業界初【ケセラメ】消せるラメという新しいジャンルを切り開いたパイロット

ケセラメ(KeseLame) ボールペン
スポンサーリンク

フリクション」じゃん、というのはおそらくこのボールペンにはNGになるのではないかと思う。そんなラメラメの消せるボールペン【ケセラメ】が登場した。

この前紹介した「ハイブリッド デュアル メタリック」にはない『ラメが消せる』という最大の能力を携えてやってきたラメボールペンをレビューする。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

ケセラメとは?

ケセラメ(KeseLame)
消せるラメボールペン『ケセラメ(KeseLame)』の6色セットはパッケージに入っている

ケセラメ(KeseLame)とは、パイロットから新登場した”消せるラメボールペン”

普通に考えたら『ラメ』は消せないんだけど、フリクションの「消せる技術」と、特殊顔料(ラメ)が組み合わせられた商品。

新たに開発されたケセラメ専用の消去用ラバーによって「ラメを消す」ことができる。フリクションと違って”消しカス”が出るのも特長である。

ケセラメ(KeseLame)
パッケージ裏には色の紹介と、各ラメ・顔料が書かれてある

ケセラメ(KeseLamé・パイロット)の特長は下記の3つ。

  • 書きやすいラメペン
  • ブラックノートにも書ける
  • 消せるラメペン

フリクションを継承した書きやすいラメ

ケセラメ(KeseLame)
消せるラメボールペン『ケセラメ(KeseLame)』

フリクションボールノックと同じ形状のケセラメ。消せるのに書きやすいのは良いポイント。ユニボールRE3と比べると比べるのが失礼になるくらい書きやすい。
※左利き限定の可能性あり

ブラックノートにもしっかり書ける

ケセラメ(KeseLame)
ブラックノートに書いてみたら、普通にケセラメでも書けた

乾くまでは少し色が出ないんだけど、乾くにつれて徐々に色が濃くなってくるので、普通に書ける。面白い!

ラメが消せるボールペン

ケセラメ(KeseLame)

このペンの真骨頂。『消せる』という能力。
「ラ」を消してみたんだけど、本当に消えるのがこれを見てもらうと分かると思う。

あとラメ感も結構あるのが、このケセラメの特長。

ケセラメ・KeseLame(パイロット)のスペック

ケセラメ(KeseLame)

ケセラメ・KeseLame(パイロット)のスペックは下記。

ボールペン名称ケセラメ・KeseLame
カラーラメゴールド・ラメシルバー・ラメピンク・ラメグリーン・ラメブルー・ラメバイオレット
価格230円
ボール径0.7mm
全長146.0mm
直径(グリップ中心部)約11.0mm
重量**g
方式スライドノック式
インクパール+ラメ顔料インキ
メーカーパイロット

ケセラメ・KeseLame(パイロット)のデザイン

ケセラメ(KeseLame)

ケセラメ・KeseLame(パイロット)の見た目・デザインを紹介。

フォトギャラリー

ケセラメ(KeseLame)
ケセラメは6色セットだとしっかりしたパッケージに入っているのがGood
ケセラメ(KeseLame)
デザインはラメっぽくキラキラに仕上げてある
ケセラメ(KeseLame)
ペン先からグリップにかけてはフリクションボールノックと同じ感じなので、ほぼフリクションを使っているような感覚になると思う
ケセラメ(KeseLame)
ケセラメ・KeseLame(パイロット)のペン先
ケセラメ(KeseLame)
ペン先を収納しているときのサイドビュー
ケセラメ(KeseLame)
ペン先を出したときのサイドビュー
ケセラメ(KeseLame)
ケセラメ・KeseLame(パイロット)ノック部拡大
ペン先収納時
ケセラメ(KeseLame)
ノック部拡大 ペン先を出したとき
少しノック部が下に下がる
ケセラメ(KeseLame)
ペン先を出すとこんな形状になっている
0.7mmなので結構書きやすい
ケセラメ(KeseLame)
ボディほぼ中央部にパイロットのロゴとケセラメ(KeseLame)の文字が入っている
ケセラメ(KeseLame)
中央部裏側には使い方が丁寧に表示されている
1行目にもあるんだけど『消去時に消しカスが出る』のがフリクションと異なる点である
ケセラメ(KeseLame)
ラメを消すために開発された、ケセラメの消去ラバー
若干フリクションより柔らかく、消したときに消しカスがでるのが特長

