cocoonのOGP設定とTwitterカードの画像やタイトルを更新するためのキャッシュ削除方法

OGP・Twitterカードキャッシュ削除 ブログ運営
スポンサーリンク

現在管理人が使っているWordPressの無料テーマcocoonは、たくさんの機能を備えています。しかもどれもほぼ設定をしてくれているのが良いところ。
そんな中でも忘れがちな、OGP設定とTwitterカードのキャッシュ削除方法について紹介。

※このレフログのトップページのURLをTwitterに上げたとき、管理人も引っかかった

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

①OGP設定

詳しくは他の人も書いているので割愛するけど、OGP(Open Graph protocol)とは、SNSなどで共有したときに表示される画像のこと。
その画像データを表示させるにはmetaデータの変更が必要。

OGP・Twitterカードキャッシュ削除
初期値ではこの画像が表示される

②OGP設定箇所

WordPressのメニュー「Cocoon設定」をクリック。
cocoon設定ページのタブから「OGP」をクリック。
OGPの設定項目が表示されるので、ページ下部にcocoonのデフォルト画像が表示されているので、設定されている画像を変更する。
一旦はここまででcocoon側の設定は完了。

ここからが肝心!

③Twitterカードのキャッシュを削除

さっきまではcocoon側の設定なんだけど、設定だけ変更して安心はできない。なぜなら、Twitter側ですでにキャッシュが残っている状態になってしまっている。
これによって画像が変更されない。という現象が起こってしまう。

Card validator にアクセスする

OGP・Twitterカードキャッシュ削除

Card validator

このサイトを簡単に説明すると、Twitterのキャッシュを削除してくれるサイト。



【操作方法】URLを入れて Preview card を押すだけ

OGP・Twitterカードキャッシュ削除

操作は相当簡単。
URLを入れて「 Preview card 」を押すだけでOK。

cocoon設定画像が表示されれば完了

OGP・Twitterカードキャッシュ削除

上記画像のように、cocoonで設定した画像がここに表示されれば完了。
めでたしめでたし。

④それでも更新されない場合

自分のサイトのOGP設定箇所である、metaデータのURLを確認して、URLを叩いてみる。
それで一応画像が変わっていることを確認しておく。

おそらく画像については今回紹介している方法で更新される見込み。それでも更新されないこともあるようなので、その場合は残念ですがしばらく放置状態となる。

Twitterのトラブルシューティングには、
「Twitterのウェブクローラによって、タグ内のメタ情報がほぼ毎週再インデックスされます。」
という記載があるので、目安1週間程度すれば新しい情報に更新される見込み。

それでも更新されない場合は、設定の見直しか、Twitterへ問合せするようになるかと。

WordPressおすすめテーマ

レフログはワードプレスの無料テーマ「cocoon」で運営中。ゆくゆくは有料テーマを考えている。尊敬しているブロガーが「WING(AFFINGER5)」を使われており、月間PV30万以上、100万以上の収益を上げられている。真似ることは最速の近道。

WING(AFFINGER5 ver)
AFFINGERを導入してから約3か月で月間10万PVまで伸びが期待できる、驚愕の有料テーマ。ただただほしい。でも今はお預け。ちゃんとやることやってから。

本気でブログするならAFFINGER PACK3の購入が1番お得。
※買い切りタイプなので、ブログを複数増やしていく場合すべてに適用できる

■AFFINGER PACK3
(「AFFINGER5 EX」「タグ管理」「ABテスト」セット)
セール中 39,800円 ⇒ 商品ページ

■AFFINGER5(WING)
販売価格 14,800円 ⇒ 商品ページ

■AFFINGERタグ管理マネジャー+PVモニターセット
販売価格 29,800円 ⇒ 商品ページ

タイトルとURLをコピーしました