エレクトーン用におすすめ【ATH-EP1000IR】楽器用ヘッドホンの接続方法をレビュー

ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ) デジタル機器
スポンサーリンク

レフログ家にはエレクトーン電子ピアノがあって、家の都合からあまり大きな音が出せない。

そうなると必然的にヘッドホンを使うことになるんだけど、今まではエレクトーンと一緒に購入した「HPH-50」というヤマハの入門用のものを使っていたという状況。

ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
HPH-50(ヤマハ)・初心者用のヘッドホン
コードありのヘッドホンだとこうやってグルグル巻きになるよね

そんな中、子どもが突然『新しいヘッドホンがほしい!』と言い出して、購入したのがオーディオテクニカの超低遅延&楽器用として登場した「ATH-EP1000IR」。

前回の記事では購入した理由とポイントを紹介したんだけれど、今回は「ATH-EP1000IR」の接続方法と使い方をレビューしていく。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが300人を突破しました。みなさまに感謝です。

オーディオテクニカ とは?

ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)

オーディオテクニカは1962年に創業した音響機器を取り扱う会社。

Always Listening」という企業理念を掲げており、ヘッドホンについては廉価機から高級機まで幅広いラインナップを展開。

1996年の夏季/冬季オリンピック・パラリンピック大会のマイクロホ ンサポートを務めたりしているくらい世界からの信用も厚い。

オープンエア構造やウイングサポート構造など音質・装着感を向上させるための機構を積極的に取り入れている日本を代表する音響機器・映像機器メーカー。

ATH-EP1000IR とは?

ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)

ATH-EP1000IRはオーディオテクニカのヘッドホンの中でも、音に集中できるように設計された、楽器用ワイヤレスヘッドホン。

フォトギャラリーは以下の記事を参考にしてほしい。

ATH-EP1000IRの仕組み

ATH-EP1000IRの仕組みをカンタンに説明すると、送信機(トランスミッター)と受信機(ヘッドホン)に分けられているということ。

ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)

赤外線の性能を向上させた音をデジタルに変換して飛ばせる、オーディオテクニカ独自のハイブリット赤外線システムを採用し、ワイヤレスながらも超低遅延を実現している。

ATH-EP1000IRの特長と購入理由

ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)の特長と購入した理由(ポイント)は下記。

  • ワイヤレスなのに超低遅延
  • 楽器用ヘッドホン
  • 複数購入で同時利用可

その他、詳しくは購入ポイントを多く記載している記事を参考にしてほしい。

ATH-EP1000IR スペック詳細

ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)

ATH-EP1000IRは以下の製品(ヘッドホンとトランスミッター)が組み合わさった総称。

・ヘッドホン    → ATH-EP1000RX
・トランスミッター → ATH-EP1000TX

○ヘッドホン:ATH-EP1000RX

型式密閉ダイナミック型
ドライバーφ40mm
出力音圧レベル97.0dB/mW
最大入力1,000mW ※有線接続時
再生周波数帯域20~20,000Hz
電源DC3.7V(内蔵リチウムイオン電池)
インピーダンス46Ω ※有線接続時
重量約246g
充電時間約4時間
※使用条件により異なる
使用可能時間約5時間
※使用条件により異なる

○トランスミッター:ATH-EP1000TX

入力端子φ3.5mmステレオミニジャック
電源DC12V
※付属ACアダプター使用
インピーダンス32Ω
外形寸法高さ:62mm
横幅:103mm
奥行:135mm
重量約130g

○通信仕様

通信仕様赤外線ステレオ通信
使用周波数帯域2.48MHz(Lch)、2.7MHz(Rch)
最大通信距離見通しの良い状態で7m以内

ATH-EP1000IR 接続方法について

パーツ紹介

まずはATH-EP1000IRの各パーツを紹介。

ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)のパーツは上記とヘッドホン
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
トランスミッターにあたるATH-EP1000TX。電極が付いているのはこれが同時にヘッドホンの充電器になるため
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
ATH-EP1000TXの正面には縦に電源ランプが入っている
※電源を入れたときについては後述する
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
ヘッドホン(ATH-EP1000RX)とトランスミッター(ATH-EP1000TX)を繋ぐ3.5mmオーディオケーブル
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)の電源ケーブル。トランスミッターと繋ぐようになる。

エレクトーンとの接続&利用方法

ここからは、ATH-EP1000IRとエレクトーンの接続方法について紹介していく。

イメージとしては以下。
①トランスミッターに電源ケーブルを差す
②トランスミッターにオーディオケーブルを差す
③オーディオケーブルをエレクトーンに差す
④トランスミッターの電源を入れる
⑤ヘッドホンの電源を入れる

ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
まずは電源ケーブルとトランスミッターを準備。
トランスミッターは裏側にする。
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
トランスミッターの裏側はこんな感じ。
電源ボタン、電源ソケット(DC IN 12V)、オーディオ接続ソケット(AUDIO IN)
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
電源ソケット(DC IN 12V)に電源ケーブルを差し込む
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
続いてオーディオ接続ソケット(AUDIO IN)にケーブルを差し込む
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
左が電源ケーブル、右がオーディオ接続ケーブルで、こんな感じになると準備OK
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
電源アダプターをコンセントに差す
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
ここまできたらもうちょっと。エレクトーンとトランスミッターを接続する。
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
トランスミッターから伸びたオーディオ接続ケーブル(電源ケーブルじゃない方)をエレクトーンに差す
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
次にATH-EP1000IRのトランスミッターの電源を入れる
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
トランスミッターのPOWER(電源)をONにする
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
ATH-EP1000IRのトランスミッターの電源を入れると、赤い点が3つ、縦に緑色のランプが点灯する
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
最後にATH-EP1000IRのヘッドホン(ATH-EP1000RX)の電源をONにする
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
ヘッドホン(ATH-EP1000RX)の電源がONになると、ヘッドホンのLEFT側のランプが点灯する。これでトランスミッターが接続している楽器の音をヘッドホンで聴くことができる。

まとめ(接続方法)

ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)
ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)

ちょっと初めは戸惑うかもしれないけれど、一旦準備が整えば、あとはトランスミッターと楽器を接続しているケーブルを差し替えたり、抜いたりするだけでいいのでとてもラク。

子どもからするとケーブルが無くなったことが1番嬉しいとのこと。これが予想以上のことだった。親としては嬉しい。

そしてワイヤレスながらも超低遅延性能付きで、鍵盤を押したときの遅延を限りなく感じないという点で気に入っている模様。

ATH-EP1000IR(オーディオテクニカ)

先の記事でも紹介しているけれど、エレクトーンや電子ピアノを持っている人は検討してみてもいいのでは?と思える楽器用ワイヤレスヘッドホン「ATH-EP1000IR」。

レフログ家のように練習したり、同じように親が子どもの音を聴いてあげるシーンがあったり、子どもの弾いている曲を大きな音で聴いてあげるシーンがあるおうちには適しているのではないだろうか。

この製品について(※初心者の範囲内)聞きたいことなどあれば、気軽にツイッターなどでコメやDMをいただければと思う。

▼ATH-EP1000IRを購入した理由とポイント

▼ATH-EP1000IRのフォトギャラリーと充電方法

タイトルとURLをコピーしました