Hbadaハイバック オフィスチェアをレビュー。低価格で自分好みに調整できるスグレモノ

Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア ガジェット
スポンサーリンク

我が家はリビングのデスク周りは白コーデで統一しているので、イスも白をチョイス。そんな感じで揃えていってたら結局家族全員Hbadaのオフィスチェアになってしまったので、3つ目をレビュー。

Hbadaの3つ目のイスは「Hbadaハイバック オフィスチェア」。

最後は1番しっかりしているHbadaのオフィスチェア。パッと見ただけでも分かるように、今まで紹介してきたHbadaのオフィスチェアと比較すると、かなりしっかりしているのが分かると思う。

そしてハイバック+ヘッドレスト付き、これで2万円しないのだから驚きである。それでいて、組み立てもカンタンなのは女性でも嬉しいポイント。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

HBADAって何?

これ、自分でも最初思ったこと。
「Hbada」って何?!どこ? なんて読むの?

Hbadaデスクチェア 跳ね上げ式アームレスト コンパクト
「ハバダ」と呼ぶらしい

「Hbada」とは中国の北京にあるオフィスチェア専門企業のブランド。疲れにくく長時間座れるオフィスチェアとして「機能性」「耐久性」「デザイン」が追求されている模様。

白&黒のバランスがよく、リビングなどを害すようなことがないのも特長で、レフログはこれにプラス「価格」が入っていると思ってる。

読み方は「ハバダ」で合っているみたい。調べても出てないので不明。公式さんに聞いてみたので間違いない。

hbada ハイバック オフィスチェアとは?

相変わらずだがHbadaのオフィスチェアには明確な名称が付いていない。

そのため今回の記事内では「Hbada ハイバック オフィスチェア」と呼ぶことにする。特長は下記。

  • 調整箇所が多い
  • 組み立てがカンタン
  • 白黒デザイン

自分好みに調整できるオフィスチェア

Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
Hbadaハイバック オフィスチェアはヘッドレスト、アームレスト、ランバーサポートなど数多くの部分を調整できるのがポイント

このオフィスチェアの最大の特長でもあるが、アームレストの高さ、ヘッドレストの向き、背もたれ、イスの高さ、ランバー(腰)サポートなどなど数多くの箇所を自分好みに調整できるということ。

その他、通気性にも優れており、リクライニング位置を固定できるのも嬉しいポイント。ここまでいろいろなことができるのに、2万円しないから驚き。

組み立てがカンタン

Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
チェア自体は複雑な構造をしているけど、パーツはひとつひとつが大きく分かれてくれているので、心配しなくて良い

今まで紹介してきたHbadaのオフィスチェアと比較するとパーツが多い。しかしながらアームレストやヘッドレスト分が増えているだけなので、めちゃくちゃ多いというわけでもない。

・ヘッドレスト
・アームレスト
・座面
・シリンダー
・ロッキングレバー
・脚
・キャスター

ニトリやイケアでいくつか組み立てたことがある人なら、難なくクリアできるので安心。

リビングを害さない白黒デザイン

Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
Hbadaハイバック オフィスチェアの背面
白黒のバランスがGood

Hbadaのオフィスチェア製品は白と黒がうまく使われているのがポイント。

今回紹介するHbadaハイバック オフィスチェアも背面は白が多くで、内側が真っ黒という美しいデザイン。あまり丸みはないんだけど、随所に近未来感のようなものが感じられる。

その他、今までに紹介しているHbadaのオフィスチェア↓

▼Hbada「跳ね上げ式アームレスト コンパクト」オフィスチェア

▼Hbada「たまごデザイン」オフィスチェア

Hbada ハイバック オフィスチェアのスペック

メーカーHbada
商品名Hbada ハイバック オフィスチェア
サイズ幅68cm * 奥行50cm * 高さ112-120cm
重さ約15kg
機能通気性良いメッシュチェア・高密度ウレタンフォーム・鋼製ベース・静音PUナイロンキャスター