カラーバリエーション

ケセラメ(KeseLame)

ここからはケセラメ・KeseLame(パイロット)をカラー別に紹介。結構名前は凝ってないのが逆にいいかもと思う。

ラメゴールド(LKKB-23F-LMGD)

ケセラメ(KeseLame)
ケセラメ・KeseLame(パイロット)
ラメゴールドの描線&カラー

ラメシルバー(LKKB-23F-LMS)

ケセラメ(KeseLame)
ケセラメ・KeseLame(パイロット)
ラメシルバーの描線&カラー

ラメバイオレット(LKKB-23F-LMV)

ケセラメ(KeseLame)
ケセラメ・KeseLame(パイロット)
ラメバイオレットの描線&カラー

ラメグリーン(LKKB-23F-LMG)

ケセラメ(KeseLame)
ケセラメ・KeseLame(パイロット)
ラメグリーンの描線&カラー

ラメピンク(LKKB-23F-LMP)

ケセラメ(KeseLame)
ケセラメ・KeseLame(パイロット)
ラメピンクの描線&カラー

ラメブルー(LKKB-23F-LML)

ケセラメ(KeseLame)
ケセラメ・KeseLame(パイロット)
ラメブルーの描線&カラー

ケセラメ・KeseLame(パイロット)のリフィル

ケセラメ(KeseLame)

数量限定の商品になっているため、リフィルは別売りで用意されていない模様。

ケセラメ・KeseLame(パイロット)の書き味&描線

ボール径が0.7mmなのでスイスイ書けるのが嬉しい。左利きだと最初若干インクがでないときがあるのは注意。

上から2・3段目の上の線が細くなっているのがそれである。一度インクが出るといい感じで出てきてくれる。

ケセラメ(KeseLame)
ブラックノートに書いたときの色具合
ケセラメ(KeseLame)
ケセラメの方が色がしっかり出てくれる
逆にハイブリッドデュアルメタリックの方はラメ感がすごい

ぺんてるのハイブリッドデュアルメタリックと比較すると、これくらい違ってくる。これは好みが分かれてくるところなのではと感じる。

左利きが実際に使ってみてのレビュー

ケセラメ(KeseLame)
ケセラメ・KeseLame(パイロット)6色セット

良いところ

  • 0.7mmなので書きやすい
  • 消せるのがいい
  • 子どもと遊べる
ケセラメ(KeseLame)
0.7mmのボール径は書きやすくてちょうどいい

0.7mmなので左利きでも書きやすいのは嬉しい。そして何より”消せる”というこのペンにしかないメリットは大きい。特に手帳などに活躍しそうである。

もちろん子どもとの色塗りや塗り絵にも使えるのがGood。子どものさまざまな可能性も垣間見ることができる瞬間があると思う。

良くないところ

  • ボディのデザインはいまいち
  • ブラックノートでは消せない
ケセラメ(KeseLame)
ケセラメ・KeseLame(パイロット)

お世辞にもデザインが(当然かもしれないが)かっこいいとはいいづらい。どっちかというと”カワイイ”であろう。

だから男の人は若干手が伸びにくいかも。と思う。

あとは普通の白いノートだとラメが消えたように見えてくれるんだけど、ブラックノートだとラメとインクが散らさせて消し切ることができない模様。この点には注意してほしい。

ケセラメ(KeseLame)
左)ケセラメ・KeseLame
右)ハイブリッドデュアルメタリック

とはいえ、業界初の”消せるラメ”というところを突いてきたパイロットはすごいと思う。よもや誰がそんなことを想像できただろうか。

カラーリングもなかなか可愛らしいと思うので人気も出そう。ただ、限定発売のためしばらく経つと無くなってしまうと思うので、気になっている人は売り場で書き味を試してみてほしい。

アニメイトで鬼滅の刃 23巻 フィギュア付き同梱版を購入しよう
タイトルとURLをコピーしました