カスタマイズできるDr.Grip【ドクターグリップCLプレイバランス】レビュー

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance) シャーペン
スポンサーリンク

疲れにくいシャープペンシルの定番であるDr.Grip(ドクターグリップ)にグリップを入れ替えて重量バランスをカスタマイズできる『ドクターグリップCLプレイバランス』をレビュー。

ドクターグリップは2021年に誕生から30周年を迎えている、大定番のシャープペンシル。つい少し前にはドクターグリップ30周年記念モデルが登場し、その中でもプレミアムカラーに位置しているブラックマットがめちゃくちゃかっこいい。

レフログです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが500人目前。みなさまに感謝です。

ドクターグリップCLプレイバランス(0.5mm)とは?

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance・パイロット)

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)・0.5mm(パイロット)の特長は下記。

  • グリップ内の重りを変更できる
  • 振って芯が出せる
  • 疲れにくい

グリップ内の重りをカスタムできる

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
ひとつの重りがこれくらいのサイズになる
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)
重りはひとつが約2.7gほどになる

シリコーンの素材と金属の重りがそれぞれ3つずつ入っており、2種類のグリップを組み合わせて、
自分に合った重量バランスにカスタマイズできる。

振って芯が出るフレフレ機構

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
フレフレ機構搭載のドクターグリップCLプレイバランス

発売当初、この機能があることが衝撃だったのを今でも覚えている。ノックするアクションを無くし、ペンを振ることでペン内部に入っている重りが動いて芯を出してくれる。

多分芯を出す。という行為が毎回2~3秒くらいは軽減されるのではと思うので、その数が多ければ多いほど効果に繋がるということになる。

ラバーグリップが疲れにくい

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
ドクターグリップの良し悪しでもあるんだけれど、グリップ部とその支えになっている支柱の間に若干隙間があるように感じる

発売当初からホント変わらないよなと感じているグリップのプカプカ。ただ、これが要因となって疲れにくさが実現されている。

人間工学に基づいて、無理なく握れる軸径が作られており、筆記時に肩や腕にかかる筋肉への負担が軽減されるという構造。

ドクターグリップCLプレイバランス(0.5mm)のスペック

ドクターグリップCLプレイバランス・0.5mm(パイロット)のスペックは下記。

ボールペン名称ドクターグリップCL
プレイバランス
型番・品番HDGCL70R3
ボール径0.5mm、0.3mm
全長142.0mm
直径(グリップ中心部)14.2mm
重量18.9g~27.0g
方式フレフレ&ノック式
グリップシリコーンラバー
メーカーパイロット

ドクターグリップCLプレイバランス(0.5mm)のデザイン

フォトギャラリー

ドクターグリップCLプレイバランス・0.5mm(パイロット)のフォトを紹介。

パッケージ

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)
ドクターグリップCLプレイバランスのパッケージ(Dr.grip CL PlayBalance)
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)

シャープペンシル ボディ

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)真上から
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
サイドビュー
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)斜めビュー
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
ペントップからのビュー
クリップが搭載されていないのが分かる
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
逆斜めビュー
今回はノンカラータイプを選んだので内部の機構が分かるというのが面白いところでもある

アップショット&比較ショット

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
先端のデザインはほとんど通常のドクターグリップと同じ感じなので感覚としてはほぼ同じように使える
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
ドクターグリップCLプレイバランスの先端は通常のドクターグリップと比べると少し小さい感じ
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
通常のドクターグリップと大きさを比較すると一回り小さいのが特長でもあるかもしれない
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
グリップ部の長さは通常のドクターグリップもドクターグリップCLプレイバランスも同じ
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
ボディ部と先端デザイン部で若干の長さの違いが出ている
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
手前からドクターグリップCLプレイバランス、ドクターグリップ30周年モデル・マットブラック、ドクターグリップ30周年モデル・ホワイト

重さ比較

ドクターグリップCLプレイバランスと通常のドクターグリップを比較。

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)
ドクターグリップCLプレイバランスのデフォルト設定の重さは約24.3gとなる
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)
ドクターグリップCLプレイバランスのグリップをすべて金属製にすると約27gほどになる
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)
通常のドクターグリップは約23.8gなので、プレイバランスのデフォルトに近い
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)
ちなみに人気が出ているクルトガダイブは約19gとかなり軽めの設定になっている。※キャップ付きの状態

ドクターグリップCLプレイバランスのまとめ

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)を使ってみての感想。

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)

シャープペンシルがカスタマイズできると言われると文具好きの心はくすぐられてしまうのは至極当然のことだと思う。

ちなみに全8通りの中から選ぶことができて、1番軽くて約19gから最大27gという重さとバランスから、自分好みの設定を探すことになる。

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)
シャープペンシル本体とバランスパーツたち

これについては一見メリットのようにも思うけど、自分の最適を探すのは大変だし、いちいち付け替えることを考えると、この点をデメリットと感じてしまう人もいるだろう。

そして購入した人も何名か書いているのを見たけど、グリップ内のパーツを無くさないように注意してほしい。金属製の方はまだ大丈夫かもしれないが、シリコーン製は特に見失いやすいと思われる。

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
通常のドクターグリップより少し小さいのがプレイバランス
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.grip CL PlayBalance)は0.5mmと0.3mmの設定がある。今回紹介しているのは0.5mmタイプになる。

キャッチコピーにもあるんだけど【探し出せ、ベストバランス】、まさにそんなシャープペンシルだと思う。

もしくは今現在ドクターグリップに『もう少し重みがあったらなぁ』と思ったり、『もう少し軽かったらいいなぁ』と思っている人、『もうひと回り小さいサイズが・・・』という人には強くは推せないけど、試してみてほしいかも。

ドクターグリップCLプレイバランス(Dr.Grip CL PlayBalance)
ドクターグリップシリーズはなぜか購入してしまうレフログ

それにしてもドクターグリップCLの”CL”はクリア(Clear)のCLで合っているのであろうか。また調べてみて結果が分かったら追記しておこうと思う。

▼ドクターグリップCLプレイバランス(0.3mm0.5mm)

▼ドクターグリップエース(0.5mm)

タイトルとURLをコピーしました