Hbada ハイバック オフィスチェアのデザイン

Hbada ハイバック オフィスチェアの見た目・デザインを紹介。

フォトギャラリー

Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
Hbadaハイバック オフィスチェア
【サイドビュー】今までのタイプと比較するとしっかりめのチェア
Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
【正面ビュー】アームレストとヘッドレストが目立つ
腰の部分はランバーサポートという
Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
【サイドアップビュー】座面の左下にある2つが、リクライニングレバーと座面の高さ調節レバー
Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
【レバーアップビュー】写真左がリクライニング、右が高さ調整レバー
どちらもイメージがあるので分かりやすい
Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
【アームレスト】中央部に黒いパーツがあるけど、これを押すとアームレストの高さを調節できる
Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
【アームレスト】おおよそ10cmまでの高さを調節が可能。10段階の1cm刻みで調節できるようになっている。
Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
【ランバー(腰)サポート】数センチであれば高さ調整が可能。レバーを回すことでサポートの当たり具合も調整ができる。
Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
【ランバー(腰)サポート】このレバーを回すと腰を支える部分が前後に動くので、自分の1番いいポイントにセットできる
Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
【ヘッドレスト下部】下側のレバーを回すとネジが緩むのでヘッドレスト自体の調整ができる
Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
【ヘッドレスト上部】こちらはヘッドレストの角度が調整できる
Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
【ランバーサポート(接地面側)】ウレタンのような素材でサポートしてくれる。意外と大きいので腰の支えにはGood
Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
【キャスター】今までに紹介してきたHbadaチェアはプラ素材だったけど、このチェアは金属製。おおよそ135kgまで支えてくれる模様

Hbadaオフィスチェアは組み立て式

Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア
Hbadaハイバック オフィスチェア

とても大きな箱に入ってやってくるHbadaのオフィスチェア。組み立てが必要という代物。

うわ、めんどくさ。と思うかもしれないけれど、Hbadaハイバック オフィスチェアはパーツはやや他のチェアと比べると多いが、20~30分あればできあがる。

・ヘッドレスト
・アームレスト
・座面、背もたれ
・高さ調整シリンダー
・リクライニングレバー
・脚、キャスター

実際に使ってみてのレビュー

良いところ
  • しっかりしたチェア
  • 組み立て簡単
  • コストパフォーマンス
Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア

Hbada ハイバック オフィスチェアは他に持っているチェアタイプよりもしっかりしている。

価格からも分かるようにやや高めの設定なのは、随所に調整パーツがあり、自分の体に合わせられるのがGood。

これで2万円しないのは驚き。

良くないところ
  • 座面から素材が出てきてしまう
  • 少し底付き感がある
Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア

他のタイプだとこのような感じにはならないんだけど、座面の中素材(?)が少しずつ出てきてしまうということ。理由は分からず。特にサポートにも問い合わせていない。

ただ、それならそれで対応したらいいだけなので、座面に合うくらいのクッションを置いてカバーしている。

これによって底付き感も抑えられるので解決。

まとめ

Hbada(ハバダ)ハイバックオフィスチェア

自分用のチェアでも言ってることだけど、まず第一にこのHbadaを選ぶ人は完璧を求めないこと。ここが大事。

そこそこのオフィスチェアを、そこそこで購入したい人におすすめのチェア。

メーカーの対応もしっかりしているので安心できるし、購入すると1年間保証があるので、多少のことがあったら対応をしてくれる。

ちなみにHbadaでは他にも同価格帯でさまざまなタイプのオフィスチェアがあるので、お気に入りを探してみてほしい。

▼背面がさらにしっかりしたタイプや、

▼さらには人間工学・エルゴノミクスを考えられたタイプ、

などなど、オフィスチェアに特化したHbada。

なかなか国内ではこんなコスパのいいチェアはラインナップされていないので、そこそこのチェアをそこそこの価格で購入したい人におすすめ。

1万円以下のオフィスチェアもたくさんあるので、『まずはここから』という感覚でもいいかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました