お高めワイヤレスキーボードはどうなのか?【MX KEYS MINI】レビュー

MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード) デジタル機器
スポンサーリンク

待望のロジクールMX Master 3Sを購入したけど、自分の手に合わず手放し、MX ANYWHERE 3というマウスを購入したレフログが凝りもせずMXシリーズのワイヤレスキーボード『MX KEYS MINI』を購入したのでレビューしていく。

ロジクールのサイトでも『MX KEYS MINI』はめちゃくちゃ力を入れて紹介されているけれど、使ってみてリアルに感じたとろこや、使ってみて気になったところを紹介できればと思う。

レフログです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが1000人突破。みなさまに感謝です。

ロジクール(logicool)とは?

ロジクール(logicool)

マウスをはじめとするパソコン周辺機器を取り扱う「ロジクール」。スイス本社のLogitech(親会社)は、世界で初めてワイヤレスマウスとトラックボールマウスを販売した会社。

ラインナップは一般向けのスタンダードな商品から、「ロジクール G」というプロゲーマー向けのハイエンドな商品まで幅広くカバーしているのも強み。「ロジクール G」はデザインも良くかっこいい。高いけど。

ロジクール MX KEYS MINIのスペック

MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
Masterシリーズ MX KEYS MINI(ロジクール)
ミニマリスト ワイヤレス イルミネーション キーボード(JIS配列)

MX KEYS MINI(ロジクールマウス)のミニマリスト ワイヤレス イルミネーション キーボードのスペックは下記。

ブランドロジクール(Logicool)
本体サイズ縦幅: 131.95mm
横幅: 295.99mm
高さ: 20.97mm
重量506.4g(実測:499.7g)
ワイヤレステクノロジーBluetooth Low Energyテクノロジー
最大3台のデバイスを接続し、デバイス間を簡単に切り替えるEasy-switchキー搭載
ワイヤレス動作距離10m
バックライト手を感知する近接センサーにより、バックライトをオン機能
バックライト輝度を調節する周辺光センサー搭載
電池USB-C充電式。フル充電後最長10日、またはバックライトがオフの状態で5ヶ月使用可能
ON/OFF電源スイッチ付き
Caps Lockとバッテリーインジケーターライト搭載
型番ペールグレー:KX700PG
グラファイト:KX700GR
ローズ:KX700RO
保証2年間無償保証
互換性Logi Bolt USBレシーバー(別売)対応
Logi Boltワイヤレス製品は、他のロジクールUSBレシーバーとペアリング不可
BluetoothWindows 10,11 以降
macOS 10.15 以降
Linux
ChromeOS
Android 5.0 以降

ロジクール MX KEYS MINIのフォト

MX KEYS MINI(ロジクール・ミニマリスト ワイヤレス イルミネーション キーボード)のデザイン・写真を紹介。

MX KEYS MINIのパッケージ

MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
MX KEYS MINIのパッケージも他のMXシリーズと同じくシンプルな中にも気品を感じられる
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
パッケージのフタを開けると本体が白い薄めの紙に包まれて現れる。
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
フタには接続方法がカンタンなイラストとともに紹介されている。
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
フタの右側にはデバイス間を簡単に切り替えるEasy-switchキーの紹介がある
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
本体を出すと下には小さな箱が現れる
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
小さな箱の中には、MX KEYS MINI本体を充電するためのUSBケーブルと保証書等が収納されている

