【レフログlog-2020.09】継続は力なり。ひとつひとつ記事を重ねることが大事

レフログ-左利きボールペンブログ ブログ運営
スポンサーリンク

今年1月からはじめたレフログ(https://lefty.page/)の9ヶ月目が終了。7~8月はあまり記事アップができていなかったので、極力努めた次第である。

その代わり、等価交換ではあるが家族との時間は少なくなるし、細やかなところで気は使ってしまう。

しかしながらサーバーとドメインも有料で契約してやっている以上、そうも言ってられない。1年間はしっかりブログを書いてみて、見合わなければやめることを考えている。

そういうことは常に考えながらやっていきたい。
世の中悲しいニュースもあるけど、明るいことは身近であるということを忘れずにいきたい。

そんなこんなで9月のレフログlog報告。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが200人を突破しました。みなさまに感謝です。

スポンサーリンク

レフログ 9月アクセス報告/記事数

PV数記事数
2020年9月48,83810/93
2020年8月37,48905/83
2020年7月28,83505/77

9月のアクセスも8月と比較して約30%ほどアップすることができた。4万PVを超えられた月であると同時に、このへんからが山かもしれないなと怯えているのが正直なところ。

9月にアップした記事

9月にアップして人気のあった記事の振り返り。

【フリクションボール3スリム・透明ボディ】レビュー。白色スライドレバーで替芯自由自在

消えるボールペンで絶大な人気を誇る「フリクション」

ただでさえ人気なのに、このタイミングで「透明ボディシリーズ」を投入してきた。

次はウッドグリップタイプも出してくるというので、PILOTはどこまで仕掛けてくるのか気になるところ。
この調子でさらなる高級ラインも検討してほしいところ。

【ウェットニー】濡れた紙にも書けるステンレス加圧式ボールペン

期待の大きかったゼブラ「ウェットニー」
ただ、紹介すればするほど魅力的なところが見つからなくなってきて若干困ったペン。

強いていえばステンレスの金属ボディながら軽く(重厚感がなく)て、屋外利用がしやすくて、フック穴を用いて首掛けできるところ。

【フリクションボール4】王道・こすると消える(書き直せる)4色ボールペン

さすが「フリクション」というべき。
フリクションにはさまざまなラインがあって、フリクションボールスリム038やフリクションライト ナチュラルカラーなどが存在している。

紹介したのは「フリクションボール4」という4色カラー。そのためグリップは大きくなるのでレフログにはちょっと合わなかった。

塗り絵にも使えるラメペンレビュー「ハイブリッドデュアルメタリック」は1本で2度楽しめる

昔懐かしい感じのデザイン「ハイブリッドデュアルメタリック」

ニュアンスカラーという「くすみパステル調」の7色セットをレビュー。

白と黒のノートに書くとそれぞれ異なる発色をしてくれるという驚きのラメペン。小さな文字を書くことには適していないので、描く方で使うことをおすすめ。

9月に人気のあった記事

続いて全記事のなかで、9月に比較的人気のあった記事を紹介。相変わらず人気のボールペンが強い状況である。

ジェットストリームプライム回転繰り出し式シングルをレビュー。限定カラーは艷やかなハイクラスペン

今のところレフログが1番好きなペンであるといってもいいであろうジェットストリームプライム。

その中の、ジェットストリーム プライム 回転繰り出し式シングルが上位ランクイン。

2019年に限定カラーである、ノーブルブラウン・ノーブルネイビー・ノーブルブラックのうちの2本をレビュー。回転繰り出し式+インクの出のいいものが欲しい人にはおすすめしたい一品である。

あの大不評な青い石がないことが最大の特長である。

ブレン0.5mmをレビュー。打倒ジェットストリームはストレスフリー

お気に入りボールペン選抜総選挙で初登場2位を獲得したブレンの記事。今では500万本以上売れていて、限定色も2度登場している。

今年はブレン3C(3色ボールペンタイプ)が年明けに登場し、人気上位のジェットストリームを間違いなく脅かすボールペンであろう。

ただ、最近発覚したことだが、グリップ部のラバーがねちゃねちゃになっていた。これには注目していきたいところ。

う~む、、、なんで?

ゼブラ・シャーボXは高性能だからこそ、失敗しないためのポイントを正直レビュー

国内の多機能ペンでトップを走っている(と個人的に思っている)ゼブラ・シャーボX ST3の記事。

紹介しているのはシャーボXの中でもエントリーモデルにあたるST3というボールペン。

このペンは評価の高い記事が多く、良くないポイントが語られていることが少ない。本当なんでだろうなぁと思ってしまう。

だからとは言ってはなんだが、良くないポイントをこれでもか、と上げている。不安な人はまず買う前にこれを読むことをおすすめする。

WordPressのテーマ

レフログはワードプレスの無料テーマ「cocoon」で運営中。軌道にのってきたら有料テーマを考えている。尊敬しているブロガーさんは「WING(AFFINGER5)」を使われており、月間PV30万以上、100万以上の収益を上げられている。真似ることは最速の近道。

2020年10月のレフログ

いよいよ今月で100記事を迎えることができそう。
ひとつの節目としてはただただ嬉しく思う。

ただただボールペンを言いたい放題いってるブログではありながらもこれだけの人に見ていただいていることに感謝。

しかしながら上述している通り、ブログ時間は日常の中では隙間時間なので、本業の仕事以外の時間となる。

結果的に家族との時間を削ることになるので、その点だけは自分のなかで注意しておかなければと思っている。家族と遊ぶときは遊ぶし、勉強するときは勉強もするし、なるべく家族との時間は大切にしていきたい。

そんなことを考えながらブログを書いているとなかなか時間の捻出は難しい。でも考えを放棄したら意味がないので考えるしかない。少しの時間でも大切にしたい。

タイトルとURLをコピーしました