疲れにくいシャープペンシルが本気で進化【ドクターグリップエース】レビュー

ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット) シャーペン
スポンサーリンク

疲れにくいシャープペンシルの代名詞とも言っていいのが今回紹介する『ドクターグリップ エース』人間高額に基づいて、無理なく握れる軸径とちょっとプカプカしているグリップが特長。

ちなみにドクターグリップは2021年で誕生から30周年を迎えるらしい。よもやそんな年数が経っていることに驚きだし、成功した文房具の凄さが分かる瞬間でもあった。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが350人を突破しました。みなさまに感謝です。

ドクターグリップエース(0.5mm)とは?

ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)

ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace)・0.5mm(パイロット)の特長は下記。

  • 手が疲れにくい
  • 芯が折れない
  • 振って芯が出せる

ラバーグリップが疲れにくい

ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
プカプカするというのは、左の軸とラバーグリップ素材の間に少し隙間があるということなんだと思う

発売当初からホント変わらないよなと感じているグリップのプカプカ。ただ、これが要因となって疲れにくさが実現されている。

人間工学に基づいて、無理なく握れる軸径が作られており、筆記時に肩や腕にかかる筋肉への負担が軽減されるという構造。

ペン先がモグって芯が折れない

ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
力が入りすぎると芯先が1mm?くらいもぐる

たまに力が入ったりするとパキッと芯が折れることがあると思うけど、その症状に対する機能(アクティブサスペンション機構)が備わっている。

ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
ペン先の少し上あたりに下部スプリングがあるんだとか
今見えているのは上部スプリングというものになる

振って芯が出るフレフレ機構

ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
フレフレ機構搭載のドクターグリップエース(Dr.Grip Ace)

発売当初、この機能があることが衝撃だったのを今でも覚えている。ノックするアクションを無くし、ペンを振ることでペン内部に入っている重りが動いて芯を出してくれる。

多分芯を出す。という行為が毎回2~3秒くらいは軽減されるのではと思うので、その数が多ければ多いほど効果に繋がるということになる。

ドクターグリップエース(0.5mm)のスペック

ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace)・0.5mm(パイロット)のスペックは下記。

ボールペン名称ドクターグリップ エース
型番・品番HDGAC-80R、HDGAC-80R3
ボール径0.5mm、0.3mm
全長146.0mm
直径(グリップ中心部)12.2mm
重量21.6g
方式フレフレ&ノック式
グリップシリコーンラバー
メーカーパイロット

ドクターグリップエース

▲0.5mm・カラーバリエーション

ドクターグリップエース
▲0.3mm・カラーバリエーション

ドクターグリップエース公式サイトより
https://www.pilot.co.jp/promotion/special_sites/drgrip_ace/

ドクターグリップエース(0.5mm)のデザイン

フォトギャラリー

ドクターグリップエース・0.5mm(パイロット)のフォトを紹介。

ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
超久しぶりのドクターグリップ
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
サイドビュー
グリップの先が一気に太くなる感じ
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
ドクターグリップエースの斜めビュー
クリップがパイロットっぽく細く長い
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
ペントップからのビュー
ちょっと太めで少しずつグリップに向けて広がっているストレートボディ
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
ドクターグリップエースのクリップ横にはラスイチサインという窓がある
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
サイドビュー
本体カラーはグラデーションレッドなのでブラックからレッドに色が変化している
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
グリップの上にあるリングがアクセントに。
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace)のペン先からのビュー
エースだけあってかなり独特な形状をしている

アップショット

ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace)のペン先の金型はこれ以上は引っ込まないようになっている。パッと見は引っ込みそうなんだけれど。
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
クリップはゆるやかな金属アーチ。プラスチック素材と違って折れにくいのは嬉しい
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
ノック部はねじるためと、引っこ抜くためにタテとヨコ、それぞれ突起がある
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
右に回す → 消しゴム使用時
引き抜く → 芯を充填する時
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
ラスワンサインは2箇所に設置されてある↑↓
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)

芯を充填する時

ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
芯を充填(交換)する時はペントップを真っ直ぐ引き抜く
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
消しゴムを使いたい場合はノック部分を右に回転させると現れる
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
ノック部分のトップには空気穴のようなものがある

ドクターグリップエースのまとめ

ドクターグリップエース(グラデーションレッド)を使ってみての感想。

ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)

かなり懐かしい感じがしたというのが率直な感想だけれど、重心が比較的下にあることから書きやすいのが分かるし、疲れにくいんだろうなと思う。

そしてフレフレ構造なので、芯がなくなってきたら手元を一瞬振れば芯が出てくれるのは、時短したい人にはマッチするだろう。

ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)
ドクターグリップエース(Dr.Grip Ace・パイロット)

あとは初代に近いドクターグリップは、使い倒してくるとラバーグリップがペン先にガバっと出てくる症状があったので、そこが改善されていることは祈るばかり。

まぁ、仮にそうだったとしても使いやすさと疲れにくさを兼ね揃えていることを考えればトントンかもしれない。カラーバリエーションも多々出ていることで、選びやすいのも嬉しいところ。

正統派シャープペンシルが欲しい人には検討してほしい1本。あとはドクターグリップエースは結構カッコイイと思う。(レフログ個人的な感想)

▼ドクターグリップエース(0.5mm)

▼ドクターグリップエース(0.3mm)

タイトルとURLをコピーしました