uni(ユニ)タッチペンって実際どうなのか?

uni タッチペン(TP82-600) デジタル機器
スポンサーリンク

タッチペンってあんまり当たりに当たったことがないレフログ。uni(ユニ)からちょっと前にタッチペンが出て気になってたので遂に購入してみたのでレビュー。

いつも通りではあるんだけど、良いところと良くないところはしっかり紹介してく。

レフログです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが500人突破。みなさまに感謝です。

uni(ユニ)タッチペン とは?

uni タッチペン(TP82-600)
uni(ユニ) タッチペン TP82-600 1P

uni(ユニ)タッチペン TP82の特長は下記。

  • GIGAスクール向けタッチペン
  • 6角軸で鉛筆っぽい
  • Agファイバーペン先

GIGAスクール向けタッチペン

uni タッチペン(TP82-600)
GIGAスクールではARROWS Tabなどが利用されていることがある模様

GIGAスクール構想とは、数年前に開始された、全国の児童・生徒1人に1台のパソコンとネット環境を整備する文部科学省の取り組み。

そんな環境に対して三菱鉛筆が投入したのがこのタッチペン。純日本製であるところは嬉しい。

▼こういう感じのノートみたいなタブレットみたいなものが利用されている

6角軸の鉛筆形状が使いやすい

uni タッチペン(TP82-600)
三菱鉛筆のuni や Hi-uni のデザインと色合いが同じ

“タッチペンでも鉛筆と同じ持ち方を身に付けさせたい”という学校のニーズからこの商品が開発された模様。

何かそういう事情は知ったこっちゃないけど、三菱鉛筆らしいタッチペンが作れてると思う。

一定面積で接触するペン先

uni タッチペン(TP82-600)

ペン先には【ジェットストリーム スタイラス シングルノック】でも使用されている、シルバーコートした特殊繊維をタッチペン先に植毛した「Agファイバーペン先」というものが使われている。

ちなみに「Agファイバーペン先」は画面に触れると、導電性の特殊繊維が広がって接触面積を確保してくれる(模様)。

uni タッチペン(TP82-600)
OPPO Find X3 Proの顕微鏡モードで見てみるとこんな感じのペン先になっている。
uni タッチペン(TP82-600)
さらに拡大するとこんな感じでAgファイバーの繊維が分かる。

uni(ユニ)タッチペンのスペック

uni(ユニ)タッチペンのスペックは下記。

商品名uni(ユニ) タッチペン
品名TP82-600 1P
タッチペン経8.2mm
軸色uni(ユニ)色 (!?)
全長約129.0mm(本体のみ)
約147.5mm(キャップ付)
重量5.9g(本体のみ)
8.3g(キャップ込)
替ペン先STT-160 5P

uni(ユニ)タッチペンのデザイン

uni タッチペン(TP82-600)
uni(ユニ)タッチペン TP82のパッケージ
uni タッチペン(TP82-600)
uni(ユニ)タッチペン TP82のパッケージ裏
ビッシリと説明や注意点などが書かれている。
uni タッチペン(TP82-600)
箱を開けてビックリ、本体とキャップ以外は何も入っていない空箱状態に近い。
uni タッチペン(TP82-600)
うーん・・・。uni(ユニ)タッチペンのパッケージにこれだけのことをする必要があったのかは謎。
uni タッチペン(TP82-600)
uni(ユニ)タッチペンTP82の本体を取り出すとこんな感じ。
uni タッチペン(TP82-600)
uni(ユニ)タッチペン TP82の軸経は約9mmほど。
uni タッチペン(TP82-600)
鉛筆は? というと約7mmほどなので、鉛筆と同じと思うと結構違うので注意してほしい。
uni タッチペン(TP82-600)
長さも129mmほどなので、新品の鉛筆と比べるとだいぶ短い。
uni タッチペン(TP82-600)
uni(ユニ)タッチペンTP82はキャップ付きになっているので、ペン先を守れるようになっている。uniの刻印も入っている。
uni タッチペン(TP82-600)
クリップ部が回して外せるようになっており、替ペン先を入れられるようになっている。こういう細かさが日本製ならではだとは思う。

ペン先 交換方法

uni(ユニ)タッチペン TP82のペン先の変更方法をカンタンに紹介。

uni タッチペン(TP82-600)
①替えペン先を準備する
uni タッチペン(TP82-600)
②本体先にある黒いパーツをねじって外す
uni タッチペン(TP82-600)
③黒いパーツが外れたら古くなったペン先を外せるようになる
uni タッチペン(TP82-600)
④ペン先が被せてあるので外せたら新しいペン先を被せる
uni タッチペン(TP82-600)
⑤黒いパーツを元に戻せば交換完了

uni(ユニ)タッチペンの使用感

uni タッチペン(TP82-600)
手前がuni(ユニ)タッチペン TP82で、その次がちょっと高めだったタッチペン、その後ろからはダイソー品

それではここから気になる使用感について。

  • 接触感はちょっと硬め
  • 持ちやすい
  • 滑る
  • 書き味は、、、一緒、、、

結論から言ってしまうと上記に書いたことになる。

Goodな点は以下。
100均などで売っているゴム素材と比較すると沈み込みが非常に少ないため、同じ感覚で使うと『硬っ』という感じ。持ちやすさに関してはさすがuniというのを感じる。あとはペン先交換に対応しているのも利点ではある。

対してBadな点は以下。
本体軸の素材の影響からか? 鉛筆のHi-uniと比べても滑りやすい。筆圧の強めな人は要注意してほしい。
そして何より他と比べて書き味がどうなのか?という点については、あまり良さを感じることができなかったのが正直なところ。

uni タッチペン(TP82-600)
レフログからすると、
ちょっとこの表現はやり過ぎてると思う。

そう思う理由は下記のツイート動画を参照してもらうと分かりやすいと思う。

線を引くだけのことならどれも同じだった。iPadに対して?なのかもしれないけれど…。

タッチペンの価格はそんなにしないので、そこと替ペン先対応という点をどう見るか。『100均でいい』という人はそこまで無理に、ということもないだろう。

uni タッチペン(TP82-600)
uni(三菱鉛筆)が好きだったりする人にはいいかも

レフログ的にuniのコレクションとして持っておくのは良いと思うけど、タッチペン探しに困っていて、どうにか良いものを。と思って購入するほどのものではないと感じている。

特にiPad用などであれば間違いなく高くてもApple Pencilかその模倣品の方が数段使いやすいと思うので、一応候補、程度に考えておくのがいいかもしれない。

▼uni(ユニ)タッチペン本体+替ペン先1個セット

▼uni(ユニ)タッチペン専用 替ペン先5個

タイトルとURLをコピーしました