MX KEYS MINIの本体ボディ

キーボードの質感が表現として合っているか分からないけど、石っぽいを感じ、つや消し素材を触っている感じがある。それが伝わってくれればと思う。

MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
ミニマムとは言いつつも、フルサイズキーボードになるので横の長さとか大きさはだいたい14インチのノートパソコンのキーボードが別の場所で使えるという感じ。
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
キーはつや消しのマットな手触り、写真の具合でキーとシルバーの筐体の色の差があるけど、実物は照明などの光が筐体に反射するので白っぽくなって、そんなには感じない
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
佇まいには質感の高さがある
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)の全景
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
キーボード左側はこんな感じ、一応マックでも使えるようにオプションボタンとコマンドボタンが印字されている
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
キーボード中央部、キーひとつひとつにちょっとした窪みがあって、使いやすいらしいけど、これは人それぞれなので必ずしもそうとは言い切れない
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
エンターキーとシフトが大きめ、逆に十字キーは小さめかも
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
キーボード、そしてファンクションキーの中央でひときわ目立つ絵文字キー。押すと絵文字ウインドウが開くので絵文字が選択しやすいんだけど、レフログは使わないし、実際使うシーンに出くわしていない
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
キーボード左上にデバイス間を簡単に切り替えるEasy-switchキーが搭載されている。最大3第のデバイスを接続できるので、メイン、サブ、その他と場所を選ばず本体と一緒に移動して使える
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)の裏側は透明だけれど薄く濁った感じになっていて、グレーっぽ文字やロゴが描かれている
MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
裏側の全景はこんな感じ。手前に3つの滑り止め、奥はキーボードを斜めに傾けるためのスタンドが横長にわたっている

MX KEYS MINIを実際に使ってみて

良い点&悪い点

MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
よかったところ
  • デスク上の統一感を追求できる
  • マットな手触りが好きな人には良い
  • 接続切り替えできるEasy-switchキーが良い
  • 打鍵音はいい感じにカチカチいう

MX KEYS MINIは3色展開されているため、デスク上を好みの色が選びやすく、統一感を高められる可能性が高く、やはりMXシリーズだけあってデザイン性には富んでいる。

特に秀逸に感じているのは、デバイスを最大3つまで切り替えられるという点。これがあるお陰でいちいちBluetoothの画面を開いて接続して…という手間が発生せず、メインのノート、サブのiPad mini6などにカンタンに切り替えられるのがGood。

MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
この3つを押すだけでカンタンに接続先を変更できるのがとてもラク
よくなかったところ
  • キーが打ちやすいというわけではない
  • コスパは良くない(価格が高い)
  • バックライトの近接センサーは使いにくい

ここからはレフログ的正直レビューの時間。思っていること、感じていることを包み隠さず言っていく。

MX KEYS MINIに関して、サイトにはいろいろと良い感じでは書いているけれど、キーボードに線が付いていないことと、接続デバイスの切り替えが最大のメリットだと感じていて、その他はそこまで、という印象。

そもそもこれしか触っていないのもあるけど、MX KEYS MINIのキーボードが特段使いやすすぎてやばい。というのは一切なく、質感の良いキーボードだなという程度にとどまる。

15,000円超という価格は少々高く感じ、10,000円弱とかなら、おすすめできるとも思うが、さすがにその1.5倍となると高さを感じずにはいられない。

そしてこのキーボードで特に良くないところは、バックライトキー。じゃあ、使わなければいいんだけど、機能として付いているから困る。

MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
バックライトキーが点いているところ

ではどこがダメなのか?というと上の写真を見てもらうとやや感じてもらえるかもしれないけど、バックライトが点くと文字がとても見えづらくなる。

MX KEYS MINI(ロジクール・ワイヤレスキーボード)
バックライトオフの方が相当に使いやすい

一応ブラインドタッチできるのもあるから問題ない気もするけど、パッと見たときの指添えがしにくいのはレフログ的にNG。とても使いづらいため、バックライト機能はオフにしている。

そんなこんなもあって、良いところと良くないところを比べたときにはホント五分五分程度かなと感じている。

なのでこのMX KEYS MINIの購入を迷っている人がいれば、絵文字キーとかバックライトみたいなちょっとした機能を見るのではなくて、最終的にはデザイン性に対してどれだけメリットを感じられるかかなと思っている。

最終的には高くても多少機能に難があっても、このキーボードに満足できるかどうか。購入して後悔だけはしてほしくないと思っているので、このレビューを参考にしていただけるとこれ幸いである。

▼MX KEYS MINI(ペールグレー)

▼MX ANYWHERE 3

▼MX MASTER 3S

タイトルとURLをコピーしました