mmのキャップが赤
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
ペン先を鉛筆削りで削ったかのように、表面が少しザラついているのもこのシャーペンの特長でもある
鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
ノックすると芯先が現れる
この動作に関しては一般的なシャープペンシルと同じ

鉛筆シャープ(enpitsu sharp・コクヨ)のまとめ

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
鉛筆シャープ(enpitsu sharp・コクヨ)
スペシャルセット+赤軸

鉛筆シャープ(enpitsu sharp・コクヨ)を使ってみての感想。

よいところ

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
  • 鉛筆を上手く再現
  • 超軽量設計
  • シンプル・イズ・ベスト
  • 短くならない

鉛筆シャープは”鉛筆”を上手く再現している。しかしサイズ感は異なるので、まったく別物だと思ってもらいたい。

普通のシャープペンシルやオレンズネロで約15gくらいなのに対して、鉛筆シャープは約5gほどと1/3の軽さにはまず驚く。これには物足りない感を感じるかも。

シンプルを追い求められているこのペンは、あらゆるものが削ぎ落とされている。

この潔さは昨今機能が充実されてきているペンとは間違いなく逆光しているが、そのせいか、本当に良いものってなんだろう?と考えさせられる。

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)

そしてこのペンの良いところは鉛筆だと書いていると必ず短くなるが、それが起こらないのはGoodポイント。

よくないところ

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
  • サイズ感は異なる
  • 指が滑る
  • 質感がチープ(特に黒は目立つ)

実際の鉛筆と鉛筆シャープを比較すると、新品の鉛筆が3cmほど長い。

鉛筆”のような”シャープペンシルなので鉛筆と”同じ”シャープペンシルではない。

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)

いろんなものを削いだ代償だと思うが、プラスチック製のため指が滑る。

表面加工もそれっぽくしているけど、やはり本物のようなクリア加工でもないため、鉛筆ならではの木軸感はまったく感じることが無い。

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)

そしてこれが1番痛いところだが、価格が180円だから言うなというかもしれないが、チープ感は否めない。

ホワイトはまだいいとして、ブラック軸のチープ感がハンパない。これにはちょっと残念感を受けると思う。

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
サンプルで置いてあったブラック軸
どうかホワイトもサンプルに出してくれますようにと思う

公式サイトではブラックがカッコイイ感じで紹介されているけど、実物は思った以上にテカテカの反射しまくる感じ。

ホワイトも表面加工は同じだと思うんだけど、テカテカ感は色の影響で抑えられているので軽減されている。

そしてこれは使い出すと分かることなんだけど、指紋もバッチリ残る。ホワイトでこれだけなので、ブラックを想像すると・・・。

まとめ

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)

ブログの1番最初に書いているけど、この鉛筆シャープには鉛筆のような書き味は無い

各芯径の鉛筆シャープを使い分けることで、鉛筆で書いているときの芯の削れ具合に近い状態で書けるという表現がいいのではと思う。

そこを勘違いしないように注意してほしい。

公式では『鉛筆の多様な筆記線を芯径で表現』とは書かれてあるが、どこにも”鉛筆のように書ける”ということは書かれていない。

鉛筆には鉛筆にしかない筆記感や良さがあり、それとシャープペンシルの筆記感はまったく別物である。

鉛筆シャープ・限定セット(コクヨ)
鉛筆シャープ・赤芯の消し具合はこんな感じ
ちゃんとは消しきれない

そういうのをおさえた上でも、鉛筆シャープが面白いのは、必要に合わせて芯径をチョイスできることだと思う。

イラストや子どもとの絵を描いたりするのに使えるかなと思ったのが大きく、さっそくこれで遊んでいる。

あとはなかなか普段使うシーンが無いと思うのがシャープペンシル1.3mmの面白さ。ステッドラーでは2mmをおすすめされることがあるのだが、それっぽいのを使えたのは嬉しい瞬間。

限定セットはセット価格なので割高だけど、1本が200円しないことを考えるとそろえたくなってしまうと思う。

気になっている人は、1度文房具店で試し書きしてみてほしい。※それなりのチープ感は覚悟しておいて

▼鉛筆シャープ(enpitsu sharp)

▼Campus Junior Pencil(キャンパスジュニアペンシル)

タイトルとURLをコピーしました