Chromebookにピッタリ【ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350】

ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350 デジタル機器
スポンサーリンク

この前ロジクールの『Marathon Mouse M705』を買ったのに、またマウス買ったの?と思われるかもしれないが、今回はレフログ妻用『Chromebook x360 12b-ca0002TU』のマウス『ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350』を買ったのでレビュー。

何を隠そうレフログ夫婦はめちゃくちゃパソコン世代。レフログは仕事でめちゃくちゃタッチパッドを使っているので、まだタッチパッドでもいけるんだけれど、レフログ妻がタッチディスプレイとマウスが使いたくなってしまった模様。

ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
ロジクール Pebble ワイヤレスマウス M350
ホワイトのChromebookに合うオフホワイトを選択

そしてChromebook(Chromebook x360 12b-ca0002TU)に似合うマウスを探した結果、ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350 に行き着いた次第である。

今回はマウス候補とこれに至った経緯をカンタンに紹介。

ちなみにレフログのマウスは下記。

まーやんです。ツイッターもやっています。フォロワーさまが350人を突破しました。みなさまに感謝です。

ロジクール(logicool)とは?

ロジクール(logicool)

マウスをはじめとするパソコン周辺機器を取り扱う「ロジクール」。スイス本社のLogitech(親会社)は、世界で初めてワイヤレスマウスとトラックボールマウスを販売した会社。

ラインナップは一般向けのスタンダードな商品から、「ロジクール G」というプロゲーマー向けのハイエンドな商品まで幅広くカバーしているのも強み。「ロジクール G」はデザインも良くかっこいい。高いけど。

ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350のスペック

ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350

ロジクール Pebble ワイヤレスマウス M350(ホワイト)のワイヤレスマウスのスペックは下記。

メーカーロジクール(logicool)
商品名PebbleワイヤレスマウスM350
本体サイズ
横幅・高さ・縦幅
横幅59mm x 高さ26.5mm x 縦幅109mm
カラーグラファイト / ローズ / オフホワイト / ブルー / グリーン
重量100g ※電池含む
センサーテクノロジー高精度オプティカルトラッキング
センサー解像度1000dpi
ボタン数3個
スクロール ホイールあり(メカニカル)
スクロールボタンミドルボタン
電池寿命18ヶ月
電池タイプ単三形乾電池x1(装着済み)
無線方式Bluetooth Low Energyテクノロジー
ワイヤレス動作距離10m
その他2年間無償保証

候補のマウス

今回Chromebookに合わせて検討したマウスは以下の4つ。

バッファロー BSMBW330

薄型を探していて行き着いたバッファローの BSMBW330は価格的にもGood。

エレコム M-TM10BB

ソフトレザー製収納ポーチ付きのマウス。ホワイトだとベージュのポーチになるので断念。

Logicool Pebble M350

相談を受けたときに最初から候補に出しておいたロジクールのM350。

マイクロソフト Arc Mouse ELG-00007

めっちゃくちゃカッコよいマウス。フリップ式で本体を折りたためる薄型マウス。とにかくスタイリッシュなのはいいんだけれど、若干高価なのが玉にキズ。ただしマイクロソフト製なので折り紙付き。

ロジクール M350の写真付き解説

パッケージ デザイン

ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
ロジクール Pebble ワイヤレスマウス M350
ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
パッケージの側面にはPR内容が書かれている
ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
逆側の側面は仕様が若干書かれている
ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
パッケージの裏面はイメージカットと仕様が書かれている

マウス(ボディ)デザイン

ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
ロジクール Pebble ワイヤレスマウス M350
ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
滑らかな有機的形状はポケットやバッグに収まりやすい
ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
ボディ下部にはlogiのロゴがいい感じで描かれている
ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
静かなクリックとスクロールすることが可能で、周囲の人々に迷惑をかけずに作業に集中できるのはGood

ボディ内部 デザイン

ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
ロジクール Pebble ワイヤレスマウス M350
ボディの上側のパーツを外すとレシーバーと電池入れ部分が出現する
ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
カバー(右)側の黒いビス部分が本体側の磁石によってカチッと気持ちよくハマってくれるのは嬉しい
ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
カバーを外すとかなりシンプル。ツメとかで引っかかっていないので外しやすいのもGood

ロジクール M350を実際に使ってみて

ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
ホワイトのChromebookにピッタリのロジクール Pebble ワイヤレスマウス M350
よかったところ
  • コンパクト感
  • 本体に似合うカラーリング
  • カチカチ言わない静音タイプ
ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
左)ロジクール Pebble ワイヤレスマウス M350

M350はレフログが使用しているマウス(写真右)の約半分くらいの高さになっている。少し慣れが必要だが、コンパクト感が圧倒的にある。

よくないところ
  • マウス形状への慣れ
  • ボタン数が最小限

これは長所であり短所になるんだけれど、マウスが平べったいので通常のマウスに慣れるまでに若干時間を要すかもしれない。

なお、今回は利用シチュエーションから短時間で利用することを目的としていたので気にはしていないんだけれど、同Logicoolから出ているMX Verticalのようなマウスは選定しなかったが、仕事などで長時間利用する場合はエルゴノミクス系がいいと思う。

ロジクールPebbleワイヤレスマウスM350
ロジクール Pebble ワイヤレスマウス M350

そんなこんなで最初はいろいろと悩んでいたレフログ妻のマウスは今回ロジクール M350を選んだんだけど、トータルでお気に召した模様だったので安心。

ミニマルタイプでありながら、サイレントタッチ(静音タイプ)のマウスなのでカチカチという不快感もないという。

また何より『形状がかわいい』とのこと。丸くて小さくてかわいいマウスをお探しの際は候補としてみてはいかがだろうか。

タイトルとURLをコピーしました